当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

【2024年最新版】おすすめ米国ETFの解説まとめ記事

米国ETF
こんな人におすすめな記事

・米国ETFのことを詳しく知りたい
・どんな米国ETFがあるのか知りたい
・米国ETFの比較解説を見たい
・利益が出ている米国ETFを知りたい

クリックでランキングの応援をしてください

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます

ここ
ここ

こんにちは!
米国ETFが大好きな『ここ屋』よ!

2022年には急落していた米国市場は、2023年には大きな上昇相場が待っていました。

AIブームによって上昇してきた米国市場ですが、2024年のスタートは投資家を不安にさせるものでした。

昨年まで信じられてきたマグニフィセント7についても、伸び悩んでおり個別株の難しさを痛感することとなりました。

このような軟調な相場が続くようなら、無理に大きなリターンを狙うよりも分散が効いた米国ETFはとても魅力的に感じます。

そこで今回の記事では、米国ETF特集として【2024年最新版】おすすめ米国ETFの解説まとめ記事を書いてみることにしました。

moomoo証券

米国ETF関連記事

ここではまず、米国ETFについて詳しく知らない人向けに『米国ETFって何?』といった記事で、投資信託との違いを解説しています。

米国ETFとは?投資信託との違い

リッヒ
リッヒ

まずは米国ETFを知るとこからやな

そして、世界中の投資家から支持される『米国ETFのTOP10ランキング』の紹介をしていきます。

米国ETF純資産額TOP10

米国ETFへの投資理由と投資方法

次に、米国ETFに投資する理由投資方法、投資のはじめ方定期買付方法の紹介をしていきます。

米国ETFに投資する4つの理由

米国ETFに投資する理由と方法

資産を増やしたいなら米国株への投資がおすすめ

米国ETFのはじめ方

米国ETF定期買付方法

買付手数料無料の米国ETFでおすすめ最強ポートフォリオを組もう!

リッヒ
リッヒ

日本株じゃダメなんやな
よっしゃ米国ETF買ったるか

米国ETF売買に関する注意点(失敗談)

そして、実際に筆者が失敗した『投資初心者にありがちな失敗例』を紹介しておきます。

米国ETF買付時の5つの失敗談

米国ETF定期買付時の注意点

【日本人に人気のETFがヤバい】米国ETF売買代金ランキング

リッヒ
リッヒ

この辺に気を付けたらえぇんやな

米国ETFの解説記事

それでは本題に入ります。

ここでは色々な米国ETFの比較や解説おすすめのETFなどの解説記事を紹介していきます。特にコア・サテライト戦略コアに向いている銘柄と、サテライトに向いている銘柄に分けて紹介していきます。

コアになる銘柄は、長期のインデックス投資に最適です。また、サテライト部分は資産の20%までなどと決めて、短期や中期のスポット投資に向いています。

コア・サテライト戦略について詳しくはこちら

コア向きの米国ETF

ここでは比較的リスクの低いインデックス投資に向いているETFの紹介です。上から順に広く分散が効いたETFとなります。

VT(全世界株式)解説記事

VTI(全米株式)解説記事

S&P500比較解説記事

NASDAQ100比較解説記事

QQQ上位互換ETFのQQQM比較解説記事

リッヒ
リッヒ

もっとも分散の効いた
VT(全世界株式)もアリやな

配当金を再投資するならSPLGが最適です。

【S&P500に投資できるSPLG】配当金再投資におすすめの米国ETF

サテライト向きの米国ETF

こちらは、比較的リスクの高いスポット投資に向いているETFの紹介です。

人気の高配当ETFもありますが、テーマ型などのハイリスクなETFもありますので、自分のリスク許容度に合わせた投資を心掛けて下さい。

大型グロースETF

中小型グロースETF

バリューETF

バリュー株ETFのVTV

高配当ETF

コモディティETF

ゴールドETF

金鉱株ETF

シルバーETF

長期債券ETF

【OIH】ヴァンエック石油サービスETF

【TJUL】プロテクションETF

セクターETF

ヘルスケアセクターETF

金融セクターETF

エネルギーセクターETF

生活必需品セクターETF

公益事業セクターETF

情報技術セクターETF

通信セクターETF

一般消費財セクターETF

素材セクターETF

資本財セクターETF

不動産セクターETF

全11セクターまとめ記事

セクター別パフォーマンス

テーマ型ETF

SMH(半導体ETF)

インターネット関連ETFのFDN

クリーンエネルギーETF

イノベーションETFのARKK

カバード・コール戦略ETF

QYLD【超高配当ETF】グローバルX NASDAQ100・カバード・コールETF

XYLD【超高配当ETF】グローバルX S&P500・カバード・コールETF

レバレッジETF

SPXL(レバレッジ3倍S&P500ETF)

TQQQ(QQQレバレッジ3倍ETF)

CURE(レバレッジヘルスケア3倍ETF)

TECL(レバレッジテクノロジー3倍ETF)

WEBL(レバレッジインターネット3倍ETF)

SOXL(半導体セクター3倍ETF)

レバレッジETFの購入履歴

地域ETF

インド株ETF『EPI・GLIN』

ブラジル株ETF『EWZ』

米国株アプリmoomooなら株価変動の要因を詳しく知ることができます。

moomoo証券

今なら無料で口座開設すると、人気の米国株がもらえるキャンペーンをやっています。

ここ
ここ

取引口座を開けば
24時間取引も可能なの!

米国ETFのポートフォリオと運用実績

実際に筆者が運用している米国ETFについて、ポートフォリオ運用実績を公開している記事です。

また『VOO・VIG・VONG』は2020年12月にNISA口座で購入したものの運用実績です。3銘柄の特徴から市場の流れを読むことができます。

『VOO・VIG・VONG』『レバレッジETF』運用実績

おすすめ米国ETF記事 まとめ

資産形成をするにはもっとも適しているとされる米国株ですが、より分散投資ができてリスクを最小限に抑えることのできる米国ETFは、世界中の投資家から人気を集めています。

近年では、日本の証券会社でも簡単に購入できることから、金融リテラシーの低い日本人からも支持されるようになってきました。

しかし、日本に住むわれわれには、米国市場の情報が少ないことも確かです。

今後もみなさんの役に立つような記事を作成し、こちらの記事も随時更新していこうと思っていますので、またちょくちょく遊びに来てください。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

moomoo証券

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)