【2021年おすすめ米国ETF】レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』徹底解説!

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・おすすめの米国ETFを知りたい
・2021年下半期注目銘柄を知りたい
・インターネットETFについて知りたい
・レバレッジETFに興味がある
◎レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』について詳しく知りたい

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ここ
ここ

こんにちは!インターネットは
なくならないって確信してる『ここ屋』よ!

近年の爆上げ銘柄の代表的なETFといえば、QQQと答える人も多いのではないでしょうか。

またQQQのベンチマークであるNASDAQ100に、レバレッジをかけた『大和-iFree レバレッジNASDAQ100』も日本の投資信託では人気の商品です。

レバレッジ銘柄はリスクもありますが、資産を爆発的に大きくできる可能性があることから若者を中心に人気の銘柄です。

しかし、大和-iFreeレバレッジNASDAQ100は、NASDAQ100に2倍のレバレッジしかかかっていません。

NASDAQ100に3倍のレバレッジがかかる投資信託も存在はしますが、信託報酬が高く長期で保有するには向いていません。

QQQの3倍レバレッジのTQQQは日本の証券会社では購入することができず、IG証券やサクソバンク証券などの口座を開設する必要があります。

みなさんはQQQと同様の値動きをするインターネットETFのFDNをご存じでしょうか?

FDNはQQQに勝るとも劣らないパフォーマンスを見せるETFとして注目を集めています。

日本の証券会社でも購入が可能でFDNに3倍のレバレッジをかけたWEBLというETFがあります。

そこで今回の記事では、レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLについて解説していきたいと思います。

レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLについて解説していきますが、WEBLは設定日が若いため、まだ十分にデータがそろっていないことをご承知ください。

レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』概要

WEBLの概要について解説していきます。

概要WEBL
名称Direxion Daily
Dow Jones Internet
Bull 3X Shares ETF
運用会社Direxion Shares
設定日2019/11/07
純資産総額0.89億ドル
ベチマークダウジョーンズ
インターネット指数の3倍
構成銘柄数約40
経費率0.95%
分配利回り0%
運用方針アクティブ
引用:Bloomberg

WEBLの大きな特徴は、構成銘柄が約40銘柄と少数なことと、アクティブ運用といったところです。

また経費率が高めなことと分配金がないことが特徴です。

リッヒ
リッヒ

アクティブファンドってのが
気になるわ

レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』過去リターン

WEBLの過去リターンを見ていきます。

ティッカーWEBL
年初来
リターン
31.70%
1年リターン91.87%
3年リターン
5年リターン
引用:Bloomberg

設定日が2019年11月のため、まだ2年の実績しかありません。

リッヒ
リッヒ

1年リターン91%って驚異的や

レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』上位組入れ銘柄・投資信託

WEBLはアクティブファンドのため、個別銘柄の他、米国の投資信託も含んでいます。

順位FDN
1FTIXX
(ゴールドマン・サックス
ファイナンシャル・スクエア)
2DGCXX
(Dreyfus Government
Cash Mana)
3FGTXX
(ゴールドマン・サックス
国債ファンド)
4AMZN
(アマゾン)
5FB
(フェイスブック)
6GOOGL
(アルファベットA)
7PYPL
(ペイパル)
8GOOG
(アルファベットC)
9CRM
(セールスフォース )
10CSCO
(シスコシステムズ)
引用:Bloomberg
リッヒ
リッヒ

上位3つは投信やな

レバレッジ3倍インターネットETF『WEBL』過去チャート

WEBLの過去チャートですが、設定日より2年弱のため、正直どんなものなのか判断が難しいですよね。

比較対象としてS&P500のSPY(緑)を入れ込んでみましたが、比べものにならないくらいWEBL(赤)が急成長しています。

リッヒ
リッヒ

S&P500がフラットに見えるわ

インターネットETFのWEBLとNASDAQ100のTQQQの比較

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLを考察する時に、比較しやすいのがNASDAQ100の3倍レバレッジETFのTQQQです。

インターネット3倍ETFのWEBLとNASDAQ100の3倍ETFのTQQQの比較

インターネットETFのFDNの3倍のWEBLに対して、NASDAQ100ETFのQQQの3倍がTQQQです。

両者のチャート比較をしてみましょう。

1年9ヶ月しか比較できませんがWEBL(赤)TQQQ(青)は、いい勝負をしています。

リッヒ
リッヒ

どっちも2年弱で250%って
ヤバないか?

FDNとQQQの比較

WEBLとTQQQの比較は2年弱しかできないため、それぞれのベンチマークの1倍のETFで比較してみます。

下がFDNとQQQの過去15年のチャート比較です。

FDN(赤)が1070%に対してQQQ(青)は860%と、200%もアウトパフォームしているのがわかります。

それぞれに3倍のレバレッジをかければ結果がどうなるかは、もうわかりますよね。

リッヒ
リッヒ

15年で30倍になるんか!

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLは投資するに値するか

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLに投資するに値するかは、人によると思います。

もちろんレバレッジETFには大きなリスクが伴います。

リスクをとってでも資産を大きくしたい人であれば、投資する価値は大いにあると思います。

レバレッジ銘柄はリスク資産と理解した上で

レバレッジETFが向いている人は、リスク許容度の大きな人で、特に若者に代表されるように資産を最大限に大きくしたい代わりに大きなリスクを取れる人です。

特に現在のようにインターネット関連企業の成長が期待できると考える投資家さんは、リスク資産と理解した上で運用するのであれば良いかも知れません。

レバレッジETFほど大きなリスクを取りたくない人は、素直に1倍のテクノロジーETFに投資しても十分なリターンを期待することができます。

インターネットETF『FDN』について詳しくはこちら

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLまとめ

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLをまとめます。

まとめ

◎レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLとは
・インターネットETFのFDNの3倍に連動したETF
・TQQQ以上のリターンが期待できる
・設定日より2年弱しか経過していないため実績がない
◎WEBLの特徴と保有する上での注意点
・集中投資のアクティブ運用
・経費率が高めで分配金がない
・レバレッジのリスクを理解した上で投資するべき
・インターネットの未来を信じるであれば投資する価値はある

レバレッジ3倍インターネットETFのWEBLには、大きなリスクも伴いますが大きなリターンが期待できるETFです。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました