当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

【2024年最新版】おすすめのエネルギーセクターETF『VDE・XLE・XOP・IYE』徹底比較!

スポンサーリンク
米国ETF
こんな人におすすめな記事

・エネルギーETFのことを知りたい
・エネルギーETFの比較を見たい
・エネルギーセクター値上がりの理由を知りたい
・おすすめのエネルギーETFを知りたい

クリックでランキングの応援をしてください

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます

ここ
ここ

こんにちは!
エネルギーETFの上昇を期待する
『ここ屋』よ!

2023年には大きく上昇した米国市場ですが、思うような資金運用ができていない人もいるのではないでしょうか。

これまではハイテク株に投資をしていれば資産を増やすことができていたかもしれませんが、2024年はどうでしょうか。

2024年に上昇の期待できるのはエネルギーセクターです。

そこで今回の記事では、おすすめのエネルギーセクターETFの徹底比較と、エネルギーセクターが値上がりする理由について解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【2024年】おすすめエネルギーセクターETF徹底比較

【値上がり期待】おすすめエネルギーセクターETFは『VDE・XLE・XOP・IYE』の4銘柄です。

それぞれの特徴を【概要】【過去リターン】【組入銘柄】【チャート比較】に分けて比較解説していきます。

おすすめエネルギーETF【概要】比較

おすすめエネルギーETFの概要比較を一覧表にしました。

ティッカーVDEXLEXOPIYE
名称バンガード
米国エネルギー
セクターETF
エネルギーセレクト
セクターSPDR
ファンド
SPDR S&P
石油・ガス
探査・生産ETF
iシェアーズ
U.S.
エネルギーETF
運用会社バンガードステートストリートステートストリートブラックロック
設定日2004/09/231998/12/162006/06/192000/06/12
純資産額79.60億ドル364.47億ドル36.55億ドル12.54億ドル
経費率0.10%0.10%0.35%0.40%
分配率3.59%3.79%3.03%3.22%
ベンチマークMSCI US
インベスタブル
マーケット・エネルギー
25/50インデックス
エネルギー
セレクト
セクター指数
S&P石油ガス
探査生産
セレクト・インデックス
ダウジョーンズ
U.S. 石油ガス
インデックス
引用元:Bloomberg (2024.1)

経費率はVDEXLEが安いうえに分配金も3.5%を超えており高配当と言えるでしょう。

リッヒ
リッヒ

もはや高配当ETFのVYMを超えとる

エネルギーETF【過去リターン】比較

おすすめエネルギーETFの過去リターンを確認してみます。

ティッカーVDEXLEXOPIYE
1年リターン4.67%3.93%8.64%2.18%
3年リターン36.59%36.84%35.21%34.15%
5年リターン12.28%13.91%5.92%11.04%
引用元:Bloomberg (2024.1)

4銘柄ともに1年リターンは冴えませんが3年のリターンは凄まじいものがありますね。2021年から2022年は2年間で+120%の上昇をしていました。

エネルギーETF【組入銘柄】比較

おすすめエネルギーETFの上位組入銘柄には、どのような違いがあるのでしょうか?

VDEXLEXOPIYE
XOM
(エクソン・モービル)
XOM
(エクソン・モービル)
CPE
(キャロン・ペトロリアム)
XOM
(エクソン・モービル)
CVX
(シェブロン)
CVX
(シェブロン)
HES
(ヘス)
CVX
(シェブロン)
COP
(コノコ・フィリップス)
COP
(コノコ・フィリップス)
PSX
(フィリップ666)
COP
(コノコ・フィリップス)
SLB
(シュルンベルジュ)
EOG
(EOGリソーシズ)
SM
(SMエナジー)
SLB
(シュルンベルジュ)
EOG
(EOGリソーシズ)
SLB
(シュルンベルジュ)
MPC
(マラソン・ペトロリアム)
EOG
(EOGリソーシズ)
引用元:Bloomberg (2024.1)

VDE、XLE、IYEの上位はエクソンモービルシェブロンで、そのシェアは40%近くを占めています。

リッヒ
リッヒ

XOPだけが特徴的やね
組入銘柄数も多いんやな

エネルギーETF【チャート】比較

おすすめエネルギーETFの直近3年(2021年1月~2023年12月)のチャート比較です。

VDE(赤)+128%、XLE(青)+123%、XOP(緑)+133%、IYE(黄)+119%です。4銘柄とも同様の値動きをしていますが、4銘柄ともに+100%超えのリターンを叩き出しています。

3年で+25%のS&P500と比較しても、どれも大きくアウトパフォームしているのがわかります。

ここ
ここ

地べたを這っているように見えるのが
S&P500の3年チャートよ!

こうしてみるとS&P500がエネルギーセクターをアウトパフォームしていますが、2023年に入ってからエネルギーセクターETFは横ばいですね。

ではなぜ、エネルギーセクターがS&P500をアウトパフォームしているのでしょうか?

スポンサーリンク

【2024年】値上がりの期待できるエネルギーETF

2022年まで値上がりを続けたエネルギーETFですが、今後も値上がりを期待できるのでしょうか?

インフレの高騰やウクライナ情勢によって上昇してきたエネルギーETFですが、今後もまた上昇することができるのでしょうか。

エネルギーセクターが値上がりする条件

エネルギーセクターが値上がりする条件はいくつかあげられます。

そのひとつは、エネルギー需給の上昇です。

エネルギー需給の上昇

2021年より米国のインフレ率は上昇し、コモディティ価格は上昇してきました。特に原油に関しては需給バランスのひっ迫により価格を上昇させていたところに、ウクライナ情勢が追い打ちをかけました。OPECも増産には協力的ではなく、米国も貯蔵エネルギーを放出するも需要に応えることはできないようです。西側諸国のロシアへの経済制裁により更にエネルギー価格はまだ上昇が予想されています。

もうひとつの理由は、世界経済の回復です。

世界経済の回復

エネルギーセクターの上昇には原油価格の上昇が条件となります。そのためには世界経済が回復に向かう必要があり、特に原油の消費量の多い中国経済の回復がキーとなります。
また、先進国の政策金利が高止まりしていることで製造業の景気も低迷していますが、今後は利下げが実施されることで製造業の景気も刺激されはじめると考えられます。

エネルギーETFをけん引する株価の値動き

エネルギーETFをけん引しているのは、エネルギー株の代表ともいえるエクソンモービルシェブロンです。

では、この2銘柄の直近3年(2022年)のチャートを見ていましょう。

S&P500が25%上昇しているのに対して、エクソンモービル(XOM)+146%上昇シェブロン(CVX)+75%の上昇をしています。

リッヒ
リッヒ

2023年はS&P500の方が上昇しとる

スポンサーリンク

2024年おすすめのエネルギーETFはVDEとXLE

ここまではエネルギーETFの比較や、エネルギー株の値上がりする理由を見てきました。では、実際におすすめのエネルギーETFはと言うと、おそらくみなさんと同じ意見です。

筆者のおすすめはVDEXLEです。理由は単純で、経費が安くてリターンが大きいからです。

また、大型株のエクソンモービルとシェブロンの比率が大きく安定感もあります。同時にインカムゲインも狙えますね。

不労所得の代名詞でもある『高配当株』への投資は、高配当ETFのVYMやHDV、SPYDなどが有名ですが、VDEやXLEの分配金も高配当ETFに負けず劣らずの高配当です。

高配当ETFについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

その他のセクターETF

米国ETFは多岐にわたり数多く存在します。

人気のインデックス投資に適したVT(全世界株式)、VTI(全米株式)、VOO(S&P500)などは広く分散されたボラティリティの低いETFと言えます。

対してテーマ型ETFは多様に渡り、近年ではロボットや宇宙、バイオやドローンのような最新技術へのETFなども人気があります。

その中でも大きく『セクター』と呼ばれる区分された分野に投資するETFをセクターETFと呼びます。

米国株におけるセクターとは

米国株におけるセクターとは、大きく11セクターほどに分けられています。

今回、解説したエネルギーセクターETFの他にも興味があったら、記事を読んでみて下さい。

ここ
ここ

それぞれに解説記事の
リンクを貼ってあるわ!

全11セクターまとめ記事はこちら

スポンサーリンク

2024年おすすめエネルギーセクターETFまとめ

おすすめエネルギーセクターETFをまとめます。

まとめ

2024年もエネルギーセクターに注目
・おすすめのエネルギーETFはVDEXLE
・VDEとXLEはリターンが大きく経費が最安
・エネルギーETFはインカムゲインも狙える

今エネルギーETFにエントリーすると、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙うことができ、資産形成をするには非常に効率的かと思われます。

石油サービスETFのOIHも大注目です。

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

配当株のうち優良な米国株を紹介しています。

他にも投資に役立つニュースレターが届きます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)