当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

【2024年最新版】おすすめヘルスケアセクターETF『XLV・VHT・IXJ・PPH』徹底比較!

米国ETF
こんな人におすすめな記事

・ヘルスケアETFについて知りたい
・ヘルスケアETFの比較を見たい
・どのヘルスケアETFがいいか知りたい

クリックでランキングの応援をしてください

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます

ここ
ここ

こんにちは!
ヘルスケアセクターに注目している
『ここ屋』よ!

2023年には大きく上昇してきた米国市場ですが、高水準な政策金利が長引くことで景気の鈍化が予想される市場において、ハイテク株などはそろそろ下げると考える投資家も多いようです。

2024年は割高になり過ぎたハイテク株に変わって、どこに上昇セクターがあるのでしょうか。

2023年にはディフェンシブセクターが大きく売られたことで、現在は割安の水準にあります。

今回は、期待のおすすめヘルスケアセクターに焦点を当てて、ヘルスケアETFについて徹底比較をしていきたいと思います。

記事の流れとしては

・ヘルスケアETFの紹介(比較解説)
・おすすめのヘルスケアETFについて
・ヘルスケアセクターが注目される理由

【2024年注目】おすすめのヘルスケアセクターETF徹底比較!

それでは早速、2024年おすすめのヘルスケアセクターETFを徹底比較していきます。今回紹介するヘルスケアセクターETFはXLV・VHT・IXJ・PPHです。

それぞれの概要、過去リターン、上位組入れ銘柄、比較チャートなどを見ていきます。

ヘルスケアセクターETF【概要】比較

ヘルスケアセクターETFの概要比較をしてみます。

ティッカーXLVVHTIXJPPH
名称ヘルスケア
セレクト・セクター
SPDRファンド
バンガード
ヘルスケアETF
iシェアーズ
グローバル
ヘルスケアETF
ヴァンエック
ベクトル
ファーマシューティカル
ETF
運用会社ステートストリートバンガードブラックロックヴァンエック
設定日1998/12/222004/01/302001/11/162011/12/21
純資産額391.43億ドル169.03億ドル41.10億ドル4.43億ドル
ベンチマークヘルスケア
セレクト
セクター指数
MSCI US
インベスタブル
マーケット・ヘルスケア
インデックス
S&Pグローバル
ヘルスケア株指数
ファーマシューティカル25
インデックス
経費率0.10%0.10%0.42%0.36%
分配金1.72%1.41%1.26%1.45%
引用:Bloomberg (2024.1)

XLVが1番歴史が古く総資産額も最大です。経費率はXLVとVHTが最安ですが、分配金はどれも少なめですね。

ヘルスケアセクターETF【過去リターン】比較

ヘルスケアセクターETFの過去リターンの比較をしてみます。

ティッカーXLVVHTIXJPPH
1年リターン4.23%4.18%5.33%10.41%
3年リターン8.61%6.02%6.14%10.13%
5年リターン12.02%11.42%10.70%10.58%
引用:Bloomberg (2024.1)

直近1年のS&P500のリターンは23%でしたから、指数と比べるとヘルスケアのパフォーマンスは大きく劣後していますね。

ヘルスケアETF同士を比較すると、5年リターンではPPHがやや劣るものの、1年リターンは他のETFを上回っています。

ヘルスケアセクターETF【上位組入れ銘柄】比較

ヘルスケアセクターETFの上位組入れ銘柄を比較してみます。

XLVVHTIXJPPH
UNH
(ユナイテッドヘルス)
UNH
(ユナイテッドヘルス)
UNH
(ユナイテッドヘルス)
LLY
(イーライ・リリー)
LLY
(イーライ・リリー)
LLY
(イーライ・リリー)
LLY
(イーライ・リリー)
NVO
(ノボ・ノルディスク)
JNJ
(ジョンソン&ジョンソン)
JNJ
(ジョンソン&ジョンソン)
JNJ
(ジョンソン&ジョンソン)
JNJ
(ジョンソン&ジョンソン)
MRK
(メルク)
MRK
(メルク)
NVO
(ノボ・ノルディスク)
MRK
(メルク)
ABBV
(アッヴィ)
ABBV
(アッヴィ)
MRK
(メルク)
ABBV
(アッヴィ)
TMO
(サーモフィッシャー)
TMO
(サーモフィッシャー)
ABBV
(アッヴィ)
NVS
(ノバルティス)
引用:Bloomberg (2024.1)

ジョンソン&ジョンソン、ユナイテッドヘルス、アッヴィ、ファイザー、イーライ・リリー、メルクなど、日本でも聞き馴染みのある製薬会社が上位を占めています。

ヘルスケアセクターETF【チャート】比較

ヘルスケアセクターETFのチャートを直近5年で比較してみます。

XLVVHTIXJはおよそ相関していますが、PPHだけが少し乖離しています。これはPPHには米国以外の企業が含まれていることが影響してるからです。

次に2023年の1年チャートを比較してみます。

S&P500の値動きをで示しましたが、2023年はヘルスケアセクターが市場平均を下回っていることがわかります。

しかし、2023年の年末から指数が下落しはじめたのに対して、ヘルスケアは上昇しています。これが2024年にヘルスケアセクターに注目している理由です。

米国株アプリmoomooなら株価変動の要因を詳しく知ることができます。

moomoo証券

今なら無料で口座開設すると、人気の米国株がもらえるキャンペーンをやっています。

ここ
ここ

取引口座を開けば
24時間取引も可能なの!

おすすめのヘルスケアセクターETFについて

ここまでは2024年にヘルスケアセクターがなぜ注目されるのかを見てきました。また、ヘルスケアETFの比較解説を見てきたみなさんは、どのETFが気になりましたか?

XLVがもっとも歴史も古く時価総額も最大ですから、ヘルスケアセクターETFの王道と言ってよいでしょう。

しかし、今回『ここ屋』ではVHTをおすすめします。理由としては、XLVの構成銘柄が60程度であることに対して、VHTに関しては400以上もあることがあげられます。

XLVはS&P500に含まれるヘルスケア銘柄に限られますので、大型株のみで構成されます。一方のVHTであれば、成長著しい小型株からも利益をいただけると考えたからです。

2024年ヘルスケアセクターが注目される理由

2024年ヘルスケアセクターが注目される理由はいくつかありますが、暴落時にも下落しにくいディフェンシブ銘柄が多いことで知られているヘルスケアセクターは、基本的にはバリュー株と言われるジョンソン&ジョンソンのような安定した銘柄が多く含まれます。

2023年は利下げ観測を受けて相場全体が上昇していましたが、2024年は高金利が市場に影響を与えはじめると景気に敏感なセクターは下落に転じる可能性があります。

リッヒ
リッヒ

割安なヘルスケアに注目やな

景気後退懸念が高まりディフェンシブ銘柄が注目される

2024年もまだ政策金利は高水準を維持することが予想されます。高金利によって企業業績は落ち込み、失業率は上昇が考えられます。

いわゆるリセッション入りする公算が高まっています。景気後退局面ではあらゆる企業が見通しが悪くなり株価を落とすことになりますが、ディフェンシブ銘柄はその限りではありません。

モノやサービスの価格が上昇して景気が減速したとしても、人々の生活に必要なものの需要は低下しません。

生活必需品やヘルスケアが、ディフェンシブと言われる所以はそのあたりにあります。

先進国の高齢化と新興国の先進医療化

今後、ヘルスケアセクターが注目される理由として、先進国の高齢化新興国の先進医療化があげられます。

日本同様に、米国をはじめとする欧州などの先進国は高齢化が進んでいます。人生100年時代とも言われていますが、今後は健康寿命すら延びていくことでしょう。

これによりヘルスケアセクターは、今まで以上の需要が発生し、より高度な医療技術が求められることとなりでしょう。

リッヒ
リッヒ

ゲノムやバイオなんかは
近い将来に身近になるんかな

また新興国に関しても、経済の成長にともなって先進医療化が進んでいます。中国、インド、ブラジルなどの人口の多い国々が、先進医療を求めはじめたら、ヘルスケアセクターの需要の爆上げは必至です

ヘルスケアセクターの株は割安である

2000年代に入り続伸してきたハイテク、通信、消費財などは未だに割高と考えられています。現にPERが30倍や50倍以上などといった株も多いようです。

一方で、ヘルスケアセクターについては、未だ10倍に満たない株も散見されます。割安なバリュー株に投資をすることは、投資の神様ウォーレン・バフェットが良いお手本でしょう。

moomoo証券

その他のセクターETFを紹介

米国ETFは数多く存在しており、人気のインデックス投資に適したVT(全世界株式)、VTI(全米株式)、VOO(S&P500)などは広く分散されたボラティリティの低いETFと言えます。

その一方で、『セクター』と呼ばれる区分された分野に投資するETFをセクターETFと呼びます。

米国株におけるセクターとは

米国株におけるセクターとは、大きく11セクターほどに分けられています。

今回、解説したヘルスケアETFの他にも興味があったら、記事を読んでみて下さい。

ここ
ここ

それぞれに解説記事の
リンクを貼ってあるわ!

全11セクターまとめ記事はこちら

【2024年最新版】おすすめのヘルスケアセクターETFまとめ

2024年ヘルスケアセクターETFが注目される理由

ヘルスケアセクターが注目の理由

・ディフェンシブ銘柄が注目されている
・先進国の高齢化と新興国の先進医療化
・ヘルスケアセクターの株は割安であること

2024年注目のヘルスケアセクターETFは4種類

注目のヘルスケアETF

XLV
VHT
IXJ
PPH

ここ屋がおすすめするETFはこれ!

おすすめのETF

大本命 XLV
★大注目 VHT

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

米国株セクター別パフォーマンスについて詳しくはこちら

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

moomoo証券

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)