VT【全世界株式】投資に向いている人『VTI全米株式との比較』

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・VT【全世界株式】への投資を検討している
・VTとVTIの比較を見たい
・VTのデメリットを知りたい
・VTへの投資に向いてる人を知りたい

ここ
ここ

こんにちは!最大の分散は
VTだと思っている『ここ屋』よ!

近年、株式投資が若者の間にも浸透してきました。

投資初心者が多くなってくると共に、情報発信者の数も増えており、かくいう筆者もその一人であります。

情報発信者の中にはインデックス投資を推奨する者も少なくはなく、その再現性は『誰でもできる』と言って良いほどの優秀なパフォーマンスを見せてくれます。

インデックス投資に適した投資先は限られており、VT【全世界株式】は代表格のひとつです。

並んでVTI【全米株式】も人気があり、その2銘柄をそれぞれ信じる投資家たちにより対立が起きるほどです。

そこで今回の記事では、VT【全世界株式】投資に向いている人『VTI全米株式との比較』と題して解説していきたいと思います。

VT【全世界株式】とは

VT【全世界株式】とは、バンガード・トータル・ワールド・ストック・ETFのことで、これ1本で全世界47か国の約8,000銘柄の大型株、中型株、小型株に投資することができる、世界最大の分散投資が可能なETFです。

先進国から新興国まで丸っと投資したい人にはオススメですね。

リッヒ
リッヒ

長期のインデックス投資に
大人気の銘柄やね

VT【全世界株式】概要

VT【全世界株式】の概要を見ていきます。

ティッカーVT
名称Vanguard
Total World
Stock ETF
運用会社バンガード
設立日2008/06/26
ベンチマークFTSEグローバル
オールキャップ
インデックス
純資産総額217.14億ドル
経費率0.08%
配当利回り1.96%
引用:Bloomberg

時価総額加重平均を適応しており、年4回のリバランスを行います。

設立してからまだ13年と、意外と若いETFだと言うことがわかりました。

リッヒ
リッヒ

経費率はVOOやVTIの
0.3%には及ばないな

VT【全世界株式】ポートフォリオ

VT【全世界株式】のポートフォリオ構成は以下の通りです。

新興市場10.9%
ヨーロッパ17.1%
パシフィック11.7%
中東0.2%
北米60.0%
その他0.1%
引用:Vanguard公式
リッヒ
リッヒ

半分以上は米国やな

VT【全世界株式】構成上位銘柄

VT【全世界株式】の構成上位銘柄を確認してみます。
(2021/5/31現在)

資産順位銘柄
1位Apple
2位Microsoft
3位Alphabet
4位Amazon
5位Facebook
6位Berkshire Hathaway
7位Taiwan Semiconductor
Manufacturing
8位JPMorgan Chase
9位Tesla
10位Tencent Holdings
引用:Vanguard

構成上位10銘柄で全体の約13.3%を占めています。

リッヒ
リッヒ

さすがに知ってる名前ばかりや

VT【全世界株式】過去リターン

VT【全世界株式】の過去リターンを見ていきます。

リターン率VT
1年40.57%
3年14.66%
5年14.79%
10年10.18%
設定来
(08/6/24)
8.10%
引用:Vanguard公式
リッヒ
リッヒ

思ってたよりリターン高いな

VT【全世界株式】過去チャート

VT【全世界株式】過去チャートを見てみましょう。

設立後、2度の大暴落を経験していますが、きれいな右肩上がりのチャートをしています。

リッヒ
リッヒ

全世界の経済成長を感じれるな

VT【全世界株式】とVTI【全米株式】との比較

VTが全世界株式への分散投資なのに対して、VTIは全米株式への分散投資です。

この2銘柄は比較されることが多く、どちらが優秀とするのかを決めることはナンセンスですが、数々の投資家たちがその優位性を語ってきました。

ここでは客観的に、2銘柄の比較を見ていきましょう。

VT【全世界株式】とVTI【全米株式】の分散効果は?

VT【全世界株式】とVTI【全米株式】は、どちらも広く分散されたETFです。

VTVTI
約8,000銘柄約4,000銘柄

広く分散されていれば良いということも無いかも知れませんが、VTの方が2倍程度の銘柄数を保有しています。

VT【全世界株式】とVTI【全米株式】の過去チャート比較

VT【全世界株式】(緑)VTI【全米株式】(赤)過去チャート比較をしてみます。

上記がVT設立からの直近13年のチャート比較ですが、ここ10年の米国株はやはり強いですね。

しかし、2000年から2010年までは『新興国ブーム』と呼ばれる時代があり、BRIC’s(ブラジル、ロシア、インド、中国)の経済成長が目覚ましく、逆にその間の米国株式は横ばい経済だった事実を知っていますか?

2000年代初頭のドットコムバブル崩壊や2008年のリーマンショックによる大暴落は、米国株の長期低迷期を生み出しました。

2000年から2021年までは、全米株式よりも全世界株式がアウトパフォームしていた事実は覚えておいた方が良いでしょう。

VT【全世界株式】のデメリット

VT【全世界株式】のデメリットについても知っておきましょう。

リッヒ
リッヒ

デメリットなんて言ったら
信者に怒られるで

ここ
ここ

筆者の考えるデメリットよ!
主観だと思って参考程度に聞くのよ!

VTIのデメリット

1,弱った経済にも投資することになる
2,チャンスの投資先があっても機会損失する
3,投資の知識を深められない
4,失敗を経験することによる成長を得られない
5,ポートフォリオ戦略が立てられない
6,近年は全米株式にリターンが劣る

1,弱った経済にも投資することになる

VTは全世界の株式に投資できることから、経済の弱った国、カテゴリー、セクターなどがあったとしても、自分のポートフォリオ含んでしまうといったデメリットもあります。

2,チャンスの投資先があっても機会損失する

特別に強いセクターや国の経済が目の前にあったとしても、VTのみに投資している場合は機会損失をしてしまう可能性もあります。

もちろんその一部はポートフォリオに含んでいるのですが、その成長を大きく享受することはできないでしょう。

3,投資の知識を深められない

全ての株式を含んだVTIは、世界経済に分散された株式に投資できてしまうため、特別な知識を必要としません。

自分から知識を求める必需性がない分、投資の知識を深めることができない危険性を含んでいます。

4,失敗を経験することによる成長を得られない

ものごとを成長させるきっかけは、どんな場合も『多くの失敗』と言われます。

VT投資は失敗と呼ばれる危険性が少ない分、失敗を経験することによる成長を得られないと言い換えることもできます。

5,ポートフォリオ戦略が立てられない

VT【全世界株式】1銘柄に投資した場合は、それだけで完結してしまうため、ポートフォリオ戦略が立てられません。

6,近年は全米株式にリターンが劣る

VT【全世界株式】とVTI【全米株式】では、どちらが未来のリターンに勝るかは誰にもわかりません。

しかし、直近20年の過去リターンでは、VT【全世界株式】がVTI【全米株式】にアンダーパフォームされています。

VT【全世界株式】投資に向いている人

VT【全世界株式】投資に向いている人はこんな人かと思います。

VTに向いている人

・投資にかける時間がない
・株式市場に興味がない
・リスク中リターン中でいい
・投資をほったらかしたい
・悩んだり落ち込んだりしたくない

投資にかける時間がない

株式投資は資産を一定的に膨らませるだけの手段であって、自分の時間を割きたくないと思っている人には、広く分散されたインデックス投資であるVT【全世界株式】は最適と言っていいかも知れません。

株式市場に興味がない

株式投資のリスクを小さくする手段として、株式市場の情報を多く得るといった方法があります。

しかし、そもそも株式市場に興味がない場合は、勉強することは苦痛となってしまうかも知れません。

特に株式市場に興味がないのであれば、全世界株式に丸っと投資できてしまうVTIは都合の良い投資先かもしれませんね。

リスク中リターン中でいい

時代背景や経済の動向により大きなリターンを目指すことができる投資先があるかも知れません。

しかし、大きなリターンには大きなリスクがつきものであるため、リスクを抑えたい投資家にはリターン大を狙う必要性がありません。

リスクを中で抑えられるなら、リターンも中で構わないといった考えの人にはVT【全世界株式】が打ってつけかも知れません。

投資をほったらかしたい

長期投資は売ったり買ったりを繰り返すような方法は向いていません。

購入したらホールドしたまま『ほったらかし』にするくらいがちょうど良いくらいでしょう。

『ほったらかし』にしていても着実に成長してくれるVT【全世界株式】は、投資をほったらかしたい人にとっては最適な投資先かも知れません。

悩んだり落ち込んだりしたくない

株式投資をしていると『暴落』や『元本割れ』、『資産の目減り』など、ストレスのかかる要因はたくさんあります。

株価の変動により悩んだり落ち込んだりしたくない人は、VT【全世界株式】に投資して『相場を見ない』くらいの方がちょうどいいかもしれません。

VT【全世界株式】まとめ

VT【全世界株式】をまとめます。

まとめ

◎VTとは全世界の約8,000の銘柄に分散投資できるETF
・世界経済と共に右肩上がりに成長している
長期のインデックス投資に向いている
・広く分散投資したい人におすすめ
・投資家の間でVTIと人気を分けている
◎VT投資のデメリット
1,弱った経済にも投資することになる
2,チャンスの投資先があっても機会損失する
3,投資の知識を深められない
4,失敗を経験することによる成長を得られない
5,ポートフォリオ戦略が立てられない
6,近年は全米株式にリターンが劣る
◎VT投資に向いている人
・投資にかける時間がない
・株式市場に興味がない
・リスク中リターン中でいい
・投資をほったらかしたい
・悩んだり落ち込んだりしたくない

VTは全世界の株式に広く分散して投資できるといった特徴がある代わりに、デメリットもあります。

投資戦略次第では、あなたにもっとも適した投資先の可能性もあります。

自分の投資の目的や手段を明確にし、VTに投資すべきかは自己責任で決定することをおすすめします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資に必要な知識は書籍から得よう!

タイトルとURLをコピーしました