2021年最新版【VGT・XLK・IYW】おすすめの情報技術セクターETF徹底比較!

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・おすすめの米国ETFを知りたい
・2021年下半期の注目銘柄を知りたい
・情報技術セクターETFについて知りたい
・情報技術セクターETFの比較をしたい

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ここ
ここ

こんにちは!やっぱり
IT銘柄最強と考える『ここ屋』よ!

2021年も半分が過ぎ好調だった米国株も、夏枯れ相場から金融引き締めによる下落が心配される下半期がはじまりました。

しかし、実際にはテーパリングや金利上昇の影響はすでに株価に織り込み済みとの意見も聞かれるなど、個人投資家にとっては益々どうして良いのかわからない状況です。

近年の米国株をけん引してきたのはハイテクセクターであることは紛れもない事実ですが、この先もハイテクセクターの未来は明るいのでしょうか?

そこで今回の記事では、情報技術セクターETFの比較と、今後の展望について解説していきたいと思います。

テーマ型ETFとは

テーマ型ETFとは、広いセクターに分散された一般的なインデックスファンド(VTIやVOOなど)とは異なり、偏ったセクターに投資をするETFのことです。

テーマ型ETFは多様に渡り、近年ではロボットや宇宙、バイオやドローンのような最新技術へのETFなども人気があります。

リッヒ
リッヒ

ハイリスクなキラキラ銘柄やな

その中でも大きく『セクター』と呼ばれる区分された分野に投資するETFをセクターETFと呼びます。

米国株におけるセクターとは

米国株におけるセクターとは、大きく11セクターほどに分けられています。

ここ
ここ

それぞれに解説記事の
リンクを貼ってあるわ!

全11セクターまとめ記事はこちら

今回注目するのは、この中の『情報技術セクター』に連動するETFです。

情報技術セクターETFとは

情報技術セクターETFとは、名前の通り情報技術関連銘柄を集めたETFです。

情報技術とは

コンピュータやネットワークといった情報処理関連の技術の総称。Information Technologyの頭文字をとってITと呼ばれることも多い。

リッヒ
リッヒ

近年の爆上げ銘柄は
ほとんどIT系やな

ちなみに情報技術セクターはS&P500の時価総額での占める割合は、11セクターの中ダントツの最多です。

おすすめの情報技術セクターETF比較

おすすめの情報技術セクターETFを比較していきます。

今回、解説する情報技術セクターETFは、以下の3銘柄です。

おすすめの情報技術セクターETFは『VGT』『XLK』『IYW』

おすすめの情報技術セクターETF3銘柄『VGT』『XLK』『IYW』について比較解説していきます。

ここ
ここ

情報技術は英語で
インフォメーションテクノロジー
略してITよ!

情報技術セクターETF概要比較

情報技術セクターETFの概要を比較していきます。

VGTXLKIYW
銘柄名Vanguard
Information
Technology
ETF
Technology
Select Sector
SPDR Fund
iShares
U.S.
Technology
ETF
運用会社バンガードステート
ストリート
ブラックロック
設立日2004/01/301998/12/222000/05/19
純資産額485.12億ドル432.02億ドル78.41億ドル
ベンチマークMSCI US
Investable
Market
Information
Technology指数
テクノロジー
セレクト
セクター指数
ダウ・ジョーンズ
米国テクノロジー
キャップト指数
経費率0.10%0.12%0.42%
分配金0.58%0.69%0.31%
Bloomberg

テクノロジー株は分配金が低いので、どれも1%未満なのが特徴的です。

大手3社の中でも、常にバンガード社のETFは経費が低くVGTが0.1%と最安です。

リッヒ
リッヒ

さすがバンガードや

情報技術セクターETF過去リターン比較

情報技術セクターETFの過去リターンを比較してみます。

VGTXLKIYW
年初来
リターン
14.08%16.05%17.67%
1年リターン43.14%42.57%45.38%
3年リターン30.00%29.15%29.83%
5年リターン30.68%28.97%30.57%
Bloomberg

3銘柄ともほとんど変わりませんが、近年のハイテク株の好調さを表しています。

2021年に入っても、まだまだハイテクブームは終わりそうにありませんね。

リッヒ
リッヒ

結局ハイテク最強か

情報技術セクターETF上位組入れ銘柄比較

情報技術セクターETFの上位組入れ銘柄の比較をしてみます。

VGTXLKIYW
AAPL
(アップル)
AAPL
(アップル)
AAPL
(アップル)
MSFT
(マイクロソフト)
MSFT
(マイクロソフト)
MSFT
(マイクロソフト)
NVDA
(エヌビディア)
NVDA
(エヌビディア)
GOOGL
(アルファベット)
V
(ビザ)
V
(ビザ)
GOOG
(アルファベット)
PYPL
(ペイパル)
PYPL
(ペイパル)
FB
(フェイスブック)
MA
(マスターカード)
MA
(マスターカード)
NVDA
(エヌビディア)
ADBE
(アドビ)
ADBE
(アドビ)
ADBE
(アドビ)
INTC
(インテル)
CSCO
(シスコシステムズ)
CSCO
(シスコシステムズ)
CRM
(セールスフォース)
INTC
(インテル)
INTC
(インテル)
CSCO
(シスコシステムズ)
CRM
(セールスフォース)
CRM
(セールスフォース)
Bloomberg

IYWだけがGoogleやFacebookが含まれていて、決済サービス銘柄が見当たらないことが特徴的です。

リッヒ
リッヒ

どれも聞いたことある銘柄ばかりや

情報技術セクターETFチャート比較

情報技術セクターETFの直近5年のチャート比較をしていきます。

VGT(赤)XLK(青)IYW(緑)3銘柄とも爆上げしていますね。

XLK(青)が少しだけ遅れをとっていますが、5年で250%上昇とはハイテク株恐るべしです。

ここ
ここ

コロナショックからの
回復は少し異常よ!

情報技術セクターETFの今後の展望

情報技術セクターETFの今後の展望を語る上では、FRBによる量的緩和ゼロ金利政策がいつまで続くのかに注目する必要があると思われます。

テーパリング開始が下落シグナル?

コロナショックなどの金融危機に瀕した際に、中央銀行(米国の場合はFRB)は金融対策として量的緩和を実施し、経済の回復(雇用の安定とインフレの調整)を促します。

量的緩和とは

中央銀行などにより金利を下げ国債などを買付けることで、経済の循環を良くすること。

この金融政策のうち量的緩和を徐々に縮小していくことをテーパリングと呼びます

量的緩和は中央銀行が世の中にお金をバラまくことになるので、経済の回復や株価の上昇を促進しますが、通貨量を際限なく増加させることはインフレにつながることから、中央銀行は量的緩和措置を縮小していく必要があります。

テーパリング(量的緩和の縮小)は、経済の活性化を抑制することから株価の上昇にはアゲインストな環境になります。

また、長期金利の上昇はリスクの大きいハイテク株などに投資する旨みを減らしてしまうことから、長期金利の上昇に伴い真っ先にハイテク株は売られる仕組みです。

ハイテク株の多い情報技術セクターETFは、テーパリングの開始と共に下落をはじめる可能性があります。

常にS&P500をアウトパフォーム

情報技術セクターETFは、S&P500指数との相関性は非常に高く、直近20年を眺めても同様の騰落を見せています。

それもそのはず情報技術セクターがS&P500に占める割合は25%を超えているためです。

また、時価総額が世界でもトップクラスのGAFAMが含まれる情報技術セクターは、世界経済をけん引しているといっても過言ではありません。

特に直近5年を切り取ってみると、情報技術セクターはS&P500を大きくアウトパフォームしています。

S&P500(水色)も5年で100%のリターンと凄まじい上昇率ですが、情報技術セクターETFのVGT(赤)はS&P500を2.5倍のリターンを叩き出しています。

古くは1990年代のITバブルから始まったITの波は、今後も留まることを知らない破竹の勢いです。

MACDがデッドクロスしている

情報技術セクターETFについてのリスクもお伝えしておきます。

ハイテクセクター株はボラティリティの高い銘柄が多く、経済界の主要人物の発言やニュースなどで価格が大きく変動します。

8月のジャクソンホール会議でテーパリングについての議論がされると考えられている現在は、情報技術セクターに対して決して好ましい状況ではありません。

現に2021年7月中旬現在では、情報技術セクターETFのMACDにデッドクロスが発生しています。

MACDとは、テクニカルチャート分析のひとつで、デッドクロスとは上昇トレンドから下落トレンドに転換するサインと言われています。

割高と言われ続ける情報技術セクターETFの買い時になると言い換えることもできますが、落ちてくるナイフはつかまぬよう、再度上昇トレンド入ってからのエントリーでも良いかも知れません。

テクニカルチャートMACDについて詳しくはこちら

おすすめの情報技術セクターETFまとめ

おすすめの情報技術セクターETFをまとめます。

まとめ

◎米国の代表的なセクターは11種類
◎情報技術セクターとはIT関連銘柄の集合体
・S&P500の時価総額での占める割合が最多
・世界経済をけん引する大型株を含んでいる
◎おすすめの情報技術セクターETFは『VGT・XLK・IYW』
・3銘柄とも配当金は少ない
・3銘柄とも過去リターンも変わらない
・VGTがもっとも経費が安い
◎情報技術セクターETFの今後の展望は
・テーパリングがカギを握っている
・直近5年はS&P500を大きくアウトパフォーム
・現在はMACDがデッドクロスしている

VGT・XLK・IYWは、ほとんどリターンが変わりません。

経費率がもっとも安いVGTがおすすめですが、GoogleやFacebookを含みたいのであればIYMも視野に入るかと思います。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

米国株セクター別パフォーマンスについて詳しくはこちら

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました