2021年最新版米国ETF人気ランキング【純資産総額トップ10】

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・米国ETFの人気ランキングを知りたい
純資産総額の大きいETFを知りたい
色んな米国ETFを知りたい
安定した投資先を知りたい

ここ
ここ

こんにちは!米国ETFを

たくさん保有してる『ここ屋』よ!

正式なバイデン政権が誕生して幕を開けた2021年。
全米ではコロナワクチンの接種が進む中、長期金利の上昇やロビンフット銘柄の急落など、ボラティリティの高さに一喜一憂する投資家も多いのではないでしょうか。

そんな状況下でも、安定した成長率を見せる銘柄はどのようなものでしょうか。

純資産総額の大きなETFこそが、世界中の投資家たちに選ばれた、安定した利益を生み出してくれるETFと呼べるのではないでしょうか?

今回は、その人気のETFを純資産総額のランキング順に紹介していきたいと思います。

米国ETF人気ランキングTOP10【純資産総額】

米国ETF人気ランキングTOP10【純資産総額】の紹介をします。

1位:SPY

3383.74億米ドル

SPDR S&P500 ETFトラスト(SPDR S&P 500 ETF Trust)は米国籍のETF(上場投資信託)。
S&P500種指数に連動する投資成果を目指す。
S&P500種指数の全構成銘柄を組み入れる。主に米国の大型株を保有。
ユニット型投資信託であり、四半期ベースで配当を支払う。保有銘柄のウエートは時価総額ベースで算定。

2位:IVV

2580.44億米ドル

iシェアーズ・コアS&P500 ETF(iShares Core S&P 500 ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。
S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。
S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、主に米国の大型株を保有。
四半期ごとに時価総額方式を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

3位:VTI

2211.73億米ドル

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。
CRSP米国総合指数のパフォーマンスに連動する投資 成果を目指す。
あらゆる時価総額規模の米国株式を保有。米国株式市場全体を投資対象とする。
3500以上の銘柄を保有し、時価総額ベースでウエートを算定。

4位:VOO

2026.47億米ドル

バンガードS&P 500 ETF(Vanguard S&P 500 ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。
S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。
主に米国の大型株を保有。S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

5位:QQQ

1482.09億米ドル

インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)は、米国籍のETF( 上場投資信託)。
ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含 むナスダック100指数に連動した投資成果を目指す。
指数はコンピューターハードウエア ・ソフトウエア、通信、小売り・卸売り、貿易、バイオテクノロジーなどの主要業界の企業を反映。

6位:VEA

942.41億米ドル

バンガードFTSEディベロップド・マーケッツETF(Vanguard FTSE Developed Markets ETF)は米国籍のETF(上場投資信託)。
FTSE先進国(除く米国)インデックスに連動する投 資成果を目指す。
世界の大型・中型公益事業株を保有。
西欧・アジア太平洋地域を中心に投資する。
四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

7位:AGG

841.07億米ドル

iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF(iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。
ブルームバーグ・バークレイズ米国総合債券インデックスの 運用実績に連動する投資成果を目指す。
米国の投資適格債券市場全体における銘柄に投資する。国債、政府関連債、社債、MBS、ABS、およびCMBSも含む。

8位:IEMG

787.20億米ドル

iシェアーズ・コアMSCIエマージング・マーケットETFは、米国籍のETF(上場投資信託) 。
新興国株式市場のパフォーマンスの指標となるMSCIエマージング・マーケッツ・インベスタブル・マーケット・インデックスに連動する投資成果を目指す。
主な構成銘柄は、一般消費財、エネルギー、金融、ITセクターなどの企業。
代表サンプリング手法を使用する。

9位:VWO

783.43億米ドル

バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF(Vanguard FTSE Emerging Markets ETF) は米国籍のETF(上場投資信託)。
FTSEエマージング・マーケッツ・インデックスに連動 する投資成果を目指す。
ブラジル、ロシア、インド、台湾、中国、南アフリカなど、世界中の新興国市場で大型・中型株を保有する。
時価総額加重型。

10位:BND

703.66億米ドル

バンガード・トータル債券市場ETF(Vanguard Total Bond ETF)は、米国籍のETF(上場 投資信託)。
米国における公債、投資適格、課税対象、債券の幅広いパフォーマンスを測定するブルームバーグ・バークレイズ・キャピタル総合債券指数に連動する投資成果を目指す。

*引用元:Bloomberg

上位4銘柄だけで、日本の国家予算を超える金額ですね。
純資産総額が大きいと、ふたつのメリットがあります。
ひとつ目は、流動性が高いので市場での売買がしやすいこと。
もうひとつは、上場廃止リスクが小さいことです。

米国ETF人気ランキングTOP10銘柄概要

米国ETF人気ランキングTOP10銘柄の概要を確認してみましょう。

順位ティッカーベンチマーク経費率配当金運用会社設立日
1位SPYS&P5000.09%1.31%ステイトストリート1993/01/22
2位IVVS&P5000.03%1.64%ブラックロック2000/05/19
3位VTI全米株式0.03%1.52%バンガード2001/05/31
4位VOOS&P5000.03%1.54%バンガード2010/09/09
5位QQQNASDAQ0.20%0.50%インベスコ1999/03/10
6位VEA先進国株式
(米国除く)
0.05%1.86%バンガード2007/07/26
7位AGG米国総合債券0.04%2.01%ブラックロック2003/09/26
8位IEMG新興国株式0.11%2.22%ブラックロック2021/10/22
9位VWO新興国株式0.10%0.52%バンガード2005/03/10
10位BND米国総合債券0.035%1.83%バンガード2007/04/10
2021/3/21現在

ベンチマークは簡略化しています。詳しくは詳細ページにてご確認ください。

ここ
ここ

1,2,4位は全てS&P500

7,10位は同じ債券ETFよ!

その場合は経費率の

安いものを選べばいいね!

米国ETF人気ランキングTOP10のリターン率

米国ETF人気ランキングTOP10のリターン率を、過去1年、3年、5年で比較してみます。

ティッカー1年リターン3年リターン5年リターン
SPY65.56%15.03%15.93%
IVV65.19%15.07%15.99%
VTI73.89%15.75%16.58%
VOO65.25%15.07%15.99%
QQQ77.52%24.18%24.86%
VEA71.64%6.78%9.74%
AGG6.37%4.70%3.08%
IEMG80.53%6.34%12.38%
VWO74.26%6.56%11.83%
BND6.92%4.74%3.11%

*直近1年のリターンは、2020年3月のコロナショックで株価が大暴落している時点からの直帰率ですので。今後の予測には、参考にしない方が良いかと思います。

ここ
ここ

ハイテク株のQQQの成長が目立つけど

最近は全て好調の株式市場ね!

債券は株式市場が

弱い時には役に立つね!

米国ETF人気ランキングTOP10:まとめ

米国ETF人気ランキングTOP10をまとめます。

人気が集中しているのはやはりS&P500(SPY・IVV・VOO)でしたね。

S&P500について詳しくはこちら

VTI(全米株式)が3位に食い込むも、VOOとVTIは激しい入れ替わりを見せています。

VTIについて詳しくはこちら

その他、ハイテクブームの火付け役GAFAMが牽引するQQQが5位にランクイン!
新興国株式ETFや債券ETFもランクインしていました。

債券ETFについて詳しくはこちら

TOP10銘柄だけでも優秀なポートフォリオが組めそうです。

S&P500や全米株式などを、投資のコアに据えてポートフォリオを組むと安定した資産形成ができそうです。

あなたの保有しているETFはランクインしていましたか?

今後のポートフォリオ組み換えの参考になれば嬉しいです。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!

他にもお得情報がいっぱいですので

別の記事も読んでみてね!

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

よかったら『ポチっと』応援してください
ブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

投資に必要な知識は書籍から得よう!

タイトルとURLをコピーしました