【リア充の逆襲!】2021年値上がり期待のバリュー株ETF!おすすめ3選『コロナ終息への期待』

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・投資に興味がある
・これから投資を始めたい
・米国株に興味がある
・米国個別株は恐い
米国ETFに興味がある
今後伸びそうな米国ETFを知りたい
*今年はバリュー株が来ると思っている!

ここ
ここ

こんにちは!

最近はハイパーグロース銘柄の

ポジションを落としつつある『ここ屋』よ!

2020年に始まった、新型コロナウイルスによるパンデミックでしたが、2021年に入り全米には急速にワクチンが渡り始めました。

日本の国民に行き渡るのは、まだまだ先と言われていますが、米国民へのワクチン接種は急速に進行しています。

そんな米国に巻き起ころうとしているのは、『リア充の逆襲』です。

今まで散々ガマンしてきた『リアル』を、ここにきて爆発的に晴らそうとしているのです。

この状況下で、米国株式市場には、どのような変化がもたらされるのでしょうか?

そう、『バリュー株』の高騰への期待です。

今回は、そのバリュー株をまとめた『バリューETF』のおすすめ3選の紹介と解説をしていきたいと思います。

2021年値上がり期待のおすすめバリュー株ETF

2021年値上がり期待のおすすめバリュー株ETFは以下の3銘柄です。

VTV』・『SPYV』・『IUSV』

これら3銘柄の概要を見ていきましょう。

2021年おすすめバリュー株ETF概要比較

バリュー株ETF概要比較をします。

ティッカーVTVSPYVIUSV
運用会社バンガードステート・ストリートブラックロック
設定日2004/01/262010/09/292000/07/24
純資産額$62.17B$8.743B$8.506B
経費率0.04%0.04%0.04%
ベンチマークCRSP US
Large Cap
Value Index
S&P 500
Value Index
S&P 900
Value Index

バリュー株ETFの上位構成セクター比較

上位構成セクター比較をしてみます。

VTVSPYVIUSV
金融ヘルスケア金融
ヘルスケア金融ヘルスケア
資本財生活必需品資本財
生活必需品資本財消費財
消費財通信テクノロジー

バリュー株ETFチャート比較

直近1年のバリュー株ETFのチャートですが、3銘柄とも、ほぼ同一の値動きをしています。
これは、5年チャートでも同じことが言えます。

ちなみに、この比較チャートは『Yahooファイナンス』を使用していますが、無料で色々な機能があり非常に便利です。
使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。

なぜ2021年米国バリュー株がおすすめなの?

なぜ2021年は米国バリュー株がおすすめなのかを解説していきます。

2020年を代表的に、ハイパーグロース株は歴史的な高騰を見せています。

GAFAを筆頭に爆上げしてるよね!

しかし、テスラのような『実体を伴わない高騰』はいずれ終息に向かうことでしょう。

EPSやPERが、それを物語っています。

では、なぜ今バリュー株が注目されるのでしょうか?

それは、株価の変動は『期待値』によるものだからです。

株価への期待値とは?

実際の企業の業績よりも重視されるファクターのひとつに『期待値』があります。

新しい事業がスタートする時よりも、事前に発表された時の方が株価は高騰しますよね?

これは、『期待値』が先行するからです。

誰もが、いち早くその値上がりをキャッチしたいがゆえに、情報に飛びつくんでしょうね。

そして、新規事業がスタートした頃には『おりこみ済み』のため、そこまで株価は上がりません。

2021年バリュー株(リア充銘柄)への期待値

このバブル相場とも言われる現在において、本当に『バリュー株への期待値』は高まっているのでしょうか?

コロナ禍で、さまざまなリアルをガマンしてきた国民は、こぞってワクチンへの期待を示し、コロナ終息後の世界を夢見ています。

旅行外食テーマパークショッピング遊技場スポーツ観戦など。

きっと、リア充たちは必要以上にお出掛けしたくなってしまいますよね?

これが、期待せずにいられるでしょうか?

ハイパーグロース株の終息

2021年2月の決算をもとに、GAFAを筆頭とするハイパーグロース株の株価変動はどのようなものだったでしょうか?

売上高ガイダンスEPS』どれもコンセンサス予想を上回ったのにもかかわらず、株価はのきなみ下落をしています。

以下は、2021/2/25現在の3ケ月チャートですが、50日平均線を割り込んでいるものもあります。

ついでに、『マイクロソフト』と『テスラ』も見ておきましょう。

これらのチャートはハイパーグロース株の終息を意味しているのでしょうか?

仮想現実から脱却し、リアルへの移住が始まったサインなのかもしれません。

2021年米国バリュー株(リア充銘柄)が期待されるワケ

2021年米国バリュー株(リア充銘柄)が期待されるワケを解説していきます。

グロース株と比較されることの多いバリュー株ですが、実は長期で見ると逆相関トレンドにあるのがわかります。

これは、ITバブルやコロナバブルにも当てはまることですが、グロース株が伸びている時は、バリュー株は終息する。逆もまた然りです。

もちろん、投資家のお金には限りがありますよね?
限りのあるお金を投資をする際に、あなたならどこに投資しますか?

答えは『トレンドに乗る』ですね。

上がらない銘柄を、ずっとホールドすることができる人は多くはないでしょう。

時代の流れに合わせて、銘柄を組み替えることは自然の摂理なんでしょうね。

これにより、グロース株とバリュー株は『逆相関の関係』にあるのです。

しかも興味深いことに、だいたい10年周期にトレンドが入れ替わるのです。

【変換点】トレンドの入れ替わり?

これは、バリュー株(VTV)グロース株(VUG)のチャート比較です。

2004年からの10年間チャートですが、2008年に始まったリーマンショックを境に、バリュー株とグロース株が逆転していることが分かります。

以降、2009年から10年間はグロース株のトレンドでした。

しかし、直近3カ月チャートで比較すると、2021年2月の決算を皮切りにバリュー株がグロース株をアウトパフォームしたことが見て取れます。

この先の10年は、今までのグロース株のような値上がりは、バリュー株に移行するのではないかと予測されています。

実際に、ウォーレン・バフェット率いるバークシャーハサウェイ社のポートフォリオの入れ替えが、それを物語っているかも知れません。

それでもグロース株に興味がある人は、こちらの記事で詳しく解説しています。

バークシャー・ハサウェイ社のポートフォリオ入れ替え

2021年2月にバークシャーハサウェイ社は、Apple株の一部を売って、ベライゾンとシェブロンを購入しています。

(ベライゾンは通信事業、シェブロンは石油関連企業)

これが何を意味しているのかは、バフェット本人にしかわからないのかも知れませんが、株式市場が大きく変わる分岐点なのかも知れません。

2021年おすすめバリュー株ETF(リア充銘柄)まとめ

2021年初頭にかけて、GAFAを筆頭にハイパーグロース株の高騰は凄まじいものがありました。

しかし、コロナワクチンへの期待が、世界の投資家たちの目線を変え始めていることも確かです。

われわれ個人投資家は、大きなトレンドの変化に、いち早く反応すべき局面に立たされている可能性があります。

2021年の今、その一歩を踏み出すのであれば、今回紹介したバリューETFなのかも知れません。

その中でも、純資産総額の大きいVTVがおすすめです。

今回の記事は、個人の意見のため
実際の投資は自己責任でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!

他にもお得情報がたくさんあるので

別の記事も読んでみてね!

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

よかったら『ポチっと』応援してください
ブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました