当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

『下落に強いセクターはこれだ!』2024年4月米国株セクター別パフォーマンス

市場分析
この記事でわかること

・米国株を大きく分類する11のセクター
・期間ごとのセクター別パフォーマンス
・おすすめのセクターETF
・2024年に上昇が予想されるセクター

クリックでブログランキングの応援をしてください!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさんいつもありがとうございます。

ここ
ここ

こんにちは!
セクターETFの入れ替えを検討している
『ここ屋』よ!

2024年4月の米国市場は大きく下落しましたが、昨年11月からの上昇相場は5ヶ月で終了しました。

S&P500も▲5%も下落していますが、セクターによってはプラスのリターンを出しています。

2024年の今後を予測するのに重要な変化がありますので、個人投資家もトレンドを把握しておきたいところです。

そこで今回の記事では、『下落に強いセクターはこれだ!』2024年4月米国株セクター別パフォーマンスを解説していきたいと思います。

【2024年4月】米国株セクター別パフォーマンス

米国に上場する5,000以上の株を大きく分類すると、11セクターに分かれます。

それぞれのセクターが、どのようなパフォーマンスを出しているのかを確認していきましょう。

【1ヶ月】セクター別パフォーマンス

直近1ヶ月(2024年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近1ヶ月は1セクターのみがプラス10セクターがマイナスとなった相場でした。

リッヒ
リッヒ

S&P500は▲4.16%の下落やったな

先月までの相場から大きく変動したのは生活必需品ヘルスケア素材セクターです。特に生活必需品セクターは前月の9位から3位に大きくジャンプアップしています。

やはり下落相場ですからディフェンシブセクターが強いですね。

一方で、素材セクターが一気にランクを下げています。

また、下落相場の中でも公益事業エネルギーは前月に続き4月も堅調なパフォーマンスを見せています。

ここ
ここ

テックは元気なかったわね!

先月との大きな違い

・生活必需品とヘルスケアのディフェンシブセクターが好転
・公益事業とエネルギーが引き続き堅調
・素材がパフォーマンス鈍化
・情報技術と一般消費財は相変わらず軟調

セクターのパフォーマンスは個別株の業績に大きく左右されますので、決算内容や市場のニュースなどは把握しておきたいですね。

米国株アプリmoomooなら株価変動の要因を詳しく知ることができます。

moomoo証券

今なら無料で口座開設すると人気の米国株がもらえるキャンペーンをやっています。

ここ
ここ

取引口座を開けば
24時間取引も可能なの!

【3ヶ月】セクター別パフォーマンス

次に直近3ヶ月(2024年2月~2024年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近3ヶ月では11セクターのうち10セクターがプラス1セクターのみがマイナスとなった相場でした。

リッヒ
リッヒ

S&P500は+3.92%の上昇やったな

今年に入ってからも上昇相場が続いているため、ほとんどのセクターが上昇しています。

なかでもエネルギーと公益事業は大きくジャンプアップしていますね。エネルギーは原油価格の変動に左右されるので難しいところはありますが、原油が下がればまた買い時とも言えそうです。

一方で、情報技術セクターは大きくランクダウンしています。半導体の低迷とメガテックの足踏みが影響したようです。

先月との大きな違い

・エネルギーと公益事業がジャンプアップ
・情報技術セクターの上昇が鈍化
・不動産セクターは相変わらず軟調

【年初来】セクター別パフォーマンス

年初来(2024年1月~4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

年初来では9セクターがプラス2セクターがマイナスとなった相場でした。

リッヒ
リッヒ

S&P500は+5.57%の上昇やったな

こちらもエネルギーと公益事業がランクを上げています。ほとんどのセクターがその上昇幅を縮小しているのに対して、公益事業だけが上げ幅を拡大させています。

また、通信セクターは4月の軟調相場を受けても、前月に続けて2桁リターンをキープしています。

先月との大きな違い

・エネルギーと公益事業がランクアップ
・通信セクターが2ヶ月連続で2桁をキープ
・不動産と素材セクターは相変わらず軟調

【6ヶ月】セクター別パフォーマンス

もう少し期間を延ばして、直近6ヶ月(2023年11月~2024年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近6ヶ月では11セクターすべてがプラスとなった相場でした。

ここ
ここ

S&P500は+20.07%の上昇だったわ!

情報技術通信資本財金融セクターがS&P500をアウトパフォームしています。

トップの情報技術は変わりませんが、2位の通信との差はわずかとなりました。

一方で、素材不動産セクターは上げ幅を縮小していますが、エネルギーや公益事業はパフォーマンスを向上させています。

リッヒ
リッヒ

今年もやっぱり情報技術やな

先月との大きな違い

・情報技術のパフォーマンスが鈍化
・通信セクターのリターンが急増
・公益事業とエネルギーは大きく反転

【1年】セクター別パフォーマンス

さらに遡って、直近1年間(2023年5月~2024年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近1年では11セクターのうち8セクターがプラス3セクターのみがマイナスとなっています。

リッヒ
リッヒ

S&P500は+20.77%の上昇やった

S&P500のリターンを上回ったのは3セクターだけでしたが、全てのセクターで1年リターンは減少しています。

それでも情報技術通信セクターは30%を超える大きな上昇を見せていますね。

一方で、不動産公益事業生活必需品セクターはマイナスリターンで、堅調な米国市場の足枷となっています。

盲目に指数を買い続けるのでも良いですが、S&P500全体を買うというのはこのようにパフォーマンスの悪いセクターも含んでいることも覚えておきましょう。

先月との大きな違い

・情報技術と通信セクターが群を抜いたパフォーマンス
・8セクターで指数を下回る
・トレンドを把握すれば指数を上回るリターンが狙える

おすすめのセクターETF11銘柄とリターン比較

セクター別のパフォーマンス比較するのに、各セクターの代表的なETFで比較したいと思います。

筆者の独断と偏見でおすすめのセクターETFを紹介していきます。

おすすめのセクターETF11銘柄

おすすめのセクターETFは以下の11銘柄ですが、直近1ヶ月と1年のリターンと共に紹介していきます。

ここ
ここ

購入を推奨するものではないから
投資するなら自己責任よ!

セクター名おすすめETF1ヶ月リターン1年リターン
情報技術セクターVGT▲5.84%+28.58%
ヘルスケアセクターVHT4.53%+3.54%
一般消費財セクターVCR4.69%+21.09%
通信セクターXLC5.38%+30.01%
金融セクターVFH3.81%+23.18%
資本財セクターXLI2.78%+20.87%
生活必需品セクターVDC0.81%±0%
公益事業セクターVPU2.16%▲3.42%
素材セクターXLB4.36%+10.09%
不動産セクターXLRE6.82%▲3.24%
エネルギーセクターXLE1.67%+11.11%
引用:Google finance
リッヒ
リッヒ

4月はボロボロのリターンやったな

1年リターンを眺めると11セクターのうち下落は2セクターのみで、上昇した8セクターのうち7セクターは2桁の上昇をしています。

一方で、4月単月で見るとすべてのセクターが下落しており、5%を超えるマイナスとなったセクターまでありました。

ここ
ここ

不動産、情報技術、通信が弱かったわ!

ちなみにVOOの同期間の1ヶ月リターンは▲3.88%の下落、1年リターンは+20.86%の上昇でした。

リッヒ
リッヒ

VOOの1年リターンを
超えたのは5セクターやな

こちらのセクター別おすすめETFは『まとめ記事』がありますので、リンクを貼っておきます。

米国株セクターETFまとめ記事はこちら

米国株4月のセクター別パフォーマンス まとめ

まとめ

◎米国株は大きく11セクターに分類される
・切り取る時期によって上昇セクターが異なる
・セクターによってボラティリティの大きさが異なる
・経済状況によって上昇セクターが変わる
◎2024年に上昇が期待されるセクターは
・エネルギーと公益事業セクターが台頭
・通信と資本財セクターもアップトレンド
・情報技術とヘルスケアのパフォーマンスが鈍化
・トレンドを把握すれば指数を上回るリターンが狙える

2024年4月は下落に転じた米国市場ですが、今後すぐに回復できるとは限りません。

今年はどこかで大きな調整があるかも知れませんから、資金の一部は好調なセクターに置いておくという選択肢もありますね。

セクターパフォーマンスを把握するためにもmoomooアプリをダウンロードしておきましょう。

moomoo証券

本記事の予想は、過去に見る一般論と筆者の独断によるものですので、投資は自己責任、自己判断でお願いします。

当ブログの『米国ETFまとめ記事』はこちら

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

売りから入れるCFD取引をはじめるなら取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)