『カウンター狙いの割安セクターはどれ?』2022年8月米国株セクター別パフォーマンス

この記事でわかること

・米国株を大きく分類する11のセクター
・期間ごとのセクター別パフォーマンス
・おすすめのセクターETF
・カウンター狙いができる割安セクター

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
割安セクターを探している
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

8月に入り回復の兆候を見せていた米国市場は、下落をはじめるとジャクソンホール会合で急落しました。

FOMCを無事に通過してくれることを願っていたのですが、そう簡単にはいかないようです。

とはいえ、年初来からのリターンは▲15%程度とまだ暴落と呼べる水準ではありません。

円安フィルターのおかげで円ベースでは大きな損失になっていない人でも、これから円高に向かうかも知れないと思うと、少しでもパフォーマンスの良い商品に投資しておきたいところです。

そこで今回の記事では、『カウンター狙いの割安セクターはどれ?』2022年8月米国株セクター別パフォーマンスを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【2022年8月】米国株セクター別パフォーマンス

米国に上場する5,000以上の株を大きく分類すると、11セクターに分かれます。

11種類のセクター

・情報技術(Information Technology)
・ヘルスケア(Healthcare)
・一般消費財(Consumer Cyclical)
・通信(Communication Services)
・金融(Financial)
・資本財(Industrials)
・生活必需品(Consumer Defensive)
・公益事業(Utilities)
・素材(Materials)
・不動産(Real Estate)
・エネルギー(Energy)

それぞれのセクターが、どのようなパフォーマンスを出しているのかを確認していきましょう。

【1ヶ月(8月)】セクター別パフォーマンス

直近1ヶ月(2022年8月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近1ヶ月は11セクターのうち6セクターがプラス5セクターがマイナスとなった相場でした。

リッヒ
リッヒ

S&P500は▲0.2%程度の下落やったな

特に強かったのがエネルギーセクター+8.2%と急騰しています。

中でもCOP(コノコフィリップス)+19.2%も上昇しており、S&P500銘柄の中でもトップクラスのパフォーマンスを見せています。

他にもバフェット銘柄のOXY(オキシデンタルペトロリウム)+17.4%の上昇をしているなど、まだまだエネルギーセクターが強いことを示唆しています。

リッヒ
リッヒ

6月にはガタ落ちしたエネルギーセクターやけど
7,8月には大きく反転しとるな

また、セクターパフォーマンス上位には素材セクター、公益事業セクターなど、価格転嫁しやすいセクターの上昇が目立っていました。

一方で、大きなマイナスとなったヘルスケアセクターですが、不景気に強いディフェンシブセクターと考えられている割に、そのパフォーマンスは揮いませんでした。

ここ
ここ

夏の上昇トレンドにも乗れてないわね!

【3ヶ月(2022年6月~2022年8月)】セクター別パフォーマンス

直近3ヶ月(2022年6月~8月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

11セクターのうち5セクターがプラス6セクターがマイナスでした。

こちらは一般消費財セクターがもっともパフォーマンスが良く、テスラ+22.1%アマゾン+17.7%上昇が牽引しています。

情報技術セクターや資本財セクターもなんとかプラスを保っています。

一方で、通信セクターは▲10%も下落しており、大手通信キャリアのVZ(ベライゾン)やT(AT&T)が▲15%以上も下落していることや、CMCSA(コムキャスト)▲16.6%やWBD(ワーナーブラザーズ)▲26.8%などの映像配信サービスが2桁下落していることが要因です。

また、3ヶ月のパフォーマンスで見るとエネルギーセクターがマイナスなのが不思議ですね。

ここ
ここ

S&P500のリターンは±0だったわね!

【6ヶ月(2022年3月~2022年8月)】セクター別パフォーマンス

直近6ヶ月(2022年3月~8月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

11セクターのうち2セクターがプラス9セクターがマイナスとなる相場でした。

ここ
ここ

S&P500のリターンは▲7.4%だったわ!

ここでもエネルギーセクターがプラスをキープしています。

地味に公益事業セクターが2桁上昇しているのは意外でしたね。

一方で、4セクターが2桁マイナスとなっており、ここでも通信セクターは▲19.3%とワーストでした。

【年初来(2022年1月~2022年8月)】セクター別パフォーマンス

次に、2022年1月から2022年8月までの年初来のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

11セクターのうち2クターがプラス9セクターがマイナスとなっています。

ここでもやはりエネルギーセクター+35.8%と大きなプラスとなっています。

残りほとんどのセクターはマイナスリターンとなっていますが、特に▲20%を超える急落をしているセクターがあります。

通信セクターや情報技術セクター、一般消費財セクターなどは上昇相場で効率の良いパフォーマンスを見せるセクターのため、下落相場に弱い一面を持ち合わせています。

ここ
ここ

S&P500のリターンは▲14.6%だったわ!

【1年(2021年9月~2022年8月)】セクター別パフォーマンス

さらに遡って、2021年9月から2022年8月までの1年間のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

上位2セクター以外はマイナスとなっていますが、こちらでもエネルギーセクターのプラスが群を抜いていることがわかります。

一方で、通信、一般消費財、情報技術セクターは▲20%を超えるマイナスとなっていますが、通信セクターはどうしちゃったんでしょうかね。

リッヒ
リッヒ

S&P500指数は▲9.2%ほど下落しとるな

おすすめのセクターETF11銘柄とチャート比較

セクター別のパフォーマンス比較するのに、各セクターの代表的なETFで比較したいと思います。

筆者の独断と偏見で、おすすめのセクターETFを紹介していきます。

おすすめのセクターETF11銘柄

おすすめのセクターETFは以下の11銘柄です。直近1年のリターンと共に紹介していきます。

ここ
ここ

購入を推奨するものではないから
投資するなら自己責任よ!

セクター名おすすめETF1年リターン
情報技術セクターVGT-15.92%
ヘルスケアセクターVHT-9.94%
一般消費財セクターVCR-17.60%
通信セクターXLC-35.33%
金融セクターVFH-12.36
資本財セクターXLI-8.85%
生活必需品セクターVDC+2.61
公益事業セクターVPU+10.63%
素材セクターXLB-8.96%
不動産セクターXLRE-9.32%
エネルギーセクターXLE70.00%
引用:Google
リッヒ
リッヒ

セクターによって
こんなにリターンの差があるんやな

エネルギーセクターETFのXLEは、6月には1年リターンが+33%まで減少していたのですが、8月には+70%まで上昇しています。

マイナスのセクターが多い中で、生活必需品セクターのVDCと公益事業セクターのVPUはプラスのリターンを出しており、インフレや景気後退局面に強いパフォーマンスを見せています。

ここ
ここ

ちなみにS&P500の1年リターンは▲9.2%よ!

こちらのセクター別おすすめETFは『まとめ記事』がありますので、リンクを貼っておきます。

米国株セクターETFまとめ記事はこちら

セクターETF比較チャート

おすすめのセクターETFの直近1年の比較チャートを見ていきます。

リッヒ
リッヒ

わかりにくいわ!

ここ
ここ

エネルギーセクターだけが
別次元の値動きをしているわね!

次に直近1ヶ月の比較チャートを見ていきます。

ここ
ここ

おおむね上昇傾向にあるわね!

直近1ヶ月でもっともパフォーマンスが良いのがエネルギーセクターETFのXLEで+10.22%で、次にパフォーマンスが良かったのは公益事業セクターETFのVPUで+3.06%の上昇でした。

その他のセクターETFも全てが上昇する1ヶ月となりましたが、ヘルスケアセクターETFのVHTや不動産セクターETFのXLRE、通信セクターETFのXLCなどは5%未満のリターンでS&P500指数の+7%を下回る結果となりました。

セクター名おすすめETF1ヶ月リターン
情報技術セクターVGT▲0.90%
ヘルスケアセクターVHT▲3.79%
一般消費財セクターVCR+2.04%
通信セクターXLC▲2.09%
金融セクターVFH+1.49%
資本財セクターXLI+1.93%
生活必需品セクターVDC▲0.37%
公益事業セクターVPU+3.06%
素材セクターXLB+1.39%
不動産セクターXLRE▲2.69%
エネルギーセクターXLE+10.22%
引用:Google
ここ
ここ

YahooとGoooleで多少株価が
異なるけど気にしないのよ!

エネルギーセクターのみ2桁リターンを叩き出していますが、原油価格がウクライナ侵攻前の水準に下がっているのにセクターパフォーマンスは良好です。

需要は高いままで供給はひっ迫する状況が続きますので、ここからさらに上昇する公算が高いようです。

リッヒ
リッヒ

原油価格はもう一段階高くなるやろ

米国株8月のセクター別パフォーマンス まとめ

米国株8月のセクター別パフォーマンスをまとめます。

まとめ

◎米国株は大きく11セクターに分類される
・切り取る時期によって上昇セクターが異なる
・直近の上昇セクターはエネルギーセクター
・セクターによってボラティリティの大きさが異なる
・経済状況によって上昇セクターが変わる
◎カウンター狙いの割安セクターは
・エネルギーセクターはもう一段上を狙える
・これまで大きく下げてきているセクターは
通信セクター一般消費財セクター

カウンター狙いの大きな上昇を取りたいと考えるのであれば、直近1年でもっとも下落してきた通信セクターが狙い目でしょう。

とはいえ、下落相場が終わった断言するのもリスクがありますし、リセッション懸念がなくなったワケでもありません。

どのセクターが上昇するのかは、プロの投資家にも予想することは難しいと言われています。

本記事の予想は、過去に見る一般論と筆者の独断によるものですので、投資は自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

当ブログの『米国ETFまとめ記事』はこちら

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの記事も読めます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました