レバレッジETFってなに?人気の米国ETF『レバレッジのすすめ』

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・市場より大きなリターンが欲しい
・レバレッジETFについて詳しく知りたい
・どんなレバレッジETFがあるのか知りたい
・レバレッジETFに向いている人を知りたい
・レバレッジETFに投資するに値するか知りたい

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(みなさんの力でランキング押し上げて下さい!)

ここ
ここ

こんにちは!レバレッジETFも
視野に入れている『ここ屋』よ!

レバレッジETFと聞いて『リスクが大きいからやめた方がいい』と思った投資家のみなさん、正解です。

レバレッジETFとは通常のETFと比べて値動きが大きく、時には予想もしない大きな暴落に見まわれてしまう恐れがあります。

しかし、リスクの大きさはリターンの大きさと比例し、好調な経済下では凄まじいリターンを叩き出します。

多くの投資家は、この『レバレッジETF』に対して否定的であり、おすすめはしていませんが、当ブログの筆者もおすすめはしません。

ただし、投資スタイルは個人のリスク許容度によるところが大きく、何人も他人のポートフォリオに文句をつけることはできないことも事実です。

何ごとも理解せずして手を出せば思いもよらぬ大ケガをしてしまうかも知れませんが、対象を理解し自分と向き合うことで受け入れることができるかも知れません。

そこで今回の記事では、『レバレッジETFのすすめ』と題して、米国のレバレッジETFについて解説していきたいと思います。

レバレッジETFとは

レバレッジETFとは原指数(S&P500やダウ平均など)の日々の変動率に一定の倍数を乗じて算出されるレバレッジ指数に連動するETFです。

一定の倍数とは代表的には2倍3倍などがあり、倍数が大きくなるほどリスクも大きく、それに見合ってリターンも大きくなります。

リッヒ
リッヒ

なんだか危険な匂いがするな

どんなレバレッジETFがあるの?

どんなレバレッジETFがあるのか、代表的なものをいくつか紹介していきます。

代表的なレバレッジETF

・SPXL
・TQQQ
・TNA
・SOXL
・TECL
・CURE
・WEBL

他にもエネルギー、金鉱株、金融、新興国、国債の価格の3倍に連動するレバレッジETFもあります。

インバース型のレバレッジETFについても少し説明しておきますと、インバース型とは通常のブル型(値上がりを期待する指数)とは逆のベア型(値下がりを期待する指数)のETFで、価格が値下がりすると指数が上昇するといった下落相場で利益を出す商品です。

何の指数に連動してるの?

先ほど例にあげたレバレッジETFが何に連動しているかと、それに対するインバース型のETFを見ていきます。

SPXL

デイリーS&P500 ブル3倍
(ベア3倍はSPXS)
SPXLについて詳しくはこちら

TQQQ

デイリーNASDAQ100 ブル3倍
(ベア3倍はSQQQ)

残念ながら今のところTQQQは、代表的な日本のネット証券では購入することができません
(SBI証券、楽天証券、マネックス証券など)

購入したいのであれば、IG証券サクソバンク証券などの口座開設を検討してみて下さい。

TNA

デイリー米国小型株 ブル3倍
(ベア3倍はTZA)

SOXL

デイリー半導体株 ブル3倍
(ベア3倍はSOXS)
SOXLについて詳しくはこちら

TECL

デイリーテクノロジー株 ブル3倍
(ベア3倍はTECS)
TECLについて詳しくはこちら

CURE

デイリーヘルスケア株 ブル3倍
(ベア3倍はナシ)
CUREについて詳しくはこちら

WEBL

デイリーインターネット株 ブル3倍
(ベア3倍はWEBS)
WEBLについて詳しくはこちら

レバレッジETFの概要

それぞれのレバレッジETFの概要について簡単に触れていきます。

ティッカーSPXLTQQQTNASOXLTECLCUREWEBL
運用会社Direxion SharesProShares TrustDirexion SharesDirexion SharesDirexion SharesDirexion SharesDirexion Shares
設立日2008/11/052010/02/112008/11/052010/03/112008/12/172011/06/152019/11/07
純資産額25.81億ドル128.5億ドル15.53億ドル43.24億ドル24.47億ドル1.76億ドル0.89億ドル
経費率0.95%0.95%0.95%0.95%0.95%0.95%0.95%
配当金0.15%
引用:Bioomberg

運用会社はDirexion Sharesのものが多く、経費も0.95%の商品ばかりです。

普段見ている経費よりは高めに設定されていますが、レバレッジETFの経費はこんなものです。

配当金に関しては、ほとんどがありません。

レバレッジETFの過去リターン

レバレッジETFの過去リターンを確認していきます。

ティッカーSPXLTQQQTNASOXLTECLCUREWEBL
年初来
リターン
53.39%39.41%46.88%39.36%42.99%43.12%20.12%
1年
リターン
156.67%145.37%260.83%247.60%145.77%93.67%56.54%
3年
リターン
36.29%63.15%5.38%65.93%62.36%34.60%
5年
リターン
39.65%73.13%25.29%91.22%74.16%28.35%
引用:Bioomberg

どれも目覚ましいリターンを叩き出していますが、それだけリスクが高いことを肝に銘じておきましょう。

レバレッジETFと1倍銘柄とのチャート比較

growthchart

それぞれの3倍レバレッジETFと1倍の銘柄とのチャート比較を見ていきます。

SPXLとS&P500のチャート比較

SPXLとS&P500の直近5年チャート比較です。

S&P500も100%以上のリターンと素晴らしい実績ですが、SPXLは3倍どころか4倍のリターンが出ています。

TQQQとQQQのチャート比較

次にTQQQとQQQの直近5年比較チャートです。

QQQが230%なのに対してTQQQは1,340%と、もはや規格外です。

TNAとVTWOのチャート比較

続けてTNAとVTWO(ラッセル2000)の比較チャートです。

小型株がコロナショックで大きくやられていることが見て取れますが、それにしても200%以上のリターンを出しています。

SOXLとSMHのチャート比較

次にSOXLと半導体ETFのSMHのチャート比較です。

半導体ETFが330%なのに対して、SOXLは2,100%と詐欺案件レベルです。

近年の半導体需要の高さがチャートに表れていますが、今後も半導体セクターの好調が続くかは疑問視されています。

TECLとIXNのチャート比較

続けてテクノロジーETFのTECLとIXNのチャート比較です。

近年好調のテックの250%を大きくアウトパフォームする1,480%です。

CUREとVTHのチャート比較

次にヘルスケアセクターのCUREとVHTの比較です。

こちらはVHTが90%なのに対して3倍レバレッジETFのCUREが220%と、3倍に届いていません。

WEBLとDJINETのチャート比較

最後にインターネットETFのWEBLと指数のDJINETとの比較です。

と言いたいところなんですが、どうしても指数との比較チャートが作れなかったので、WEBLのみのチャートになります。

設定日から2年しか経過していませんが、コロナバブルの波に乗って右肩上がりのチャートパターンをしています。

レバレッジETFの注意点

レバレッジETFの注意点についても少し触れておきます。

レバレッジETFの注意点

・日次基準価格の値動きが指数の3倍
・上昇下落を繰り返すBOX相場に弱い
・高値掴みしてしまうと回復までに時間がかかる
・大暴落にはめっぽう弱い

日次基準価格の値動きが指数の3倍

レバレッジETFの値動きは、通常の1倍銘柄の年次リターンの3倍になっていなかったことは、先ほどのチャートで確認できたと思います。

これは、レバレッジETFの値動きが『日次基準価格の値動きが指数の3倍』のパフォーマンスだからです。

S&P500とSPXLで例えてみると、4日連続1%の上昇をした時のレバレッジETFの値動きを確認すると

S&P500が連日1%上昇した時

・S&P500を100ドル購入して
4日間連続1%上昇した場合
1%x1%x1%x1%
100(x1.01)→101(X1.01)→102.01(x1.01)→103.03(x1.01)→104.06

・SPXLを100ドル購入して
4日間連続S&P500が1%上昇した場合
3%x3%x3%x3%
100(x1.03)→103(x1.03)→106.09(x1.03)→109.27(x1.03)→112.55

S&P500は単純に4%上昇ではなく、104.06になりました。
一方、SPXLは12%上昇ではなく、112.55になりました。

4日連続1%の下落をしたときは、値をマイナスにすることで理解できます。

レバレッジETFは上昇下落を繰り返すBOX相場に弱い

今度は、S&P500が1%の上昇と下落を繰り返した場合は、どうなるでしょうか。

S&P500が1%上昇・下落した時

・S&P500を100ドル購入して
4日間1%上昇・下落を繰り返した場合
1%x(ー1%)x1%x(ー1%)
100(x1.01)→101(X0.99)→99.99(x1.01)→100.99(x0.99)→99.98

・SPXLを100ドル購入して
4日間連続S&P500が1%上昇・下落を繰り返した場合
3%x(-3%)x3%x(-3%)
100(x1.03)→103(x0.97)→99.91(x1.03)→102.91(x0.97)→99.82

S&P500が99.98に対してSPXLは99.82になりました。

微々たる差に見えるかも知れませんが、たったの4日間でこの差ですから、1年365日、3年、5年と続いたらどうでしょう?

レバレッジETFがBOX相場に弱いことが露呈されましたね。

高値掴みしてしまうと回復までに時間がかかる

レバレッジETFはその特性上、下落時には大きく価格を下げてしまいます。

そのため、高値掴みしてしまうと株価を回復するまでに長い時間を要します。

例えばSOXLで見てみると、2018年3月に購入した場合など、元の価格に戻るまで2年近くの時間をを要した上に、コロナショックを受けて再び価格を落としています。

このようにボラティリティの高い銘柄は、長期投資には向いていないかも知れませんね。

レバレッジETFは大暴落にはめっぽう弱い

これは言わなくとも理解できると思いますが、ただでさえ大暴落時にはほとんどの銘柄が大きく値を下げるのですから、3倍レバレッジのかかった銘柄であれば、加速的な下落をしてしまいます。

SOXLなど、コロナショックでは1ヶ月で80%もの大暴落をしました。

レバレッジETFは投資するに値するか

ここまでレバレッジETFの高いリターンについて解説してきましたが、再三言っているようにリスクの高い商品であることに間違いありません。

多くの投資家がレバレッジETFをすすめていないのは、レバレッジETFのリスクに見合ったリスク許容度の投資家が少ないことがあげられます。

では、レバレッジETFが向いている人と、反対に向いていない人とはどのような人でしょうか?

レバレッジETFが向いている人

レバレッジETFが向いている人は、リスク許容度の大きな人で、特に若者に代表されるように資産を最大限に大きくしたい代わりに大きなリスクを取れる人です。

最悪無くなってしまっても仕方ないくらいに考えられないと、レバレッジETFに投資するのは厳しいでしょう。

リッヒ
リッヒ

元本割れどころか80%の含み損とかに
耐えられる強靭な精神が必要や

レバレッジETFが向いていない人

レバレッジETFが向いていない人は、コツコツと積立て投資などをしていて、なるべく元本割れをしたくない人や、すでに今後の収入期間が短く暴落時に致命的な損失を出したくない人などです。

大きな資産を保有している人で、それほど資産を大きくする必要のない人や、年配の投資家などには向いていないと言えるでしょう。

それでも投資したいのなら

それでも投資したいのなら、コア・サテライト戦略のサテライト部分で運用するのが良いと考えます。

サテライトでは、その割合を抑制した上で、コアの市場平均を上回るパフォーマンスを狙うには、レバレッジETFを活用してもいいかも知れません。

コア・サテライト戦略について詳しくはこちら

レバレッジETFまとめ

レバレッジETFをまとめていきます。

まとめ

◎レバレッジETFとは原子数の日々の変動率に一定の倍数を乗じて算出されるレバレッジ指数に連動するETF
・レバレッジには2倍3倍がある
インバース型のレバレッジETFとは通常のブル型(値上がりを期待する指数)とは逆のベア型(値下がりを期待する指数)のETF
◎代表的な銘柄としてSPXL、TQQQ、TNA、SOXL、TECL、CUREなどがある
◎レバレッジETFは通常よりも大きなリターンが望めるが、その分リスクも大きい
・BOX相場に弱い
・暴落相場にはめっぽう弱い
◎レバレッジETFが向いている人はリスク許容度の大きな人
◎レバレッジETFを運用するならコア・サテライト戦略がおすすめ

冒頭でも記述した通り、レバレッジETFは万人にはおすすめしません。

しかし、そのリスクを理解した上で投資する分であれば、大きなパフォーマンスが期待できることは確かです。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

レバレッジETFの購入履歴についてはこちら

米国ETFに興味がある人は、まとめ記事がありますので参考にしてみて下さい。

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました