【2022年10月】9,740万円のポートフォリオ公開『米国ETF・個別株・投資信託』

ポートフォリオ
スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・他の投資家のポートフォリオを見たい
・どんな銘柄を購入しているのかを知りたい
・現在の相場に合ったポートフォリオを知りたい

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
10月には少し資産を回復させた
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

10月の米国市場は消費者物価指数(CPI)の発表を境に上昇に転じました。

為替に関しては日本政府の介入により、円安トレンドは1ドル150円を天井に一旦の踊り場となりました。

円安のおかげで日本円ベースの投資資産は目減りしていないように見える人も多いかも知れませんが、ドルベースでは含み損を抱えている米国株投資家は多いのではないでしょうか?

このまま米国株に投資していていいのかと悩んでいる人のために、筆者のポートフォリオを公開してみなさんの参考になればと考えています。

そこで今回の記事では、筆者のアセットアロケーションと2022年10月のポートフォリオ公開をしていきたいと思います。

リッヒ
リッヒ

総資産1億円にはいつ届くのやら

スポンサーリンク

2022年10月のアセットアロケーション公開

2022年10月のアセットアロケーションを公開していきます。

10月には市場が少し回復しましたが、投資資産はまだ円安に救われている状況です。

現在の筆者の総資産は9,740万円で、前月比で680万円ほど増加しました。

この1ヶ月での米国市場は+8%ほど上昇しましたが、この先もまだ不安定な相場は続きそうですね。

このところ円安を背景にドル転を躊躇してしまい追加投資できない状況ですが、まだまだ筆者のアセットアロケーションは改善の余地がありそうです。

改善すべき点

・キャッシュポジションが低い
・コア資産が少ない
ハイテク株が多すぎる

筆者が保有しているETFや個別株、投資信託など、ほとんどの投資先は米国株ですが、現在は地域分散に関しては考えていないため、今後も全力米国株投資を継続したいと考えています。

リッヒ
リッヒ

これからも当分は米国株やろ

また、これには表現できていませんが、コア・サテライト戦略のコアに当たる部分がまだ不足しているため、今後もコア部分の強化に努めたいと思っています。

現在のコア・サテライト比率

・コア…約67%
・サテライト…約33%

ここ
ここ

コア80%までは欲しいわね!

コア・サテライト戦略について詳しくはこちら

一時的には上昇が垣間見える米国市場ですが、まだまだ下落トレンドが転換するかどうかわかりませんので、もう少しキャッシュポジションを高めようと思っています。

現在の現金比率

・投資資産…83.7%
・安全資産…6.2%
・現金比率…10.1%

リッヒ
リッヒ

キャッシュ増やしたのに株価も上がったから
現金比率は変わらんかったな

ここ
ここ

今の相場ならキャッシュ20%
くらいまで上げてもいいわね!

また、歴史的な円安が続く為替市場ですが、日本円しか保有していない人とドル資産を持ち合わせている人の格差を拡大することとなりました。

筆者は日本円と米ドルにしか分散できていませんが、それでも比率はほぼ半々のためドル高の恩恵を享受することができています。

現在の通貨比率

・日本円比率…47.9%
・米ドル比率…50.3%
・暗号資産比率…1.8%

と言っても、日本円資産の大半は米国株に連動する投資信託で『為替ヘッジなし』の商品のため、為替が円高に振れると一気に総資産は目減りしてしまうのですけどね。

\\2022年10月の売買記録はこちら//

スポンサーリンク

2022年10月のポートフォリオ公開

2022年10月のポートフォリオを公開しますが、全てのポートフォリオを一挙に表現すると、割合の小さなものがわかりづらくなってしまうので、アセットアロケーションの『米国ETF』『米国株』『投資信託』の3つに分けてポートフォリオを公開していきます。

米国ETFのポートフォリオ公開

まずは、米国ETFのポートフォリオを公開していきます。

グロース系ETFの伸びがイマイチだったのに対して、エネルギーETFのXLEは大きく株価を上昇させたために、XLEの比率が大きくなっています。

そもそも米国ETFって何?』と思った人は、こちらの記事で詳しく解説しています。

米国ETFについて詳しくはこちら

米国ETFは全体の3分の1を占めるアセットですので、割合としては大きい部分になります。

VUGVONGはどちらも大型グロースETFですが、その割合は58%以上あり少しリスクを取りすぎな状況ですが、まだまだ資産を増大させるためにリスクを大きめにとっています。

ここ
ここ

グロースETFもコア運用のつもりよ!

VUG・VONG
大型グロースETFについて詳しくはこちら

VOO
S&P500について詳しくはこちら

VOO(S&P500)は2020年度NISA口座での購入をしましたが、その後S&P500への投資は投資信託に切り替えてコアを作成中です。

XLE
エネルギーETFについて詳しくはこちら

今年に入り大きく上昇していたエネルギーセクターETFのXLEも8月には急落しましたが、10月には再び大きく上昇しました。そろそろセクターETFの切り替えも検討していますが、もう少し原油需要は高いと判断しています。

その他のETFの特徴を知りたい人は、こちらの記事で詳しく解説しています。

VTWO
小型グロースETFについて詳しくはこちら

VIG
増配株ETFについて詳しくはこちら

【SPXL・TECL・CURE】
レバレッジETFについて詳しくはこちら

ちなみに金(ゴールド)については売却してしまいましたが、ゴールド資産は実際の金を保有やコモディティへの投資をしていたわけではなく、金価格に連動するゴールドETFに投資していました。

【GLDM】
ゴールドETFについて詳しくはこちら

米国個別株のポートフォリオ公開

次に、米国個別株のポートフォリオを公開していきます。

LLY(イーライ・リリー)が1銘柄追加されたことと、GAFAMやNVDA(エヌビディア)の株価が下落してエネルギー銘柄のCVX(シェブロン)とCLR(コンチネンタル・リソーシズ)、TSLA(テスラ)の株価が上昇したため比率が変化しています。

筆者は大きなリターンを狙うべくサテライト戦略でIPO銘柄を中心に保有してきましたが、逆金融相場に移る中で思うようなリターンを出せないと判断して、その規模を縮小しました。

決算ミスした銘柄や、大きな含み損を抱えた銘柄に関しては売却を行いましたが、売却銘柄などはこちらの記事を参考にしてください。

先月からは1銘柄増えて11銘柄を保有していますが、株価の変動と共に比率は変化しています。

リッヒ
リッヒ

買い増しを検討している銘柄もあるで

投資信託のポートフォリオ公開

最後に、投資信託のポートフォリオを公開していきますが、こちらは主に投資のコアに該当するインデックス投資に利用しています。

米国市場は上昇しましたがナスダックの上昇が限定的だったので、eMAXIS nasdaq100の比率が縮小しました。

投資信託を利用している理由については、以下の通りです。

投資信託を選んだ理由

・長期投資には配当金再投資のできる投資信託の方が有利だから

・定額の積立投資ならドルコスト平均法を利用できるから

・つみたてNISAの投資対象として

低コストで運用するためには米国ETFの方が有利ですが、実は購入手数料配当金への課税為替手数料などを考慮すると、長期投資では投資信託の方が有利になるとのデータもあります。

投資信託を選んだ理由について詳しくはこちら

また、コア・サテライト戦略のコア部分にはS&P500や全米株式、NASDAQ100を選択しましたが、全世界株式に投資することも良い選択肢だと思います。

2021年から販売が開始された『SBI・V・全米株式(VTI)』は、万人におすすめな投資信託だと思います。

SBI・V・全米株式(VTI)について詳しくはこちら

ここ
ここ

運用開始2年目に突入したわね!

ちなみに『つみたてNISA』は楽天証券でeMAXIS Slim全米株式(S&P500)に投資をしています。

しかし、楽天証券は改悪に次ぐ改悪が続いているので、最近はお得なSBI証券に乗り換える人が続出していますね。

リッヒ
リッヒ

SBI証券では三井住友カードがお得や

ここ
ここ

将来的に大きなポイント差がつくわよ!

スポンサーリンク

ポートフォリオの見直しと今後の方針

ポートフォリオの見直しと、今後の方針についてにも記述しておきます。

まずポートフォリオについては、コア・サテライト戦略のコア部分の強化をするために、投資信託にてS&P500とNASDAQ100の割合をもう少し増やしたいと考えています。

特に今年はNASDAQ100が弱い状況ですので、下落しているうちにNASDAQ100の買い増しを検討しています。

ここ
ここ

下落している今がチャンスよ!

同時に、サテライト銘柄(個別株)の整理と、ETFリスクの低減を計る予定です。

リッヒ
リッヒ

サテライト運用では痛い目を見たからな

今年の米国市場は軟調な相場ですが、こんな時こそコツコツと積立投資を継続したいと考えています。

また、11月にも重要な経済指数の発表も多く決算シーズンも続くので、もし相場が下落した時のために買い増しする銘柄を模索しています。

スポンサーリンク

ポートフォリオ公開 まとめ

ポートフォリオ公開記事をまとめていきます。

まず、現在のポートフォリオでは自分のリスク許容度に見合っていな部分があるため、各アセット(米国ETF・個別株・投資信託)の見直しを考えています。

ポートフォリオ見直し点

・コア資産の強化(インデックス投資の拡大)
・ETFリスクの低減
・長期保有できる個別株の購入

筆者のポートフォリオはハイテク株を多く含んでいたため、昨年末からの米国市場の下落にともない総資産はピークから1,000万円近く減少した場面もありました。

先月からは多少回復していますが、下落相場でも狼狽することなく積立投資を継続しています。

長期的に相場が反転する時には、現在のような株価が安い時に購入できれば大きなリターンを得ることができます。

資産形成は初めが肝心ですから、間違った手法をとってしまうと取り返しのつかない状況を招きかねません。

みなさんも自分の投資目的を明確にし、自分のリスク許容度の範囲内で正しい手段を選択してください。

今後もポートフォリオの公開と共に、資産状況も報告していきたいと思います。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

先月の資産公開記事はこちらです

今回の記事が良かったと思ったら⇩クリックしていただけると励みになります。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました