【米国株テンバガー候補は売るな】7月は驚愕の爆上げパフォーマンス!

こんな人におすすめな記事

・2022年の米国株テンバガー候補を知りたい
・テンバガー候補の実績を見たい
・今後の米国株の展望を知りたい

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
テンバガー候補を売却して後悔している
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

2022年の軟調なスタートを切った米国市場は、7月には大きくリバウンドしました。

特に下落が大きかったハイパーグロース株に関しては、反転上昇の幅も大きく『爆上げ』している銘柄もあります。

当ブログでも昨年から追いかけてきた銘柄があり、筆者自身もテンバガー候補銘柄を保有して運用実績を公開してきました。

しかし、6月に大きく下落したところで狼狽売りしてしまい、7月の大幅リターンを取り逃がす結果となってしまいました。

株式投資でテンバガーを達成するためには握力強くホールドすることが必要だということを身をもって体験しました。

ほぼ大底で売却してしまったテンバガー候補について、その後のパフォーマンスを見ていきたいと思い記事を作成しました。

これからテンバガーを取りたいと思っている人には参考になると思いますので、最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

【2022年】米国株有望テンバガー候補10銘柄

【2022年】米国株有望テンバガー候補10銘柄を公開していきますが、実際に購入している銘柄の詳細については過去記事を参照してください。

【米国株テンバガー候補】購入履歴Vol.1

【米国株テンバガー候補】購入履歴Vol.2

【米国株テンバガー候補】コインベース徹底解説

【米国株テンバガー候補】マルケタ徹底解説

【米国株テンバガー候補】ドクシミティー徹底解説

【米国株テンバガー候補】CSディスコ徹底解説

【米国株テンバガー候補】リビアン徹底解説

【米国株テンバガー候補】データドッグ徹底解説

まずは、テンバガー候補10銘柄の簡単な紹介をして、その後に株価パフォーマンスを解説していきます。

リッヒ
リッヒ

企業概要を知っている人は
記事の下の方までジャンプしてや

【2022年】米国株有望テンバガー候補10銘柄紹介

2022年米国株テンバガー候補の10銘柄は以下となります。

【テンバガー候補10銘柄】
・CRWD(クラウドストライク)
・U(ユニティ)
・AFRM(アファーム)
・NAPA(ザ・ダックホーン・ポートフォリオ)
・COIN(コインベース)
・MQ(マルケタ)
・DOCS(ドクシミティー)
・LAW(CSディスコ)
・RIVN(リビアン)
・DDOG(データドッグ)

すでに売却してしまった銘柄も含めて紹介していきます。

CROWD(クラウドストライク)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-58.png
CRWD概要

クラウドストライク・ホールディングスは米国のサイバーセキュリティテクノロジー持株会社。子会社を通じて、SaaSサブスクリプションベースでサービスを提供。ファルコン(Falcon)・プラットフォームを介して次世代エンドポイント保護、脆弱性管理を含むIT運用、脅威インテリジェンスの活用などを取り扱う。

U(ユニティ)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-45.png
U概要

ユニティ・ソフトウェアは米国のソフトウェア企業。双方向のリアルタイム3Dコンテンツの制作・運用のためのプラットフォームを開発する。携帯電話、タブレット、PC、コンソール、拡張現実・仮想現実デバイス向けの包括的なソフトウェアソリューションを提供。ゲーム開発、映画製作、自動車設計、建築設計、その他の分野で利用される。

AFRM(アファーム)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-37.png
AFRM概要

アファーム・ホールディングスは米国のフィンテック企業。主にオンラインやモバイルでのEコマースにおける後払いサービスを提供する。若年層にユーザーが多く、商品の購入時点で融資を申し込み、後払いや分割払いの支払いを簡潔で透明性のあるプロセスにする。

NAPA(ザ・ダックホーン・ポートフォリオ)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cd12c97fbed95eb2f6b1e85f5338c7a7.png
NAPA概要

ザ・ダックホーン・ポートフォリオは米国のワイン醸造会社高級ワインの生産に従事する。「ダックホーン・ヴィンヤーズ」、「デコイ」、「ゴールデンアイ」、「パラダックス」、「マイグレーション」、「キャンバスバック」、「カレラ」、「コスタ・ブラウン」、「グリーンウィング」、「ポストマーク」などのワインブランドを展開する。オムニチャネルを活用した販売戦略にも注力する。

COIN(コインベース)概要

COIN概要

コインベース・グローバルは、金融テクノロジー企業。主に、ブロックチェーンテクノロジーを使用した暗号資産を活用する金融システムである暗号経済の構築に焦点を当てる。プラットフォームにより、約100か国以上の約4300万人の小売ユーザー、約7000の機関、約115000のエコシステムパートナーが暗号経済に参加できる。小売ユーザー向けに、暗号資産を投資、保管、支出、獲得、使用するための主要な金融口座を提供する。

MQ(マルケタ)概要

MQ概要

MQ(マルケタ)は、2010年に設立された米国のフィンテック企業で、2021年6月9日にIPOしたばかり。マルケタのプラットフォームを利用すると、銀行でない企業でもプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードを発行することができる。2020年の売上高は前年の+103%。今後もデジタル決済は増加する傾向で、参入障壁の高いビジネスモデルのためライバル企業が少ない。

DOCS(ドクシミティー)概要

DOCS概要

DOCS(ドクシミティー)は、 2010年に設立されたサンフランシスコシスコに本社を置くソフトウェアサービス企業で、2021年6月24日にIPOした。 多くの医師が、医療に関する多くの情報を得ることができるプラットフォーム。医師は無料で登録、使用することができドクシミティーはヘルスケア企業から集金するビジネスモデル。

LAW(CSディスコ)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DISCO_logo.png
LAW概要

LAW(CSディスコ)は、弁護士、企業の法務部門、政府機関のための検索エンジンを提供しているSaaS企業です。 2021年7月21日にIPOしたばかりですが、9/2に好決算を出した後に公募増資をしています。

RIVN(リビアン)概要

RIVN概要

RIVN(リビアン)は、電動アドベンチャービークルを開発および製造している電気自動車(EV)メーカーです。5人乗りのピックアップトラックとスポーツユーティリティビークルを提供しており、同社は電動SUVと電動ピックアップ車を提供しています。

DDOG(データドッグ)概要

Synthetics Browser Tests 機能を使ってみた #datadog
DDOG概要

DDOG(データドッグ)は、北米および海外のクラウド内の開発者、情報技術運用チームおよびビジネスユーザーに監視および分析できるSaaSプラットフォーム。 インフラストラクチャモニタリング、アプリケーションパフォーマンスモニタリング、ログ管理、およびセキュリティモニタリングを統合および自動化して、顧客のテクノロジースタックのリアルタイムの可観測性を提供する。

米国株有望テンバガー候補10銘柄パフォーマンス

テンバガー候補10銘柄のこれまでのパフォーマンスと直近1ヶ月のリターンについて解説します。

それでは早速、それぞれのチャート分析パフォーマンスを見ていきましょう。

CROWD(クラウドストライク)

こちらがクラウドストライクの直近1年の日足チャートですが、5月中旬を境に上昇トレンドに転じています。

現在は下値を切り上げながら50日移動平均線の上を推移しており、200日移動平均線を目指す展開です。

ここ
ここ

200日移動平均線まであと4%くらいよ!

クラウドストライクに関しては5月に売却していますが、実は売る気はなかったのですが間違えて(指値売却の方法を間違えて)売却してしまいました。(汗)

リッヒ
リッヒ

しかも$130ってスーパー底値や

直近の5月底値からのリターンは+42.52%と好調なパフォーマンスを見せています。

これまで決算ミスのないCRWDですから、次回の8/30決算も注目したいところです。

U(ユニティ)

ユニティの直近1年の日足チャートを見ると、昨年11月の高値から大きく下落しています。

ここ3ヶ月はレンジ相場のように見えますが、5月の底値からは+64%も上昇しています。

現在は50日移動平均線を上に抜けたところですが、最高値までのアップサイドは320%もある状況です。

直近1ヶ月のリターンは+16.40%と好調ですが、次回8/9の決算発表に注目が集まります。

ここ
ここ

前回決算では株価急落したの!

AFRM(アファーム)

こちらがアファームの直近1年の日足チャートですが、およそ半年に及ぶ下落トレンドから抜けたようにも見えます。

一次は最大で▲90%以上も暴落したアファームの株価は、5月の安値から+130%の上昇を見せています。

直近1ヶ月のアファームの株価は+70.32%といった驚愕のリターンです。

ここ
ここ

最悪のタイミングで売却しちゃったわ!

これまで決算ミスをすることが多かったAFRM(アファーム)ですが、次回8/25の決算はクリアして欲しいですね。

NAPA(ザ・ダックホーン・ポートフォリオ)

こちらがダックホーン・ポートフォリオの直近1年の日足チャートですが、1年近くレンジ相場を形成しています。

現在はサポートラインを試す展開ですが、移動平均線が下を向いていることから今後も厳しい状況が続きそうですね。

直近1ヶ月のリターンは▲9.02%の下落をしています。

リッヒ
リッヒ

グロースの魅力を感じないチャートやな

IPOしてから常に好決算を発表しているNAPAですから、次回10/3の決算も期待したいところです。

COIN(コインベース)

こちらがコインベースの直近1年の日足チャートですが、高値から▲75%近い暴落をしています。

直近1ヶ月では+81.03%の上昇をしていますが、4営業日で+52%と爆上げしています。

話題のIPO銘柄でしたが、長期的な成長を期待したいところです。

リッヒ
リッヒ

3年後くらいには爆上げしてそうや

これまで決算発表ごとに株価を下げてきたコインベースですから、次回8/9の決算発表も心配が残ります。

MQ(マルケタ)

こちらがMQ(マルケタ)の直近1年の日足チャートですが、昨年11月から急落しているのがわかります。

IPO以降ズルズルと株価を切り下げており、最大ドローダウンは▲80%以上とこちらも厳しい状況にあります。

直近1ヶ月では+30%ほど上昇していますが、8/10の決算発表が気になるところです。

ここ
ここ

もう少し信じてあげれば良かったわ!

DOCS(ドクシミティー)

DOCS(ドクシミティー)の直近1年の日足チャートですが、IPO銘柄にみられる特有の悪いチャートをしています。

IPOしてすぐに1度は跳ね上がった株価も最大で▲75%ほど下げました。

現在は安値から+35%近く回復していますが、先日(8/4)の決算では売上高、EPSともに予想をクリアしたにもかかわらず、ガイダンス弱かったことから大きく売り込まれています。

筆者もまだホールドしている銘柄のため、次回11月の決算にも注目したいと思います。

LAW(CSディスコ)

LAW(CSディスコ)の直近1年の日足チャートですが、現在は下落トレンドから抜けて50日移動平均線の上に株価を切り上げています。

最大で▲50%近く下落していた株価も、直近1ヶ月では+42.30%と上昇させています。

ここ
ここ

目指すは上場初値よ!

これまで良い決算を連発させているCSディスコですから、次回8/11の決算にも期待したいところです。

RIVN(リビアン)

こちらが昨年11月にIPOしたRIVN(リビアン)の日足チャートです。

IPO直後は5日間で70%以上の上昇を見せましたが、その後はズルズルと価格を切り下げ最大で▲90%ものドローダウンをしました。

直近1ヶ月では+41.66%の上昇をしていますが、今後の株価には不安が残ります。

上場から3回目となる次回決算は8/11の予定です。

DDOG(データドッグ)

DDOG(データドッグ)の直近1年の日足チャートですが、昨年11月をピークに株価を切り下げています。

3ヶ月ほどはボックス相場を形成していますが、直近6月の安値からは+38.18%の上昇をしています。

2019.9.19の上場来、一度も決算をミスしたことがないピカピカのグロース銘柄ですから、8/11の決算発表にも期待がかかります。

テンバガー候補10銘柄の今後

テンバガー候補10銘柄の今後について考えるにあたり、長期金利の上昇を考慮する必要がありそうです。

政策金利の上昇は年内に3%に達する予想がありますが、リスクプレミアムが減少する状況はハイパーグロース株には逆風です。

また、決算ミスによって大暴落するなんてことも考えられるため、決算発表には注視したいところですね。

決算が良い限りは握力強くホールドするとともに、決算をミスしたら容赦なく売却をしていきたいと思っています。

2022年7月テンバガー候補のパフォーマンスまとめ

2022年テンバガー候補のパフォーマンスは、全体的に大きな上昇をしました。

相場全体が上昇したということもありますが、S&P500指数が+8%ほど上げたのに対しテンバガー候補銘柄の上昇率は遥かに高いものとなりました。

今後もリセッション懸念があるものの、米国市場が上向きとなる予想をするのであれば、テンバガー候補が爆上げするものと予想できます。

テンバガーの発掘方法

①テンバガーを発掘するためには、IPOして若い銘柄を観察し、はじめの決算が良ければ少額から購入。(IPOしてすぐエントリーする攻めの投資も悪くはないが、下落のリスクも高い)

好決算を続ける銘柄のみを手元に残し、場合によっては買い増しをする。
悪い決算を出した銘柄から売却していく。

③株価が下落しても、好決算である限り損切りはしない。高騰して利確したくともグッと我慢してガチ保を継続する。

今後も、これら銘柄についてパフォーマンスを記事にしていこうと考えていますので、よかったらまた記事を読みに来てください。

過去の運用実績は『テンバガー候補まとめ記事』に掲載しています。

おすすめテンバガー候補まとめ記事はこちら

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました