【2021年最終版】米国株有望テンバガー候補13銘柄運用9ケ月実績公開(後半)

こんな人におすすめな記事

・2021年の米国株テンバガー候補を知りたい
・テンバガー候補の運用実績を見てみたい
・運用実績を今後の参考にしたい
・今後の米国株の展望を知りたい

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(みなさんの力でランキング押し上げて下さい!)

ここ
ここ

こんにちは!テンバガー候補の
売却もしてる『ここ屋』よ!

2021年も残すところ数日となりましたが、1年間を振り返ってどのような年になりましたでしょうか?ことさら投資成績においては、苦労している人も多いのではないでしょうか?

コア・サテライト戦略で市場平均を上回るリターンを狙ってはみたものの、なかなか結果を出せていないのが現実ではないでしょうか?

そんな状況下でも、将来のテンバガー候補を発掘したいと考えている個人投資家は多いはずです。

そこで今回の記事では、テンバガー候補13銘柄を紹介しながら、9ヶ月の運用実績を公開していきたいと思います。

また、テンバガー候補の購入銘柄数が多くなったので、前半・後半に分けて投稿しています。(前半の記事は昨日アップしています)

12月のテンバガー候補運用実績の前半記事はこちら

売却した銘柄追加投資をした銘柄がありますので、最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

【2021年】米国株有望テンバガー候補13銘柄(後半)

【2021年】米国株有望テンバガー候補13銘柄運用実績公開していきますが、実際に購入している銘柄の詳細については過去記事を参照してください。

【米国株テンバガー候補】購入履歴Vol.1

【米国株テンバガー候補】購入履歴Vol.2

【米国株テンバガー候補】コインベース徹底解説

【米国株テンバガー候補】マルケタ徹底解説

【米国株テンバガー候補】ドクシミティー徹底解説

【米国株テンバガー候補】CSディスコ徹底解説

【米国株テンバガー候補】コーセラ徹底解説

【米国株テンバガー候補】リビアン徹底解説

【米国株テンバガー候補】データドッグ徹底解説

まずは、テンバガー候補13銘柄の簡単な紹介をして、その後に運用実績(後半)を解説していきます。

【2021年】米国株有望テンバガー候補13銘柄紹介(後半6銘柄)

2021年米国株テンバガー候補の13銘柄は以下となります。

【前半7銘柄】
・OKTA(オクタ)
・CRWD(クラウドストライク)
・U(ユニティ)
・AFRM(アファーム)
・DOCU(ドキュサイン)
・NAPA(ザ・ダックホーン・ポートフォリオ)
・COIN(コインベース)

【後半6銘柄】
・MQ(マルケタ)
・DOCS(ドクシミティー)
・LAW(CSディスコ)
・COUR(コーセラ)

・RIVN(リビアン)
・DDOG(データドッグ)

初期の購入額は各々10万円~20万円と少額でしたが、好決算を出した銘柄については追加購入をしています。

追加投資した銘柄や売却した銘柄、新規購入した銘柄などは都度解説していきます。

MQ(マルケタ)概要

MQ概要

MQ(マルケタ)は、2010年に設立された米国のフィンテック企業で、2021年6月9日にIPOしたばかり。マルケタのプラットフォームを利用すると、銀行でない企業でもプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードを発行することができる。2020年の売上高は前年の+103%。今後もデジタル決済は増加する傾向で、参入障壁の高いビジネスモデルのためライバル企業が少ない。

DOCS(ドクシミティー)概要

DOCS概要

DOCS(ドクシミティー)は、 2010年に設立されたサンフランシスコシスコに本社を置くソフトウェアサービス企業で、2021年6月24日にIPOした。 多くの医師が、医療に関する多くの情報を得ることができるプラットフォーム。医師は無料で登録、使用することができドクシミティーはヘルスケア企業から集金するビジネスモデル。

LAW(CSディスコ)概要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DISCO_logo.png
LAW概要

LAW(CSディスコ)は、弁護士、企業の法務部門、政府機関のための検索エンジンを提供しているSaaS企業です。 2021年7月21日にIPOしたばかりですが、9/2に好決算を出した後に公募増資をしています。

COUR(コーセラ)概要

COUR概要

COUR(コーセラ)は、米国のオンライン教育プラットフォームです。200以上の主要な大学や企業と提携して、世界中の個人や組織に低価格で高品質なオンライン学習講座や学位取得プログラムを提供しています。

RIVN(リビアン)概要

RIVN概要

RIVN(リビアン)は、電動アドベンチャービークルを開発および製造している電気自動車(EV)メーカーです。5人乗りのピックアップトラックとスポーツユーティリティビークルを提供しており、同社は電動SUVと電動ピックアップ車を提供しています。

DDOG(データドッグ)概要

Synthetics Browser Tests 機能を使ってみた #datadog
DDOG概要

DDOG(データドッグ)は、北米および海外のクラウド内の開発者、情報技術運用チームおよびビジネスユーザーに監視および分析できるSaaSプラットフォーム。 インフラストラクチャモニタリング、アプリケーションパフォーマンスモニタリング、ログ管理、およびセキュリティモニタリングを統合および自動化して、顧客のテクノロジースタックのリアルタイムの可観測性を提供する。

米国株有望テンバガー候補13銘柄運用実績(9ケ月)『後半6銘柄』

テンバガー候補13銘柄運用実績のうち、後半の6銘柄に関しての運用実績です。

本記事(後半)で解説する銘柄については、6月から11月にかけての購入のため9ヶ月間運用ではないことをご承知ください。それでは早速、それぞれのチャート分析運用実績を見ていきましょう。

MQ(マルケタ)実績

上場来の日足チャートです。MQ(マルケタ)は6/9にIPOしたばかりの銘柄で、テンバガーが期待されるフィンテック企業です。

IPO後ズルズルと株価を下げ、10月より一気にブレイクアウトしたかに見えましたが、11月からは再び下落トレンドです。

リッヒ
リッヒ

一時は上場来高値を更新したけど
今は売り込まれとるな

ここ
ここ

ロックアップ期間が終わったのよ!

ロックアップ期間とは

ロックアップ期間とは、ロックアップとは、会社が上場したときに、創業者やベンチャーキャピタルに対してかけられる「一定期間、または一定の株価になるまで株式を売ってはいけない」という制限です。具体的には、「上場後90日間は株を売ってはいけない」などの条件があります。

MQ(マルケタ)のロックアップ期間は、11/12に終了したことから既存株主から大型の売りが入ったと考えられますが、ここで耐えることができれば1段階上を目指すことができそうです。

MQ(マルケタ)に関しても、タックスロスセリングのため一度売却をしています。

売却による損失は7ヶ月の運用で$1,751でした。

再購入からは数日しか経過していませんが、運用実績はドルベースで+0.69%の上昇です。

筆者はMQ(マルケタ)のビジネスモデルに将来性を期待しているため、引き続きホールドを考えています。

リッヒ
リッヒ

そろそろ下げ止まらんかな

次回の決算は2022/3/2予定ですが、テンバガー候補の筆頭のため好決算を期待したいですね。

DOCS(ドクシミティー)実績

上場来の日足チャートです。DOCS(ドクシミティー)は6/24にIPOしたばかりの銘柄で、テンバガー候補の大本命として下馬評が高かったのですが、9月をピークに続落しています。

現在では上場来安値に向かっていますが、$45を切ってしまうとかなり厳しい展開が予想されます。

DOCS(ドクシミティー)に関しても、タックス・ロス・セリングをしています。

運用実績4.5ヶ月程度で▼34.06%の下落で売却をしています。
(先月の▼23.19%からさらに▼10.87%ダウン

再購入からは数日しか経過していませんが、+3.6%の上昇です。

現在は、ほとんどのホルダーが含み損を抱えている状態のため、上値は重い展開ですが11/9の決算もクリアしているので、このままホールドで良いと考えています。

筆者は、次回2022/3/2の決算で跳ねてくれることを期待しています。

LAW(CSディスコ)運用実績

7/21上場来の日足チャートです。

LAW(CSディスコ)は、9/2の決算後に大きく上昇しましたが、そこからは下げトレンドです。

取引公募による下落から一度は盛り返したのですが、その後更なる下落が待っていました。

LAW(CSディスコ)に関してもタックスロスセリングを行っており、運用実績3ヶ月で▼30.68%の下落で売却しました。

再購入から数日の実績は+3.27%の上昇です。

ここ
ここ

目指すは上場初値よ!

11/9の決算はクリアしているのでとりあえずホールドしますが、次回の決算にも期待したいところです。

COUR(コーセラ)運用実績

COUR(コーセラ)の上場来の日足チャートです。

IPOして9ヶ月が経過しますが、全くいいところなしのチャートですね。

COUR(コーセラ)もタックスロスセリングを行っていますが、運用1ヶ月あまりで▼29.92%で売却をしています。

再購入からは数日しか経過していませんが、3.27%の上昇です。

決算が良くても下がるといった相場では仕方ありませんが、決算が良い限りはホールドを考えています。

次回決算は2022/2/17予定です。

RIVN(リビアン)運用実績

RIVN(リビアン)の11/10上場来の日足チャートです。

IPO直後は5日間で70%以上の上昇を見せましたが、その後は初値付近まで値を下げています。

『第二のテスラ』と呼び声高いRIVN(リビアン)ですが、今後は大きな上昇をしてくれるのでしょうか?

RIVN(リビアン)に関してもタックス・ロス・セリングを行っており、1ヶ月で▼25.77%で売却をしています。

再購入から数日の運用では+0.4%の上昇でした。

ボラティリティの高そうな銘柄ですが、長期目線でホールドを検討しています。

DDOG(データドッグ)運用実績

年初来の日足チャートですが、綺麗な上昇トレンドを形成しています。

2019.9.19の上場来、一度も決算をミスしたことがないピカピカのグロース銘柄です。

現在は、50日移動平均線を試しながらも小幅に上昇をしています。

筆者が購入してからは1ヶ月程度しか経過していませんが、運用実績は▼5.54%の下落です。
(先月の▼5.55%からは+0.01%アップ

次回決算は2022/2/17予定ですが、今から決算結果が待ち遠しいですね。

期待のテンバガー候補運用実績の合計(6銘柄/13銘柄)

投資実績(後半6/13銘柄)

【MQ・DOCS・LAW・COUR・RIVN・DDOG】
◎取得金額  $ 12,385.90
◎評価額   $ 12,600.25
◎含み益   +$214.35
◎リターン率 +1.73%
*売却による確定損益▼$5,881(MQ・DOCS・LAW・COUR・RIVN)

これに昨日の【前半記事】の合計を加算してみます。

投資実績(前半7/13銘柄)

【OKTA・CRWD・U・AFRM・DOCU・NAPA・COIN】
◎取得金額  $ 17,765.66
◎評価額   $ 19,338.18
◎含み益   +$ 1,572.52
◎リターン率 +8.85%
*売却による確定損益 ▼$1,981(CRWD・DOCU・COIN)

投資実績(合計)

◎取得金額  $ 30,151.56(先月▼$1,118.13)
◎評価額   $ 31,939.03(先月▼$10,823.08)
◎含み益   +$ 1,787.47(先月比+$1,674.31)
◎リターン率 +5.93%(先月比+5.66アップ)
*売却による確定損益 ▼$7,862

確定損と含み益の通算で$6,000ほどのマイナスですから、ズタボロの実績と言ってよいでしょう(泣)。

リッヒ
リッヒ

ハイパーグロース株には厳しい相場や

テンバガー候補7ヶ月の推移

テンバガー候補の後半は、購入から2ヶ月から7ヶ月の運用実績となります。
また、追加購入銘柄もありますので、実質リターンとは異なります。

ティッカー7ヶ月6ヶ月5ヶ月4ヶ月3ヶ月2ヶ月1ヶ月
MQ一次売却
(再購入)
+0.69%
▼13.73%+20.34%▼2.01%▼6.82%▼4.60%▼3.53%
DOCS一次売却
(再購入)
+3.6%
▼23.19%▼13.16%+11.07%+9.49%
LAW一次売却
(再購入)
+3.27%
▼24.20%▼7.59%▼12.20%
COUR一次売却
(再購入)
+4.45%
▼13.41%
RIVN一次売却
(再購入)
+0.4%
▼12.09%
DDOG▼5.54%▼5.55%
ここ
ここ

痛々しい実績ね!

直近1ヶ月のETFヒートマップ

直近1ヶ月のETFヒートマップを見てみます。

こちらは直近1ヶ月のETFのヒートマップですが、緑(プラス)とマイナス(赤)が混在しています。

マイナスだったセクターは、金融セクター、エネルギーセクターと小型株が売られているようです。

一方でプラスだったのが、不動産セクター、公益事業セクター、情報技術セクターが強かったですね。

finvizの使い方について詳しくはこちら

テンバガー候補13銘柄の今後

テンバガー候補13銘柄の今後ですが、2022年の政策金利の上昇が次の焦点になっています。

クリスマスラリーで続伸する米国市場ですが、インフレの長期化がどのような影響を及ぼすのでしょうか。

年が明ければ決算シーズンが開始され、業績相場による銘柄の仕分けがはじまります。

IPO銘柄については、購入から1年も経たないうちに大きな上昇を見せる銘柄もありますが、決算ミス1発で大暴落なんてことも考えられます。

決算が良い限りは握力強くホールドするとともに、決算をミスしたら容赦なく売却をしていきたいと思っています。

2021年12月テンバガー候補運用実績(後半)まとめ

2021年テンバガー候補運用実績(9ヶ月)は、全体的に下落基調でした。

タックス・ロス・セリングのために一次売却した銘柄もありましたが、基本的には決算ミスをするまではホールドする考えでいます。

テンバガーの発掘方法

①テンバガーを発掘するためには、IPOして若い銘柄を観察し、はじめの決算が良ければ少額から購入。(IPOしてすぐエントリーする攻めの投資も悪くはないが、下落のリスクも高い)

好決算を続ける銘柄のみを手元に残し、場合によっては買い増しをする。
悪い決算を出した銘柄から売却していく。

③株価が下落しても、好決算である限り損切りはしない。高騰して利確したくともグッと我慢してガチ保を継続する。

今後も、これら保有銘柄については、売買記録を記事にしていこうと考えていますので、よかったらまた記事を読みに来てください。

運用実績1ヶ月の記事はこちら

運用実績2ヶ月の記事はこちら

運用実績3ヶ月の記事はこちら

運用実績4ヶ月の記事はこちら

運用実績5ヶ月の記事はこちら

運用実績6ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績6ヶ月(後半)の記事はこちら

運用実績7ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績7ヶ月(後半)の記事はこちら

運用実績8ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績8ヶ月(後半)の記事はこちら

運用実績9ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績10ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績10ヶ月(後半)の記事はこちら

運用実績11ヶ月(前半)の記事はこちら

運用実績11ヶ月(後半)の記事はこちら

おすすめテンバガー候補まとめ記事はこちら

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました