当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

最強の米国ETFはこれだ!『VOO・VIG・VONG』【41ヶ月間の運用実績公開】

スポンサーリンク
米国ETF
こんな人におすすめな記事

・米国ETFの運用実績を見たい
・米国ETFの特徴を知りたい
・米国市場の今後の予想を知りたい

クリックでブログランキングの応援をしてください!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさんいつもありがとうございます。

ここ
ここ

こんにちは!
久しぶりに資産が減少したここ屋よ!

2024年5月の米国市場は前月の下落を乗り越えて大きく上昇しました。

S&P500とNASDAQは過去最高値を更新して、上昇トレンドを形成しています。

5月はFOMCやメガテックの決算発表を無事に通過して、セルインメイとはなりませんでした。

ハイテク株が相場をけん引してきた5月の米国市場ですが、今後はバリュー株とグロース株のどちらを保有するのが正解なのでしょうか?

そこで今回の記事では筆者の実際の資産運用を参考にして、41ヶ月間の米国市場の推移と今後の展望を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【41ヶ月間運用実績公開】米国ETF『VOO・VIG・VONG』

運用実績を公開するのは、米国の代表的なETF大きく特徴が異なる3銘柄VOOVIGVONGです。

3銘柄の値動きを把握することで、現在の米国市場のトレンドを感じることができます。

まずは、3銘柄の基本的な概要と特徴を把握した上で、実際の運用状況を見て今後の米国市場の予想を解説していきたいと思います。

米国ETF『VOO・VIG・VONG』の概要

米国ETF『VOOVIGVONG』の概要(2024.5.27現在)です。

ちなみにこの3銘柄は、実際に筆者本人と家族の2020年度にNISA口座で購入した銘柄です。

ティッカーVOOVIGVONG
名称Vanguard
S&P500
ETF
Vanguard
Dividend
Appreciation ETF
Vanguard
ussell1000
Growth
運用会社バンガードバンガードバンガード
設立日2010/09/092006/04/272010/09/22
ベンチマークS&P500
指数
ナスダック
米国ディビデンド
アチーバーズ
セレクト指数
ラッセル1000
グロース
インデックス
純資産総額$455.538B$78.476B$19.970B
経費率0.03%0.06%0.08%
配当利回り1.27%1.69%0.69%
引用:Bloomberg (2024.5)

VOOがダントツ純資産総額が大きく経費率も最安値ですね。

リッヒ
リッヒ

時価総額が増え続けとるな

VOO・VIG・VONGのベンチマークと特徴

それぞれのベンチマークと特徴を、簡単に解説していきます。

VOOの概要

VOO

ベンチマークは【S&P500】
米国の株式市場に上場している大型株500銘柄の時価総額加重平均指数。
およそ500銘柄で、時価総額は米国に上場している約4,000株の8割を占める。
構成銘柄上位は、AppleMicrosoftAmazonTeslaAlphabet(Google)NVIDIA
米国全体の株価指数と言っても過言ではない。
SPYとIVVは同じS&P500がベンチマーク。
米国株式全体をベンチマークとするVTIとはほぼ同等の値動きをする。
VTIについて詳しくはこちらの記事

ここ
ここ

ベーシックかつ
世界最高峰のベンチマークよ!

VIGの概要

VIG

ベンチマークは【ETF tracks the S&P US Dividend Growers指数】
10年以上連続増配実績を持つ銘柄で構成される。(REITは除く)
連続増配株を集めているわりに、近年の分配金率は低くVOOとそれほど変わらない。
増配株を集めているだけあって、比較的大型バリュー株が中心
比較的ディフェンシブ銘柄が多め。
NASDAQと名前についているが、NASDAQ市場に限った銘柄ではない。
構成銘柄上位は、MicrosoftAppleUnitedHealthJPMorganJ&JP&GHome DepotVISA

リッヒ
リッヒ

地味やけど底堅い
バリュー株寄りのETFやな

バリューETFについて詳しくはこちらの記事

VONGの概要

VONG

ベンチマークは【ラッセル1000グロース・インデックス】
ラッセル1000(大型株)のうちのグロース株で構成される。
グロース銘柄中心のため、上昇相場ではリターンはS&P500を凌ぐ
景気敏感株を多く含むので、下落局面ではディフェンス力は低め
構成銘柄上位は、AppleMicrosoftAmazonteslaAlphabet(Google)NVIDIA

ここ
ここ

個人投資家が好きそうな
グロース株ETFよ!

グロースETFについて詳しくはこちらの記事

VOO・VIG・VONGの過去リターン

前項の特徴を踏まえた上で、過去リターンを見ていきましょう。

まずは、Bloombergから引用した直近のリターンです。(がワーストがベスト)

リターンVOOVIGVONG
3ヶ月+4.61%+2.03%+4.73%
年初来+11.79%+7.04%+14.35%
1年+30.85%+21.23%+39.61%
3年+9.76%+7.39%+11.54%
5年+15.25%+12.48%+19.07%
引用:Bloomberg (2024.5)

3銘柄ともにすべての期間でプラスですが、グロース株を多く含むVONGのパフォーマンスがすべての期間に2銘柄をアウトパフォームしています。

一方で、バリュー株ETFのVIGのリターンは上昇はしているものの、直近5年間はすべての期間で他のETFよりも劣後しています。

また、VOOのパフォーマンスはバリューのVIGとグロースのVONGの中間といったところで、安定したパフォーマンスを見せていますが、直近の1年は+30%のリターンを叩き出しています。

リッヒ
リッヒ

直近1年ではグロースが圧倒的やな

VOO・VIG・VONGの運用実績【41ヶ月間】

わが家のNISA口座とジュニアNISA口座での運用実績ですが、それぞれ2020年の12月の購入ですので41ヶ月間程度の運用利回りとなります。

保有期間中にも分配金を受け取っていますが、ETFは分配金自動再投資ができないのでキャピタルゲインのみの実績です。

VOO運用実績(41ヶ月間)

41ヶ月間の運用実績はドルベースで+43.37%、円ベースで+113.93%の上昇でした。

5月のS&P500は上げており、先月比ではドルベースで+5.75%の上昇をしています。

リッヒ
リッヒ

ドル高の恩恵で円ベースでは
大きな含み益になっとるな

ここ
ここ

為替リスクはプラスにも働くのよ!

VIG運用実績(41ヶ月間)

41ヶ月間での運用実績はドルベースで+29.72%の上昇、円ベースで+96.41%の上昇でした。

5月はバリュー株の上昇は小さかったですが、先月比ではドルベースで+3.49%の上昇でした。

リッヒ
リッヒ

バリューの復讐はいつになるんや

ここ
ここ

そろそろ巻き返しが欲しいわね!

VONG運用実績(41ヶ月間)

41ヶ月間での運用実績はドルベースで+47.40%の上昇、円ベースで+119.95%の上昇でした。

5月はグロース株の上昇がもっとも大きく、先月比ではドルベースで+7.76%の上昇となっています。

リッヒ
リッヒ

5月にハイテク株が躍進したな

ここ
ここ

グロース株にはまだまだ期待よ!

為替によるリターン

円ベースでのリターンが大きいのは、ETFを購入した2020年年末が円高($1≒105円前後)だったため、円安の現在は為替リターンも受け取ることができます。

さらに『お得なドル転方法』でドル転していますので、無駄な経費もかかっていません。

SBI証券は米国ETFの定期買付ができ米国株の取扱数も豊富ですので、米国株投資をはじめる人におすすめなネット証券です。

VOO・VIG・VONGのリターン推移

VOOVIGVONGのリターン推移を見てみます。

リターン
(ドルベース)
41ヶ月
(5月末)
40ヶ月
(4月末)
39ヶ月
(3月末)
38ヶ月
(2月末)
37ヶ月
(2024年1月末)
36ヶ月
(12月末)
35ヶ月
(11月末)
34ヶ月
(10月末)
33ヶ月
(9月末)
32ヶ月
(8月末)
31ヶ月
(7月末)
30ヶ月
(6月末)
29ヶ月
(5月末)
28ヶ月
(4月末)
27ヶ月
(3月末)
26ヶ月
(2月末)
25ヶ月
(2023年1月末)
24ヶ月
(12月末)
23ヶ月
(11月末)
22ヶ月
(10月末)
21ヶ月
(9月末)
20ヶ月
(8月末)
19ヶ月
(7月末)
18ヶ月
(6月末)
17ヶ月
(5月末)
16ヶ月
(4月末)
15ヶ月
(3月末)
14ヶ月
(2月末)
13ヶ月
(2022年1月末)
12ヶ月
(12月末)
11ヶ月
(11月末)
10ヶ月
(10月末)
9ヶ月
(9月末)
8ヶ月
(8月末)
7ヶ月
(7月末)
6ヶ月
(6月末)
5ヶ月
(5月末)
4ヶ月
(2021年4月末)
VOO43.37%37.62%41.59%37.53%32.99%28.22%23.06%11.14%15.95%22.15%22.41%17.71%13.66%12.53%7.09%7.28%10.0%3.64%8.92%2.87%0.04%9.72%9.96%2.17%12.46%12.68%22.57%14.23%17.40%26.65%26.86%22.71%20.61%21.54%19.11%15.48%12.36%12.44%
VIG29.72%26.23%30.43%27.41%24.26%21.08%16.56%7.25%11.49%16.87%18.43%13.56%10.32%12.54%6.59%8.69%11.03%8.59%12.26%4.26%▲0.69%7.94%8.80%2.47%10.56%10.74%15.78%10.25%13.13%19.93%19.75%17.11%13.03%15.89%13.86%9.32%10.40%8.82%
VONG47.40%39.64%43.45%41.24%35.72%28.96%23.87%9.72%13.34%20.03%18.97%14.73%10.31%5.11%0.76%▲1.75%▲1.0%▲8.44%▲2.73%▲6.72%▲7.70%2.33%2.30%▲6.85%1.84%4.53%17.38%8.19%12.40%28.77%29.23%23.60%22.38%22.39%20.87%14.42%7.10%10.47%
右にスクロールできます

41ヶ月間リターンを眺めるとVOOとVONGは過去最高値を更新しています。

特にグロース株ETFのVONGが大きく上げており、パフォーマンスは3銘柄中トップ。

S&P500指数VOOもVONGに劣らないパフォーマンスを見せています。

一方で、バリュー株中心のVIGは上昇はしているものの、3銘柄のなかでもリターンが劣後しています。

スポンサーリンク

VOO・VIG・VONGの値動きに見える米国市場の展望

VOOVIGVONGの値動きに注視することで、今後の米国市場の展望を見ていきます。

VOOを市場全体の平均と考えるであれば、VONGはオフェンシブ銘柄(ハイリスク・ハイリターン)、VIGはディフェンシブ銘柄(ローリスク・ローリターン)と捉えることができます。

そして、その特徴がもたらす相関性は以下のようになります。

・上昇相場ではVONG(グロース株)がもっともリターンが大きい

・利上げ局面ではVIG(バリュー株)がもっともリターンが大きい

・市場平均のVOOは常に値動きが安定している

2023年からはAIブームもあってグロース株のターンが続いています。2024年は大統領選挙を控えており、利下げが予想されていますから、今後も上昇相場が続くと考えられます。

とはいえ、どこかで調整局面を迎える可能性もありますので、いつバリュー株のターンに転じるかわかりませんね。

VOO・VIG・VONGのチャート比較

VOOVIGVONGのチャートを比較することで、今年の上昇相場の状況を確認してみましょう。

こちらが、直近1年のチャート比較です。

昨年の11月から3銘柄ともに大きく上昇していますが、グロース株ETFのVONG(青)がもっとも大きなリターンを叩き出しています。

一方で、バリュー株中心のVIG(緑)はそこまで急激な上昇ではなく、ジリジリと底値を切り上げている印象です。

また、その中間に位置するVOO(赤)ですが、バリューが強い期間でもグロースが強い期間でも平均的なリターンを狙えます。

3銘柄の株価が直近1ヶ月でどのように変動しているのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

5月初旬までは3銘柄とも大きな差はありませんでしたが、5月中旬からバリュー株ETFのVIGが劣後しています。

最終的にはグロース株ETFのVONGが大きく上昇したことでトップパフォーマンスとなりましたが、S&P500のVOOもほぼ同様のリターンを叩き出しています。

ある程度のリスクを受け入れてでも資産の最大化を目指すのであれば投資対象はグロース株が適しているように思えますが、保有資産を守りながら効率的に資産を増やしたいのであれば投資対象はバリュー株が適しています。

リッヒ
リッヒ

バランスがとれてるのが
S&P500ってとこやな

ここ
ここ

どれがいいかは投資目的と
リスク許容度によるわね!

1ヶ月リターンの推移による今後の米国市場予想

2024年もすでに5ヶ月が経過しましたが、直近の1ヶ月のS&P500のヒートマップを見て今後の米国市場を予想してみましょう。

ここ
ここ

個人的見解よ!

5月のS&P500振り返り

5月は多くの銘柄が上昇していますが、一部の銘柄は下げていることが分かります。

今年の相場をけん引してきたマグニフィセント7のパフォーマンスを見ると、すべて上昇していますがエヌビディアがダントツの急騰をしています。アップルとアルファベットも2桁リターンですね。

半導体も好調でしたが、各セクターに大きく上昇した銘柄も多かったようです。

大きく上昇した銘柄

・NVDA(エヌビディア)…+28.85%
・AAPL(アップル)…+11.82%
・PANW(パロアルトネットワークス)…+11.36%
・GOOG(アルファベット)…+11.64%
・QCOM(クアルコム)…+28.82%
・MU(マイクロン)…+16.05%
・AMAT(アプライドマテリアルズ)…+11.84%
・ANET(アリスタ・ネットワークス)…+15.78%
・SMCI(スーパー・マイクロ・コンピューター)…+12.25%
・LLY(イーライリリー)…+11.39%
・PFE(ファイザー)…+14.33%
・GEV(GEベルノバ)…+19.64%
・MRNA(モデルナ)…+56.91%
・NEE(ネクステラエナジー)…+14.51%

他にも2ケタ上昇している銘柄も多く、5月はリスクオン相場となりました。

一方で、一部は大きく下げた銘柄もありました。

大きく下落した銘柄

・GPN(グローバル・ペイメンツ)…▲17.55%
・INTC(インテル)…▲12.50%
・TGT(ターゲット)…▲11.68%
・DIS(ディズニー)…▲9.76%
・EL(エスティローダー)…▲13.06%
・CVS(CVSヘルス)…▲17.51%
・MPC(マラソン・ペトロリアム)…▲10.88%
・SBUX(スターバックス)…▲10.21%
・ABNB(エアビーアンドビー)…▲11.37%
・LULU(ルルレモン)…▲15.38%

他にも2桁マイナスの銘柄はありましたが、やはり決算が大きく影響しているようです。

リッヒ
リッヒ

株価が急落する前に
どうしたら気付けるんやろな

個別株に関する情報はこちらのアプリで手軽に調べることができます。株価の変動理由や決算結果、投資家の空売り比率なども見ることができますので、保有銘柄をワークさせるためにダウンロードしておきましょう。

moomoo証券

24時間取引もできますから、時間外で株価が大きく変動する時でも売買できるってのがいいですね。

5月のビットコイン

一方で、2023年から上昇を続けてきたビットコインですが、5月もヨコヨコ相場が続いています。

直近6ヶ月の日足チャートを眺めると、円ベースでは1,000万円を挟んでレンジ相場が続いています。

4月には半減期を迎えましたが、大きな変動はありませんでしたね。

ヨコヨコ相場の後には大きなブレイクを続けてきたビットコインですから、長期的目線であればこれからのエントリーでも遅くはないと考えています。

ここ
ここ

ここ屋のビットコインも
どんどん増えているわよ!

スポンサーリンク

VOO・VIG・VONG 41ヶ月間運用実績公開:まとめ

VOO・VIG・VONGの 41ヶ月間運用実績を公開して、今後の米国市場の見通しをまとめます。

VOO・VIG・VONGの運用実績

・VOO(S&P500)は安定している
・VIG(バリュー株)は波が小さい
・VONG(グロース株)はボラティリティーが高い

運用実績から見える今後の米国株相場

・市場は利下げ期待で上昇を続けている
・短期的には調整を迎える可能性も
・大統領選挙を控えて株価上昇が期待される

2024年も順調に上昇を続ける米国市場ですが、5月も前月の調整から回復しています。

今年は利下げ観測から株高が期待されますが、また何か予測不能な事態が起こるかも知れません。

その時に判断を誤らないように、知識という防具を備えておきたいでね。

自分の投資目的とリスク許容度を理解して、投資対象を判断してくださいね。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

当ブログの『米国ETFまとめ記事』はこちら

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

売りから入れるCFD取引をはじめるなら取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

moomoo証券

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)