毎月1万円投資は意味がない?今はじめるかどうかであなたの人生は変わる!

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・投資に興味はあるがお金がない
・少額投資は意味がないと思っている
・月に1万円の投資ならできる
・将来の資産形成をしたい

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ここ
ここ

こんにちは!長期投資できる
若者が羨ましい『ここ屋』よ!

SNSなどで目にした株式投資について、興味はあってもお金がなくてあきらめている人も多いのではないでしょうか?

投資はお金持ちがやるもの、自分のような若者がやるものではない、などと考えていませんか?

『自分なんかが投資をしようと思っても、毎月1万円くらいしかできないから意味ないかな』

こんなふうに思っている人のために、今回の記事では毎月1万円投資では意味がないかどうかの解説をしていきたいと思います。

毎月1万円投資は意味がないのか?

若者にとって月に1万円という金額は、決して小さいものではありません。

欲しいものがあったり、趣味に使ったり、友達やパートナーとの旅行や食事など、お金をつかう場面は限りなくありますよね。

そんな若者に毎月1万円と投資しろと言っても、なかなか決心がつかないと思います。

そこで、毎月1万円投資することで将来どのくらいの金額になって返ってくるかをシミュレーションしてみたいと思います。

毎月1万円を銀行に貯金していたら

毎月1万円を銀行に貯金した場合、年間12万円が貯金できます。

現在の銀行の金利はメガバンクなどでは0.001%程度のため、金利では小銭にもなりません。

しかし、『500円玉貯金』に代表されるコツコツ貯金は長年続けることで、気付いた時には意外に大きな金額になっているものです。

仮に、毎月1万円貯金を40年間続けることができたら480万円もの大金になります。

リッヒ
リッヒ

40年間もコツコツ貯金するの辛いわ

毎月1万円を株式投資をしたらいくらになる?

先ほどの銀行預金と同様に、毎月1万円を株式投資した場合の金額はいくらになるのでしょうか?

期間を同様に40年と設定しますと、投資元本は480万円になります。

投資条件

・毎月1万円の積立投資
・期間は40年間(480ヶ月)
・運用利回りは年平均6%

上記の条件で投資をした場合は、元本480万円に対して運用利益は税引き前で1,520万円となります。

リッヒ
リッヒ

4倍の2,000万円にもなるんか!

ここ
ここ

実際には運用益に対して
20%の税金がかかるの!

運用利回り6%は妥当な数値か

先ほどの運用益を見て、そんなに上手くいかないと思った人もいると思います。

その考えは正しいです。

未来は誰にもわかりませんし、株式投資には元本割れのリスクもあります。

しかし、過去30年の期間を眺めると米国市場は年平均10%以上の上昇をしています。

これは少し出来過ぎな数字ですが、超長期で振り返っても6%程度のリターンは妥当と言えそうです。

今はじめるかどうかで人生が変わる!

1ヶ月で1万円と聞いて、『今の自分には無理かな~』と思った人がいたとしたら、もう一度考え直してください。

投資で大きく利益を上げる方法は2つあります。

投資で利益を上げる方法

・値上がり幅の大きい銘柄に投資する
・右肩上がりの銘柄に長期投資する

値上がり幅の大きい銘柄に投資をする

値上がり幅の大きい銘柄に投資をすれば、当然運用益も大きくなります。

しかし、値上がり幅が大きいということは下落するリスクもあります。

リッヒ
リッヒ

ハイリスク・ハイリターンやな

ハイリスクな投資で成功して大きな利益を生む人もいますが、それ以上に資産を減らしている人が多いといった事実があります。

右肩上がりの銘柄に長期投資する

投資で利益を上げるもうひとつの方法は、長期投資をすることです。

大きなリスクをとらなくても、投資期間を長期にするだけで小さいリスクで大きなリターンを狙うことができます。

最低でも20年から30年といった長期投資をすることで、複利の力を最大限に利用できます。

生活に余裕が出てきてから投資をはじめようと考えていると、投資最大の武器である『期間』を失うことになります。

投資は『今はじめるかどうか』で人生を変えてくれるツールになります。

何に投資するかは個人の考えによる

何に投資するかを検討する時に、答えといったものはありません。

これは、個人の考えやリスク許容度などにより最適解が異なるからです。

しかし、一般的にインデックス投資と言えば方向性は定まってきますので、こちらではいくつかの銘柄を紹介しておきます。

全世界株式(VT)

全世界株式は、株式市場の中でもっとも分散された銘柄と言えます。

米国をはじめとする先進国から新興国株式まで、約8,000銘柄に分散投資できる銘柄です。

世界経済の発展と共に成長する株式で、過去リターンも5%以上の安定した利益をもたらしてくれます。

デメリットとしては、分散され過ぎていることから大きなリターンを望むことはできません。

全世界株式について詳しくはこちら

全米株式(VTI)

全米株式は、米国の上場している3,800以上の銘柄に分散投資できる銘柄です。

米国のカントリーリスクはあるものの、2021年現在でも好調な価格上昇を見せています。

全世界株式と比較すると、多少のリスクがあるものの7%以上のリターン実績があります。

全米株式について詳しくはこちら

S&P500(VOO)

S&P500は、米国の代表的な指数です。

米国の株式市場に上場している大型株の500銘柄で構成されており、全米株式とほぼ同様なリターンを出しています。

S&P500について詳しくはこちら

投資初心者には投資信託がおすすめ

投資初心者には投資信託がおすすめです。

積立投資をするときに、ドルコスト平均法を利用するためには定額投資が効果的です。

投資信託は100円からの投資も可能で、株と違って定額投資ができます。

配当金再投資も自動でやってくれる投資信託は、株価を気にせず放置投資が可能なため、投資初心者はまず投資信託からはじめるのが良いかと思います。

毎月1万円投資は意味がない?まとめ

毎月1万円投資は意味がない?をまとめます。

まとめ

◎毎月1万円投資は意味がないのか?
・毎月1万円を貯金していたら40年で480万円
・毎月1万円を積立投資したら40年で2,000万円
・運用利回り6%は妥当な数値
◎今はじめるかどうかで人生が変わる
・長期投資はリスクを抑えて大きなリターンを生む
◎何に投資するかは個人の考えによる
・おすすめは全世界株式、全米株式、S&P500
◎投資初心者には投資信託がおすすめ
・定額投資ができる
・配当金再投資ができる

毎月1万円を投資するだけでも、40年といった長い期間で考えると大きなリターンを得ることができます。

特に若い人にとっては、金額よりも期間を味方につけて投資をすることをおすすめします。

投資は自己責任ですので、自分のリスク許容度を理解して、投資を楽しんでください。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました