【インフレショックで米国株は大暴落】予想を超えるCPIは今後どうなる?

こんなことがわかる記事

・9/13米国市場の値動き
・米国経済に関するトピックス
・8月の米消費者物価指数(CPI)
・今後の利上げ予想について

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
1晩で400万円ほど吹き飛んだ
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

昨日の米国市場はプレマーケットで発表された8月の消費者物価指数(CPI)を受けて大きく下落しました。

4日連続の上昇を打ち消すほどの下落幅は、およそ3ヶ月ぶりの急落となりました。

このところ市場はインフレに対して楽観視していたことで株価を上昇させていましたが、予想を超えるCPIがネガティブサプライズとなったようです。

高インフレを受けてFOMCでの利上げ観測も加速しており、1%利上げ予想まで浮上しています。

それでは9/13の米国市場を振り返り【インフレショックで米国株は大暴落】予想を超えるCPIは今後どうなる?について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースと
消費者物価指数(CPI)について解説してるで

スポンサーリンク

9/13米国市場の値動き

昨日の米国市場は4日分の上昇を吐き出すほどの急落となりました。

消費者物価指数(CPI)は予想を超えるネガティブサプライズとなりましたが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

4日間の上昇を打ち消した米主要3指数

昨日の米国市場は3指数ともそろって大きく下落したことで、4日間の上昇分を打ち消してしまいました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲4.23%
・ダウ…▲3.95%
・NASDAQ…▲5.15%

プレマーケットで発表のあった消費者物価指数(CPI)の結果を受けて、相場は急落していきました。

マーケットがオープンしても売り圧力は弱まることなく、ナスダックを中心に大きく下落しました。

リッヒ
リッヒ

利上げ観測が高まったようやな

全体的に急落した相場となりましたが、バリューよりグロースの売り圧力が高かったようです。

ここ
ここ

ハイパーグロース株も急落してるわね!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…▲9.71%
・COIN(コインベース)…▲8.84%
・CRWD(クラウドストライク)…▲5.33%
・DDOG(データドッグ)…▲7.43%
・DOCS(ドクシミティー)…▲3.08%
・MQ(マルケタ)…▲4.15%
・U(ユニティ)…▲13.35%

再び上昇をはじめた長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、1週間ほどのレンジを上抜けして再び上昇をはじめました。

直近1週間ほどは3.25から3.35付近でレンジを形成していたのですが、CPIを受けて8月からの上昇トレンドに戻ってしまいました。

今後も長期金利が上昇を続けるようなら、株式市場は大きく下げていく公算が高いです。

インフレを受けて急騰したVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、予想を超えるインフレ率を受けて急騰しました。

VIXの27.27は株式が上昇してきた直近1ヶ月のなかでは、もっとも高い水準となります。

昨日1日だけの売りでは納まらずに、今夜以降も株が急落することが予想できますので、VIXも30を超える水準にまで上昇していく可能性もあります。

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、全体的に大幅下落していることがわかります。

ここ
ここ

完全なるパターン赤ね!

見たくないくらいに真っ赤っかですね。

解説不要なレベルですが、やはりテックや消費財が大きくやられています。

大型株でもお構いなしの下げってホントに嫌になりますね。

9/13急落した大型株

・AAPL(アップル)…▲5.87%
・MSFT(マイクロソフト)…▲5.50%
・GOOG(アルファベット)…▲5.86%
・META(メタ・プラットホーム)…▲9.37%
・AMZN(アマゾン)…▲7.06%
・TSLA(テスラ)…▲4.04%
・NVDA(エヌビディア)…▲9.47%

リッヒ
リッヒ

明日に響かなきゃいいけど・・・

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクター全てが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・公益事業…▲2.49%
・エネルギー…▲2.5%
・生活必需品…▲3.24%
・ヘルスケア…▲3.33%
・金融…▲3.37%
・資本財…▲3.59%
・素材…▲3.69%
・不動産…▲3.7%
・一般消費財…▲4.95%
・情報技術…▲5.27%
・通信…▲5.34%

やはりリスクオフとなると通信、情報技術、一般消費財セクターは弱いですね。

ディフェンシブセクターと呼ばれる公益、エネルギー、生活必需品、ヘルスケアの下落は限定的ですが、それでも2%以上の下落幅はリスクオフと呼ばざるを得ません。

昨日の急落を受けて、直近1ヶ月のセクターパフォーマンスは11セクター全てがマイナスとなってしまいました。

ここ
ここ

通信とテックは2桁下落ね!

S&P500は50日移動平均線を下抜け

4営業日続伸してきたS&P500ですが、昨日の急落を受けて50日移動平均線を下抜けしました。

CPIを無事に通過すれば200日移動平均線も見える位置にまで上昇をしていたのですが、大きな反落によって見通しは暗くなりましたね。

次は3,900のサポートラインで反発できるかに注目が集まりますが、FOMCで1%利上げともなれば6月の安値(3,640)を試す展開にもなりそうです。

ここ
ここ

MACDも下を向いたわね!

米国市場に影響がありそうなトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

8月の米消費者物価指数(CPI)

昨日は8月の米消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

世界中が注目するインフレ指数は、予想を超えるインフレに株式市場に緊張が走りました。

8月の消費者物価指数(CPI)

【CPI(総合)】
・前年比…8.3%(予想8.1%)前月8.5%
・前月比…0.1%(予想▲0.1%)前月0%
【コアCPI】
・前年比…6.3%(予想6.1%)前月5.9%
・前月比…0.6%(予想0.2%)前月0.3%

ガソリン価格は低減したものの、生活費は高騰している状況でした。

FRBが注視しているコアCPIに関しても、3月に付けた6.5%に次ぐ高水準となり予想を大幅に超える結果となりました。

特にインフレ率の3分の1を占める帰属家賃に関しては、前月よりも大幅に伸びており粘着性のあることから今後のインフレ抑制にも悪影響があります。

今後の利上げ観測について

今回のCPIを受けて、今月のFOMCでは0.75%以上の利上げが確定したと言っても良さそうですが、一気に1%利上げの予想まで浮上しています。

0.5%利上げ予想は影もなくなり、0.75%利上げ予想が64%に低下した代わりに、1%利上げ観測が36%浮上してきました。(昨夜見た時よりも1%利上げの確率は上昇しています。)

リッヒ
リッヒ

FRBはどう考えるやろうか

ここ
ここ

ブラックアウト期間に入ってるから
FRB関係者からのコメントは出ないわ!

もしFRBが1%の利上げを検討しているのであれば、直接メディアに伝えられない代わりにアナリストを通して発信する可能性はありそうです。

また、今後の利上げ観測についても11月にも0.75%、年内には4.0-4.25%まで上昇する予想確率が高まっており、来年には4.5%までの上昇が予想されています。

来月もインフレが抑制されていなければ、来年には政策金利は5%を超える可能性も十分にあります。

【インフレショックで米国株は大暴落】予想を超えるCPIは今後どうなる? まとめ

【インフレショックで米国株は大暴落】予想を超えるCPIは今後どうなる?をまとめます。

まとめ

【9/13の米国市場の値動き】
・S&P500…▲4.23%
・ダウ…▲3.95%
・NASDAQ…▲5.15%
・長期金利は3.412に高騰
・VIXは27.27に急騰
・ナスダックを中心に全面安
【経済トピックス】
・インフレ率は予想を超える8.3%に
・コアCPIは前月の2倍のペースで上昇
・9月FOMCでは1%利上げの予想も高まる
・FFレート年内には4.5%に到達する可能性も

昨日の米国市場は、大きく下落したことで4日続伸の上げ幅を帳消しにしてしまいました。

インフレの鎮静化を楽観視してきた株式市場にとって、巻き戻しによる反落が起きているようです。

消費者物価指数(CPI)が予想を超える強い数字が出たことで、FRBの利上げ圧力は確実に高まりました。

来週にはFOMCを控えており緊張が続く市場ですが、急速利上げの副作用となるリセッションにも備える必要がありそうです。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

高騰中のコモディティに投資できるチャンスです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました