当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

40万円の投資先【2023年12月の売買銘柄を公開】今後の投資方針の発表

スポンサーリンク
売買記録

クリックでランキングの応援をしてください!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援してくれるみなさんいつもありがとうございます。

ここ
ここ

こんにちは!
12月はポジションの整理をはじめたここ屋よ!

2023年12月の米国市場も前月に続き大きく上昇しましたが、みなさんの運用実績はいかがだったでしょうか?

今後の相場が上昇を続けるのかは誰にもわかりませんが、自分以外の投資家がどのような銘柄を売買しているのか気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、筆者が12月に購入・売却した銘柄今後の投資方針について解説していきたいと思います。

リッヒ
リッヒ

みんなの参考になれば幸いや

ここ
ここ

年末まで強気にいくわよ!

スポンサーリンク

2023年12月の購入・売却履歴

2023年12月に購入した銘柄について公開していきます。

購入履歴公開

・投資信託…20万円
・米国ETF…0円
・米国株…0円
・暗号資産…0円
・CFD取引…約20万円
($1=141円で換算)

12月は合計で約40万円の購入でしたが売却もしています。

売却履歴公開

・米国ETF…約42万円
・米国株…約38万円

リッヒ
リッヒ

来年も銘柄の入れ替えのために
少し売却を考えとるで

ここ
ここ

今年からはじまる新NISAの
資金確保は済んでるわよ!

2023年12月の積立投資(投資信託)

2年以上前から積立投資を続けている銘柄は以下の2銘柄です。

積立投資している銘柄

・eMAXIS Slim S&P500…10万円
・ニッセイNASDAQ100…10万円

夫婦2人分のつみたてNISAを含む合計20万円の積立投資をしました。

NASDAQ100への投資は以前は『eMAXIS NASDAQ100』を購入していましたが、10月からはニッセイNASDAQ100インデックスファンドに切り替えました。

理由は信託報酬が0.2035%と業界最安値だからです。(eMAXIS NASDAQ100の信託報酬は0.44%)

リッヒ
リッヒ

つみNIは楽天証券で
S&P500を買っとるで

つみたてNISAの運用実績についてはこちら

SBI証券では三井住友ゴールドカード(NL)を利用したクレカ積立することで、お得にVポイントをゲットしています。

ゴールドカードの年会費を永年無料にするための『100万円修業』については、筆者本人の分と奥さん名義のカード(2枚目)も達成しました。

ここ
ここ

家族カードではクレカ積立の
ポイントはアップしないの!

今ならカード決済でお得にポイントゲットできるキャンペーンもやっています。

SBI証券の新サービス『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

リッヒ
リッヒ

Oliveも持ってるだけで
ポイントがアップできるで

すでに三井住友カードを保有している方も『Olive口座開設』でさらにお得にポイントがもらえます。少しお得になる紹介コードを載せておきます。

2023年12月のスポット購入(投資信託)

2023年12月にはスポット購入した投資信託はありませんでした。

スポット購入した投資信託

・なし

投信のスポット購入は、コア・サテライト戦略のコア強化のために行ってきましたが、2024年からはじまった新NISAのために当分は追加投資することはないと考えています。

ここ
ここ

新NISAはすべて投資信託のつもりよ!

リッヒ
リッヒ

5年で3,600万円頑張るらしいで

また、投資信託より経費の安い米国ETFに投資しない理由は以下の通り。

米国ETFにしなかった理由

・日本円資産を増やすため(ドル資産とのバランス)
・配当金再投資の複利効果が投資信託の方が高効率だから

日本円で購入できるインデックスファンドについては、米国ETFで購入するよりも買付手数料や為替手数料を考慮すると、投資信託で購入した方がお得とのデータもあります。

米国ETFより投資信託の方がお得な理由はこちら

12月の投資信託のスポット投資は0円でした。

2023年12月に売却した投資信託

2023年12月には投資信託の売却はありませんでした。

売却した投資信託

・なし

今年からは現在保有しているeMAXIX Nasdaq100を売却して、ニッセイNASDAQ100に切り替えていこうと考えています。

リッヒ
リッヒ

信託報酬が安いからな

12月の投資信託の売却は0円でした。

2023年12月に購入した米国ETF

2023年12月に購入した米国ETFはありませんでした。

購入した米国ETF

・なし

筆者は米国ETFをコアの長期投資とサテライトの中短期に分けて運用しています。中短期的なETFはレバレッジETFセクターETFを購入しています。

米国ETFには様々な特徴のものがありますので、詳しく知りたい人にはこちらの記事が参考になると思います。

ここ
ここ

急落相場があれば買い増しも考えるわよ!

12月の米国ETFの購入金額は0円でした。

2023年12月に売却した米国ETF

2023年12月には米国ETFの売却は1銘柄でした。

売却した米国ETF

・CURE…約42万円

CUREはヘルスケアのレバレッジ3倍ブルETFですが、およそ2年前に購入したにもかかわらず思うようなパフォーマンスが見込めなかったので売却しました。

他にも、現在保有しているETFの中には長期投資のつもりではない銘柄もあります。

セクターETFやレバレッジETFは、トレンドが変われば売却しようと考えています。

リッヒ
リッヒ

エネルギーETFは売りそびれたな

ここ
ここ

タイミングを見て売却予定よ!

12月の米国ETFの売却は約42万円でした。

2023年12月に購入した米国株

2023年12月に購入した米国株(個別株)はありませんでした。

ここ
ここ

今後も買い増しを考えてるわ!

購入した米国株

・なし

現在の相場は何もかもが値上がりする状況のため、欲しい銘柄があったとしても買い時だとは考えていません。

1年のうちに何度かは小さな調整局面がありますので、マイクロソフトやエヌビディアなどが大きく下落するようなタイミングがあれば買い増ししていこうと考えています。

また、今後はウォッチしている小型グロース株の購入も検討しています。

リッヒ
リッヒ

テンバガー狙いやな

ここ
ここ

ここからは爆上げ期待よ!

◎個別株への投資額は0円でした。

2023年12月に売却した米国株

12月に売却した個別株は1銘柄でした。

売却した米国株

・VRTX(バーテックス)…約38万円

バーテックスは元々短期投資の予定で、目標利益率まで上昇したために売却しました。もう少し上昇が見込める局面でしたが、欲張らずに利確しておきました。

また、リスクヘッジのために購入したシェブロンやアッヴィの売却タイミングを計っているところです。

2023年はリセッションを懸念して高配当銘柄もポートフォリオに組み入れていましたが、結果だけ見ればお荷物となってしまいました。

ここ
ここ

配当金はキッチリもらったわ!

12月の米国株(個別株)の売却は約38万円でした。

2023年12月暗号資産の購入履歴

2023年12月の暗号資産の購入は0円でした。

購入した暗号資産

・なし

こちらはビットコインの年初来の週足チャートですが、11月に爆上げした後に12月はヨコヨコの展開です。

12月のビットコイン価格はわずかな上昇でしたが、年初来では+175%の急騰しています。

ビットコインETFが現実味を帯びてきたことによる上昇ですが、恐らく当分のあいだ日本の証券会社では購入できませんね。

こんな時のためにも今のうちに取扱銘柄が断トツなIG証券などを開設しておきましょう。

リッヒ
リッヒ

ビットコインETFが出た時には爆上げやな

ここ
ここ

ビットコイン現物も魅力よ!

筆者はいくつかの暗号資産口座を開いていますが、コインチェックが一番使いやすいと感じているので、これから暗号資産の取引をはじめようと考えている人がいるなら、コインチェックの口座開設をおすすめします。

2023年12月のCFD投資

筆者は昨年からCFD投資にもチャレンジしています。CFD投資とは『差金決済取引』のことで、短期的に大きな利益を生み出すことのできる投資法です。

レバレッジがかけられるためリスクも伴いますが、下落相場でも利益が取れるため資産減少のリスクヘッジとして利用できます。

現在、筆者はナスダック100指数や原油、VIX指数や日経平均などを取引しています。

ここ
ここ

売りも買いもやってるわよ!

購入したCFD

・CFD…約20万円

購入というよりも『証拠金』といった方が正しいのですが、レバレッジがかけられるため比較的少額投資でも大きなリターンが狙えます。

CFD取引は様々な指数や銘柄、コモディティなどの取引が可能なため、市場の大まかな動きをとらええることができる人であれば、結構な利益を出せると思いますよ。

CFD
ここ
ここ

11月は上手くいかなくて
2万円ほどの損失だったわ!

リッヒ
リッヒ

あまり欲をかくと失敗するで

CFD投資に興味がある人はこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

購入・売却の理由

2023年12月末現在で、筆者の考える『購入・売却の理由』は以下の通りです。

購入理由

今後もそれぞれの資産への追加購入を考えていますが、各々への投資理由は以下の通りです。

投資信託

・長期を見据えたインデックス投資
・2024年からは新NISAのコア投資

米国ETF

・上昇トレンドにあるセクターETFへの中短期投資
・下落相場のクッション材となるリスクヘッジ
・相場のうねりをとるためのレバレッジETFへの投資

米国株

長期投資のための大型株
・トレンド銘柄への短期投資
テンバガー狙いの小型株

暗号資産

・長期目線のハイリスク資産として

CFD投資

・短期のお小遣い稼ぎ

売却理由

基本的に売却はあまり考えていませんが、短期的なうねりを取りに行く銘柄に関してはタイミングを見て売却していきます。

米国株・ETF

・サテライト運用の利確、損切り
・他銘柄への投資資金(ドル資産)の確保

スポンサーリンク

2024年の投資方針『新NISAを軸に長期投資へ』

2024年の投資方針ですが『新NISAを軸に長期投資へ』考えています。

2024年からの新NISAに備える

2024年からはじまった新NISAは、非課税期間が無期限となる神改正です。

しかも生涯限度額が1,800万円に跳ね上がり、毎年最大360万円の投資が可能になります。

筆者は投資限度額(夫婦2人分)を最短で埋めにいくつもりなので、今後は投資資金の大半は新NISAにつぎ込むことになると思います。

リッヒ
リッヒ

年間720万円の投資は
新規買いだけじゃ無理や

新NISAについて詳しくはこちら

最短で非課税枠に投資する

1人1,800万円の限度額ですが、夫婦2人分で3,600万円を最短5年でぶち込もうと思ったら、年間720万円の投資が必要となります。

12ヶ月で割ると毎月60万円となりますね。

リッヒ
リッヒ

普通ならムリゲーやろ

ここ
ここ

特定口座を売却してでも
最短で限度額を埋めにいくわ!

それでも投資効率を考えたら最短での投資が最適解と考えていますので、何とか最短で新NISA枠を埋めるつもりでいます。

新NISAの最適解の投資法はこちら

新NISAのための種銭を確保する

さすがにこれまで通りの投資を続けていたら、新NISAのための種銭をつくることはできません。

今年は来年以降のための種銭を確保する目的で、短期投資も視野に入れた投資戦略を考えています。

ここ
ここ

ポートフォリオの見直しには
ちょうどいい機会ね!

スポンサーリンク

2023年12月売買銘柄公開まとめ

2023年の米国市場は大きく上昇しました。

特にAIブームによって急激に上昇した銘柄もありますが、少し買われ過ぎにも感じています。

今後も上昇が続くと考えている投資家も多いようですが、いつ反転するのかわからないのが株式市場です。

経済指標は引き続きウォッチしていきたいと考えています。

1月の注目イベント

・1/ 4 ISM製造業景気指数
*1/ 5 雇用統計
・1/ 6 ISM非製造業景気指数
*1/11 消費者物価指数(CPI)
・1/12 生産者物価指数(PPI)
・1/16 ニューヨーク連銀製造業景気指数
・1/17 小売売上高
・1/20 ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
・1/25 PCEデフレーター
・1/31 コンファレンスボード消費者信頼感指数
・1/31 シカゴ購買担当者景気指数(PMI)

今の上昇相場が今後も続くと考えて大きく勝負に出ると痛い目に会うかも知れませんから、リスクのとり方には十分注意して共に資産を大きくしていきましょう。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

無料で視聴できるオンライン投資講座

投資の達人になる投資講座

自分のタイミングで見ることができ動画の停止や途中再開もできます。
倍速再生も可能

SBI証券の『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービス
通常の申し込みページよりもお得な『最大10,000円+10%の紹介特典』がもらえるURL

売りから入れるCFD取引をはじめるなら取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

配当株のうち優良な米国株を紹介しています。

他にも投資に役立つニュースレターが届きます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

moomoo証券

新NISAに関するおすすめの書籍はこちら

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)