40万円の投資先【2022年7月の購入銘柄を公開】今後の投資方針の発表

売買記録
スポンサーリンク

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
円安に躊躇している
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

2022年も7ヶ月が経過しましたが、7月に入ってやっと反転の機兆しが見えた米国市場にホッと胸をなでおろしているのは筆者だけではないはずです。

とはいえ、リセッション懸念がなくなったワケではないため、自分のポートフォリオに不安を覚える投資家も多いのではないでしょうか?

相場が下落している今のうちに欲しかった銘柄を買って良いものなのか、これからリセッションに突入する可能性があるのであれば、もう少し我慢した方が良いのかって悩みますよね。

そこで今回の記事では、筆者自身が7月に購入・売却した銘柄今後の投資方針について解説していきたいと思います。

少しでも、みなさんの投資戦略の参考になれば幸いです。

リッヒ
リッヒ

7月はこの2年間で1番売買が少なかったな

スポンサーリンク

2022年7月の購入・売却履歴

2022年7月に購入した銘柄について公開していきます。

購入履歴公開

・投資信託・・・40万円
・米国ETF・・・0円
・米国株・・・ 0円
・暗号資産・・・0円
($1=133円で換算)

合計で約40万円ほどの追加投資です。

7月には売却は行っていません。

売却履歴公開

・なし

ここ
ここ

8月には銘柄入れ替えも考えてるわ!

リッヒ
リッヒ

ドル高が収まるまでドル転できんな

2022年7月の積立投資(投資信託)

相場が下落している現在も、引き続き積立投資している銘柄は以下の2銘柄です。

積立投資している銘柄

・eMAXIS Slim全米株式(S&P500)
・eMAXIS NASDAQ100

◎eMAXIS Slim全米株式(S&P500)…10万円
(楽天カード決済)
夫婦2人分の『つみたてNISA』満額分を含む(楽天証券)

◎eMAXIS NASDAQ100…10万円
(三井住友ゴールドカード決済)
夫婦2人分の積立投資(SBI証券)

合計20万円の積立投資をしました。

また、SBI証券でクレカ積立することでVポイントがもらえるため、昨年から夫婦2人分で5万円ずつクレカ決済の積立投資をしています。

今ならカード決済でお得にポイントゲットできるキャンペーンもやっています。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

楽天証券でのクレカ積立は、2022年9月から改悪により1%還元から0.2%還元に減ってしまいます。

筆者は来年から『つみたてNISA』はSBI証券に乗り換えようかなと考えています。

2022年7月のスポット購入(投資信託)

2022年7月にスポット購入した投資信託は1銘柄でした。

スポット購入した投資信託

・eMAXIS NASDAQ100

投信のスポット購入は、コア・サテライト戦略のコア強化のためであり、日本円資産を増やすといった意味合いがあります。

ここ
ここ

ドル資産が多すぎるの!

7月のスポット購入した投資信託は積立投資をしている銘柄と同じですが、これまでも相場が下落したタイミングで長期投資を前提としたインデックスファンドの買い増しをしてきました。

今後もキャッシュとのバランスを見ながら、投資信託のスポット購入を検討していきます。

リッヒ
リッヒ

どうせ購入するなら下落しとる時がチャンスや

また、投資信託より経費の安い『米国ETF』のVOOやVTI、QQQに投資しない理由は以下の通り。

米国ETFにしなかった理由

・現在のポートフォリオの米ドルの割合が高すぎるため
(日本円のアセットを増やしたかった)

・長期投資の鉄則である配当金再投資(複利効果)について、投資信託の方が効率が良いから

・現在の為替が円安だから
($1=105円以下ならドル建てETFへの投資を検討する)

米国ETFで購入しなくとも日本円で購入できるインデックスファンドについては、買付手数料や為替手数料を考慮すると、投資信託で購入した方がお得とのデータもあります。

米国ETFより投資信託の方がお得な理由はこちら

そのため、投資信託でも購入可能なインデックスファンドについては、日本円の資産形成に一役買ってもらっています。

リッヒ
リッヒ

まだまだアセットが
米ドルに偏っとるな

筆者はNASDAQへの投資は『eMAXIS NASDAQ100』を購入していますが、NASDAQ100への投資は様々な方法があるので、自分にあった方法を探してみて下さい。

投資信託のスポット投資は20万円でした。

2022年7月に購入した米国ETF

2022年7月に購入した米国ETFはありませんでした。

購入した米国ETF

・なし

7月は米国ETFの購入はありませんでしたが、筆者は米国ETFをコアの長期投資とサテライトの中短期に分けて運用しています。

中短期的なETFは、レバレッジETFやセクターETFを購入しています。

一方で、長期的な投資目線ではインデックスETFを運用しています。

最近は円安が進み過ぎてドル転するのも抵抗があるので、ドル資産内でのやり取りを心掛けています。

米国ETFの購入金額は約0円でした。

2022年7月に売却した米国ETF

2022年7月に売却した米国ETFはありませんでした。

売却した米国ETF

・なし

7月に売却した米国ETFはありませんでしたが、セクターETFのXLE(エネルギーセクター)はそろそろ手放そうとも考えています。

昨年から保有していたエネルギーセクターETFのXLEですが、年初来リターンの半分が6月で失われました。

7月には少し反転してくれましたが、このまま長期で上昇するとは考えていません。

リッヒ
リッヒ

もう一度ハイテクの時代が来る気配やな

2022年7月に購入した米国株

2022年7月には米国株(個別株)の購入はありませんでした。

ここ
ここ

欲しい銘柄はたくさんあるわよ!

購入した米国株

・なし

◎個別株への合計投資額は0円

新規購入や追加購入も検討していますが、長期的に保有したいと考えているMSFT(マイクロソフト)やNVDA(エヌビディア)などは魅力的な価格に見えます。

リッヒ
リッヒ

少し回復して来とるけどな

ここ
ここ

それでもまだ去年よりは割安な水準よ!

7月に購入した米国株(個別株)はありませんでしたが、今後も大型株を中心に個別株の保有割合を増やしていく予定です。

2022年7月に売却した米国株

7月に売却した個別株はありませんでした。

売却した米国株

・なし

基本的に米国株(個別株)は長期的に保有できるものに限って購入を検討しているのですが、場合によっては短期的な取引にも利用しています。

現在はエネルギー銘柄のCVX(シェブロン)とCLR(コンチネンタル・リソーシズ)を保有していますが、そろそろ手放すことも検討していますので、来月の売買記録の記事を作成する時には保有していないかも知れません。

ここ
ここ

売るタイミングを計っているの!

7月の米国株(個別株)の売却は0円でした。

2022年7月暗号資産の購入履歴

2022年7月には2銘柄の暗号資産を購入はありませんでした。

昨年11月の高値から続落してきたビットコインですが、1月に底を打った後ヒタヒタと価格を切り上げてきました。

しかし、5月の初旬より三角持ち合いを下に抜けてからは、大きな下落に見舞われています。

まだまだ下落トレンドを抜けたと断言できるワケではありませんが、6月の追加購入が長期的には買い場だったと信じています。

ここ数週間は下値を固めているように見えますが、もう一段階下を目指してしまう可能性もあります。

もし一段と価格を下げるような場面があるようなら、暗号資産の追加購入も検討したところです。

ここ
ここ

少なくとも3年後の上昇を期待してるわ!

購入した暗号資産

・なし

暗号資産の未来を信じられないのであれば、参入することはおすすめできませんが、5年、10年先までの保有を考えるのであれば、現在の価格はお買い得ととらえても良いかも知れません。

リッヒ
リッヒ

暗号資産は保有していないリスクの方が大きいで

筆者はいくつかの暗号資産口座を開いていますが、コインチェックが一番使いやすいと感じているので、これから暗号資産の取引をはじめようと考えている人がいるなら、コインチェックの口座開設をおすすめします。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

スポンサーリンク

購入・売却の理由

2022年7月現在で、筆者の考える『購入・売却の理由』は以下の通りです。

購入理由

投資信託

コア・サテライト戦略のコア強化のためのインデックス投資と、日本円資産の確保

米国ETF

米国市場の今後を信じた中長期目線での投資
上昇トレンドにあるセクターETFへの短期投資
相場のうねりをとるためのレバレッジETFへの投資

米国株

長期投資のための大型株
トレンド銘柄への短期投資

暗号資産

長期投資のハイリスク資産として

売却理由

米国株(個別株)

サテライト運用の利確、損切り
決算ミス
他銘柄への投資資金(ドル資産)の確保

スポンサーリンク

2022年の投資方針『積立は継続、急落時には追加投資を』

2022年今後の投資方針についてですが、『積立は継続、急落時には追加投資を』と考えています。

今年の米国市場は高インフレや利上げに苦しめられてきました。

すでに株式市場には織り込み済みとも考えられますが、リセッションに伴なう本格的な暴落が待ち構えているかも知れません。

コツコツと積立投資を続けながらも、サテライト運用としては相場のうねりを少しでもとれるように、引き続きマーケットをウォッチしていきたいと考えています。

下落相場で仕込みたい銘柄

7月に入り反転上昇している米国市場ですが、リセッション入りすれば本格的な暴落の可能性もあります。

そんな時こそ大きなリターンを得るチャンスと考え、今のうちから仕込みたい銘柄を考えておこうと思います。

下落相場で仕込みたい銘柄

・MSFT(マイクロソフト)
・GOOGL(アルファベット)
・AMZN(アマゾン)
・NVDA(エヌビディア)
・TSLA(テスラ)

現在もドル高が進行している状況ですので、日本円からのドル転に抵抗がある人は投資信託への投資のみに留めておくでもいいかの知れませんね。

注目のセクター

現在もっともパフォーマンスが良いのは一般消費財セクターです。

アマゾンやテスラがけん引する一般消費財セクターは、今年に入り大きく下落してきましたが7月に入り反転上昇をはじめました。

年初来で▲36%もの下落をしていた一般消費財セクターETFのVDCは、7月の1ヶ月で+18%も上昇しています。

昨年末の高値まで戻すのであればアップサイドは33%以上あります。

アマゾンやテスラの株価に大きく影響される一般消費財セクターですが、米経済がこれからも強いと予想するのであれば、魅力のセクターとなることは間違いありません。

スポンサーリンク

2022年7月購入銘柄公開まとめ

7月の米国市場はS&P500が+8%上昇する中で、この先当分は上げ相場が続くと考えるアナリストも多いようです。

リセッション懸念がなくならないまでも、大底は過ぎたと考えても良いかもしれません。

とはいえ、まだまだ下落のリスクもありますので、今月も引き続き注目のイベントはウォッチしていきたいと思います。

今後注目のイベント

・8/ 1 ISM製造業景気指数(7月)
・8/ 3 ISM非製造業景気指数(7月)
・8/ 5 米雇用統計(7月)
*8/10 消費者物価指数(7月)
・8/11 生産者物価指数(7月)
・8/12 ミシガン大学消費者信頼感指数
・8/17 小売売上高(7月)
・8/25 実質GDP(前期比年率)(速報)
*8/25~27 ジャクソンホール会議
・8/26 PCEコアデフレータ(前期比年率)(速報)

どれも重要なイベントや経済指標の発表ですが、景気を計るISMやインフレ指数が発表される消費者物価指数(CPI)は、株価に直接大きな影響を与えるため注目が集まります。

また、8月には世界中から経済界の要人が集まるシンポジウム(ジャクソンホール会議)があります。

まだまだ簡単に株価が上昇するとは考えにくい状況ですが、お互い相場から退場しないようにリスクのとり方には十分注意して共に資産を大きくしていきましょう。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました