【90倍以上お得!SBI証券で最安ドル転術~裏技あり】どの証券会社がいいの?

スポンサーリンク

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

近年、米国の株式市場の好調を受け、個人投資家の中でも『米国株投資』が注目を浴びています。

証券会社各社は、何とかこの個人投資家たちを顧客として引き込もうと、『手数料合戦』を行ってきました。

そのおかげで、我々個人投資家は『買い付け手数料無料』の恩恵を受けているのです。

ネット証券最大手のSBI証券に関しては、『ETFの定期買付』があることも現在では有名な話です。

買付可能銘柄にしても、SBI証券、マネックス証券などでは年々その銘柄数を増加させています。

それではみなさんが証券会社を選ぶ際、どのようなことに留意して選択すればいいのでしょうか。

その中のひとつとして『決済手数料』があります。

米国株の買付時の決済方法

米国に絞って検証してみますが、みなさんはどのような『決済方法』を選択していますか?

円貨決済ですか?米ドル貨決済ですか?

『面倒だし手間がかかるから円貨決済だよ』

と言う、お金に余裕のある方は、こちらの記事に価値はありません。

逆に『少しでも手数料などの経費は削減したいよ』と考えている方。

ほんの少しかも知れませんが、お手伝いできる可能性がありますので、最後までお付き合いください。

ドル転の手数料

円貨決済』する場合では、証券会社に円を支払い、一定の手数料を支払うことで外貨の商品の購入ができます。

では、各金融機関で手数料比較してみましょう。

SBI証券 25銭 
楽天証券 25銭 
マネックス証券 25銭 
楽天銀行 25銭 
三菱UFJ銀行 25銭 
住信SBIネット銀行 4銭 

(*1米ドルあたりの片道手数料)

リッヒ
リッヒ

1社以外みんな一緒なんやな

ここ
ここ

業界最安値をピックアップしたから

このような結果になったの!

銀行でドル転した場合には、証券会社に振り込む必要があります。

これにも手数料がかかる場合もあります。今回の『住信SBIネット銀行』から『SBI証券』への振り込みは無料です。

リッヒ
リッヒ

じゃあ住信SBIネット銀行の

『4銭』が最安値ってことなんか?

この方法以外に、『円』を『ドル』に変える方法はないのでしょうか?

その他、ドル転方法ってあるの?

先ほどの住信SBIネット銀行の『4銭』より手数料の安いドル転方法は、以下のふたつ。

住信SBIネット銀行での『外貨積立』

概要は以下の通りです。

積立設定は『毎日』『毎週』『毎月』の3種類。

積立て一回当たりの振込額は、500円~5,000万円まで。

成人の方ならどなたでも利用できる。

住信SBIネット銀行の『円普通預金』から『米ドル普通預金』への預け入れ。

また、取引レートは預入日の8:30の為替レートによって約定。

為替コストは、1米ドルあたり(片道)2銭

先ほどの最安値よりも、半値です。
しかし、急に買付したい際には不向きなため、計画的に利用することが必要になります。

裏技

『毎日設定』『必要米ドル分積立』とし、翌朝積立できた時点で『一時停止』とすれば、実際に必要な金額分『ドル転』できてしまうんですけどね。利用規約を読んだ限りは可能な感じですが、実際にやったことがありませんので『注意』される可能性もありますけどね(笑)

SBI証券での『FX』

FXの取引単位は、1単位=1万米ドルです。
このため、少額投資家には向いていないドル転方法ですが、一度の購入金額が大きい方や、資産をドルで保有したい方には向いています。

こちらも成人に限って利用が可能です。

為替コストは、1米ドルあたり(片道)0.267銭

FXで必要口数を注文し、現引し外貨口座に移す方法です。

これにより、米国株やETFの購入を、米ドルにて外貨決済することが可能になります。

各種ドル転コスト比較

解りやすくするために、条件を『1米ドル=100円』『1万米ドルにドル転』『片道』とします。

必要手数料
SBI証券【円建て2,500円
住信SBIネット銀行【ドル転400円
住信SBIネット銀行【外貨積立200円
SBI証券【FX27円

通常の『円建て』で購入するよりSBI証券の『FX』で購入する方法は、90倍以上お得であることが確認できます。

お得なドル転まとめ

SBI証券での【FX】

購入金額が大きい人におすすめ

住信SBIネット銀行での【外貨積立】

コツコツ型の人におすすめ

住信SBIネット銀行での【ドル転】

ちょっとでも得したい人におすすめ

ネット証券での【円貨決済】

手間をかけたくない人におすすめ

手数料を安くしようと工夫することは、投資家として大切だけど、手間の割には大きな差がないので、円貨決済でもいい気がしますけどね(笑)

ここ
ここ

最後まで読んでくれて

ありがとうございました!

他にもお得な情報が

いっぱいありますので

別の記事も読んでいってね!

SBI証券でお得に投資をはじめる方法はこちら

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました