【SVBの破綻も連鎖倒産はない?】優良銀行株の買い場到来

スポンサーリンク

当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

市場分析
こんなことがわかる記事

・3/13米国市場の値動き
・S&P500指数の展望
・米国経済に関するトピックス

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

今週はじめとなる昨日の米国市場は、思ったより小幅な値動きとなりました。

市場はSVBの話題で持ちきりですが、どうやらリーマンショックのような状況にはならないという見解が広がったことで、金融株以外は好調なようです。

ホワイトハウスやFRBも出動することとなった今回の破綻騒動ですが、本当にリーマンショックのような連鎖倒産はないのでしょうか?

それでは3/13の米国市場を振り返り【SVBの破綻も連鎖倒産はない?】優良銀行株の買い場到来について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
今後のS&P500について解説してるで

スポンサーリンク

3/13 米国市場の値動き

昨日の米国市場は比較的小幅な値動きとなりました。

連日SVBの話題で持ちきりですが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

なんとか持ち直している米主要3指数

昨日の米国市場は金融パニックの中でもナスダックは上昇しました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲0.15%
・ダウ…▲0.28%
・NASDAQ…+0.45%

プレマーケットでは売られていた相場は、マーケットがオープンすると上昇していきました。

その後はショートや買い戻しによって株価は大きく乱高下しましたが、引けにかけて売られたことでプラスで引けたのはナスダックのみとなりました。

金融株が大きく下落していますので、金融株を含むダウとS&P500はマイナスに転じています。

ここ
ここ

そこまでパニックは大きくなかったわね!

グロース株よりバリュー株の方が下落しており、特に中小型株の売り圧力が強かったようです。

ここ
ここ

ハイパーグロース株は差が出たわね!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…▲0.39%
・COIN(コインベース)…+10.72%
・CRWD(クラウドストライク)…+1.41%
・DDOG(データドッグ)…+1.69%
・DOCS(ドキシミティ)…±0%
・MQ(マルケタ)…▲4.54%
・U(ユニティ)…▲2.20%

急落した長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日の終値3.704から3.545に急落しました。

前日に続き長期金利の急落が続いています。

次回FOMCでの利上げが0.5%になる観測が高まったことで、一時は4%を超える場面のあった長期金利でしたが、金融リスクの高まりから債券が買われています。

10年債以外にも短期債も急落していますから、株式にとっては上を向くチャンスとも言えそうです。

リッヒ
リッヒ

グロース株のチャンスかもしれんな

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、金融株が大きく下落していることがわかります。

ここ
ここ

地銀は崩壊してるわね!

GAFAMは軒並み上げていますが、公益事業や不動産などは全体的に大きく上昇しました。

他にもヘルスケアが好調に見え、LLY(イーライリリー)+3.01%や、AMGN(アムジェン)+2.33%など、これまで低迷してきたヘルスケアが日の目を見る相場に転換するかもしれませんね。

しかし、昨日はやはり金融株の下落が目立ち、特に地銀の急落は数日間は続きそうですね。

3/13急落した金融銘柄

・BAC(バンク・オブ・アメリカ)…▲5.81%
・WFC(ウェルズファーゴ)…▲7.13%
・C(シティグループ)…▲7.45%
・SCHW(チャールズ・シュワブ)…▲11.57%
・USB(USバンコープ)…▲10.04%
・FRC(ファースト・パブリック・バンク)…▲61.83%
・TFC(トゥルイスト・ファイナンシャル)…▲16.99%

SVB(シリコンバレーバンク)の破綻が他銀行へ波及することが懸念されて、地銀を中心に株価を急落させています。

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクターのうち6セクターが上昇5セクターが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・公益事業…+1.18%
・不動産…+1.15%
・ヘルスケア…+1.01%
・情報技術…+0.56%
・通信…+0.22%
・生活必需品…+0.22%
・一般消費財…▲0.1%
・素材…▲0.22%
・資本財…▲0.81%
・エネルギー…▲2.24%
・金融…▲2.97%

やはり金融セクターが売られており、3%近い急落をしています。

他にもエネルギーセクターも大きく下落したことで、ダウなどの指数もマイナスとなったようです。

一方で公益事業、不動産、ヘルスケアセクターなど、比較的ディフェンシブセクターは上昇を見せました。

リッヒ
リッヒ

金融はもう少し下げそうやな

不確実性が増したS&P500

昨日のS&P500は下落したことで、終値では3,855まで下げています。

これまでインフレと戦ってきたFRBに対して、経済指標は徐々に反応してきたことで市場には『そろそろターミナルレートが近いのか?』といった憶測が広がっていました。

そこにきてSVBの破綻ですから、本当に株式市場ってわからないものですよね。

それでも待ったなしに消費者物価指数(CPI)の発表があり、FOMCも控えています。

FRBがどちらに舵を切るのか不確実性が高まっています。

ここ
ここ

テクニカル的には弱いチャートね!

スポンサーリンク

米国市場のトピックス

昨日のトピックスのうち、米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

次回FOMC利上げ停止まである?

SVB(シリコンバレー・バンク)の破綻を受けて、次回FOMCでは利上げ停止に追い込まれるのではないかといった憶測が広がっています。

パウエル議長の委員会証言によって、次回FOMCでの利上げ幅が0.5%になるとの観測が広がっていました。

一方で、SVBの破綻のニュースが広がると、連鎖倒産の懸念から利上げ停止に追い込まれる観測が広がりました。

現在は0.25%利上げが73%を占めていますが、利上げ停止の予想が27%にまで増加しています。

今夜の消費者物価指数(CPI)次第では、本当に利上げ停止の可能性が浮上してきます。

リッヒ
リッヒ

まあ恐らく0.25%利上げやろな

SVB破綻受けてドル円急落

SVBの破綻の影響は為替にまで波及しており、ドル円は一時132円台前半にまで急落しました。

同様に破綻の恐れのあるファースト・リパブリック・バンクの株価は62%安となり、地銀の連鎖倒産の懸念が広がることでドルが売られました。

同様に2年債利回りは▲0.5%低下して、3日間の下げが▲13%を超え1987年のブラックマンデー以来の最大を記録しています。

急落する銀行株はお買い得

パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントのCEOを務める資産家のビル・アックマンは、米政府が「正しいこと」を行う限り、地銀株は現時点で「信じられないほど割安」との認識を示しました。

今回のSVBの破綻によって、地銀を中心に株価は急落しています。

しかし、実際には経営状態の良い銀行まで株価を急落させていますので、今回の下落は『買い時』と判断しているようです。

確かにWFC(ウェルズファーゴ)やMS(モルガンスタンレー)なども、前回決算で素晴らしい業績を発表していましたので、今回の下落は『押し目買いのチャンス』かもしれませんね。

ウェルズファーゴの株価チャート
モルガンスタンレーの株価チャート
リッヒ
リッヒ

もう少し待った方が良さそうやけどな

3月の注目イベントについて

3月も重要な経済指標の発表が続きますので、相場に大きな影響を与えそうなイベントをピックアップしておきます。

今後注目のイベント

*3/14 消費者物価指数(CPI)
・3/15 小売売上高
・3/15 ニューヨーク連銀製造業景気指数
・3/15 生産者物価指数(PPI)
・3/16 フィラデルフィア連銀景気指数
・3/17 ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
・3/23 FRB政策金利(FOMC)
・3/31 PCEデフレーター
・3/31 シカゴ購買部協会景気指数(PMI)

リッヒ
リッヒ

今夜は消費者物価指数(CPI)やな

スポンサーリンク

まとめ

【SVBの破綻も連鎖倒産はない?】優良銀行株の買い場到来をまとめます。

まとめ

【3/13の米国市場の値動き】
・S&P500…▲0.15%
・ダウ…▲0.28%
・NASDAQ…+0.45%
・長期金利は3.545に低下
【経済トピックス】
・次回FOMC利上げ停止まである?
・SVB破綻受けてドル円急落
・急落する銀行株はお買い得

昨日の米国市場はSVBの破綻を受けても小幅な値動きだったと思います。

一部ではリーマンショックのように銀行が連鎖倒産するといった憶測まで聞かれましたが、ホワイトハウスやFRBなどがそれを許さないようです。

今夜には消費者物価指数(CPI)の発表もあり、来週にはFOMCも控えています。

われわれ個人投資家ができることは、日々のニュースに踊らされることなく、市場をじっくり眺めながら、長期の視線で相場に向き合いたいところですね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券の新サービス『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『+15%の紹介特典』がもらえるURLです。

配当株のうち優良な米国株を紹介しています。

他にも投資に役立つニュースレターが届きます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

  1. yoshi より:

    >われわれ個人投資家ができることは、日々のニュースに踊らされることなく、市場を>じっくり眺めながら、長期の視線で相場に向き合いたいところですね。
    全く同感です。

    • ここ屋 より:

      yoshiさん

      コメントありがとうございます。
      当ブログでは毎日のニュースや株価動向を配信していますが
      内心では『それでもあまり気にしない方がいいですよ』と心でつぶやいてます(笑)
      株式投資というものは『結果的にジタバタしない方がパフォーマンスが良かった』
      なんてことがよくありますからね。(←経験者😭)

通常の申込みページよりも2,000円もお得          1万円相当+最大10%のVポイントがもらえる
三井住友カード作成はコチラ