【新FIRE計画に注目】本気でFIREしたいなら増税を考慮しよう

こんな人におすすめな記事

・FIREに興味がある
・FIREに対する準備をしている
・増税を考慮したFIREに必要な資産額を知りたい

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(みなさんの力でランキング押し上げて下さい!)

ここ
ここ

こんにちは!
数年以内にはFIREしたい『ここ屋』よ!

FIREムーブメントが日本に広まって数年が経ちます。

すでに社会的にも認知度が上ってきたFIREですが、実際にRE(早期退職)を達成した人は多くありません。

近年から投資をはじめた人については、10年後あるいは20年後のFIREを目指している人も多いはずです。

でも、あなたは20年後のFIRE計画を税率20%で計算していませんか?

現在の日本の経済政策を眺めると、株式投資における増税は既定路線です。

そこで今回の記事では、【新FIRE計画に注目】本気でFIREしたいなら増税を考慮しようについて解説していきたいと思います。

FIREについて詳しく知りたい人は、こちらの記事が参考になります。

スポンサーリンク

本気でFIREしたいなら増税を考慮しよう

岸田政権になってからというもの、日本国家の財政難からバカの一つ覚えのように『増税』を騒ぎ立てる与党ですが、日本に暮らす以上は政府の決定事項に逆らうことはできません。

本気でFIREしたいなら増税を考慮したFIRE計画をたてる必要がありそうです。

株式投資にかかる税金は20%

株式投資にかかる税金は、現在のところ所得税15.315%(復興特別税0.315%含む)と住民税5%、合計で20.315%がかかります。

投資に対する税金は、会社員の給与にかかる累進課税方式とは異なる、『分離課税方式』が適応されます。

現在の分離課税は、一律20.315%の税率で配当金にかかる『配当課税』でも売却益にかかる『譲渡益課税』でも同様の税率です。

利益を得た時点で利益分に課税される

投資に対する税金について、誤った認識をしている人を見受けるので、簡単におさらいしておきます。

ここ
ここ

例を出して解説するわね!

投資における税の考え方

以下の2者(AとB)は同様に100万円分の株式を売却しました。しかし、実際にかかってくる税金は両者とも20万円(売却金額の20%)ではなく、異なる金額の税金となりました。

【条件】
・Aは80万円で購入した株を100万円で売却
・Bは20万円で購入した株を100万円で売却

【納める税金と手残り】
・Aは譲渡益の20万円に対して20%の課税がされるため、税額は4万円となり手元には96万円が残ります。
・Bは譲渡益の80万円に対して20%の課税がされるため、税額は16万円となり手元には84万円が残ります。
(計算を簡単にするため税率は20%としています)

リッヒ
リッヒ

儲けが大きい方が税金もたくさん納めるんやな

ここ
ここ

お上に対する上納金よ!

社会の変化による税率の変化

最近になって投資をはじめたばかりの人は、投資の利益に対する税率は20%であることが当然のように思っている人も多いようです。

でも実際には、分離課税の税率は時を経るごとに増加してきた歴史があります。

そもそも配当課税と株式譲渡益課税は別の税率であったり、増えたり減ったり非課税枠ができたりなど、とても複雑な税制改正が実施されてきました。

詳しく知りたい人は財務省のHPでご確認ください。

ここ
ここ

戦後まもなくは総合課税(累進課税)だったわ!

リッヒ
リッヒ

その後は非課税になったり
昭和は比較的緩和傾向にあったみたいやな

ここ
ここ

2003年には分離課税で10%になったけど
2014年から20%に戻ったの!

少子高齢化が進行し、財政難の日本において今後も増税は既定路線のようです。

投資の利益に対する増税は既定路線

増税の可能性をFIREに織り込もう

増税の可能性がある限りFIREに対するリスクヘッジとして、FIRE計画に増税を織り込む必要がありそうです。

差し当たり25%、さらに将来的に30%と増税されてもなお、私たちはFIREできるようにシミュレーションしておくべきかも知れません。

リッヒ
リッヒ

税率20%でも厳しいのに
増税織り込むとかムリゲーや

ここ
ここ

それでも可能性を考慮しておかないと
いざという時に対処できないわよ!

4%ルールに増税を考慮してみる

FIREと言えば4%ルールを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、本場アメリカで生み出された4%ルールを、日本でそのまま適応するのは難しいかも知れませんね。

リッヒ
リッヒ

税制がちゃうからな

ここ
ここ

では日本の税率で4%ルールを検証していくわね!

日本の税率でFIREをシミュレーション

【条件】
・FIRE後の毎月の支出は30万円とする(年間支出360万円)
(予定支出が異なる人は自分の支出に置き換えて計算し見て下さい)
・配当金ではなく譲渡益(売却益)での所得とする
・税率は20%(配当益ではないので外国税は考慮せず)

【税率20%の場合】
360万円÷0.8=450万円(税引き前譲渡益)
450万円x25倍(4%ルール)=1億1,250万円(必要投資額)
*為替変動は考慮せず

【税率25%の場合】
360万円÷0.75=480万円(税引き前譲渡益)
480万円x25倍(4%ルール)=1億2,000万円(必要投資額)

【税率30%の場合】
360万円÷0.7≒515万円(税引き前譲渡益)
515万円x25倍(4%ルール)=1億2,875万円(必要投資額)

現在の税率20%の時と比べ、25%になった時には投資総額を750万円増やす必要があり、30%になった時には投資総額を1,625万円増やす必要があるようです。

リッヒ
リッヒ

簡単に1,600万円言ってくれるな

ここ
ここ

ザックリ計算で5%の増税につき
FIREが1年先延ばしになるの!

配当益(インカムゲイン)でのFIREはさらに困難

配当益(インカムゲイン)でのFIREは、さらに困難となることが予想されます。

理由は配当金(インカムゲイン)には、外国税が課せられるからです。

リッヒ
リッヒ

外国税って『外国税額控除』で
戻ってくるんじゃないの?

ここ
ここ

外国税額控除ってすべて
戻ってくる訳ではないの!

外国税額控除とは、国際的な二重課税を調整する目的で、外国で納付した外国税額を一定の範囲で税額から控除する仕組みをいいます。

ここ
ここ

確定申告も必要になってくるし
所得がない場合の控除はより複雑よ!

米国株の配当金でFIREを検討している人は、こちらの記事が参考になると思います。

リッヒ
リッヒ

配当金でFIREするなら
日本株投資の方がシンプルやな

【新FIRE計画に注目】本気でFIREしたいなら増税を考慮しようまとめ

【新FIRE計画に注目】本気でFIREしたいなら増税を考慮しよう をまとめます。

まとめ

【FIRE達成のためのは増税を考慮する必要がある】
・現在の投資に対する税率は約20%
・近い将来25%に増税される可能性がある
・将来的には30%に増税させる可能性も
・5%の増税でFIREが1年遠ざかる
・海外株の配当金には現地税が課せられる
・インカムゲインでのFIREなら日本株の方が有利

FIREのために投資は必須ですが、自分の最適な支出を把握することがもっとも重要な要素とも言えます。

無理な(心地よくない)ポートフォリオで毎日ビクビクしながら生活するようなFIREも人生を豊かにしてくれません。

自分にとって適度な節約、適度なリスクで心地よくFIREできるように、みなさん一緒に資産形成を頑張りましょうね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

具体的なFIRE方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました