【FIRE最速法】FIREを早めるためには貯蓄率を上げよう『具体的な貯蓄率と期間は?』

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・FIREに興味がある
・FIREまでの年数を知りたい
・最速でFIREしたい
・FIREするための具体的な貯蓄率を知りたい

ここ
ここ

こんにちは!
貯蓄率は仙人並みの『ここ屋』よ!

FIREムーブメントは2010年代から大きな注目を集め、特にミレニアム世代の思考に刺激を与えています。

経済的自立と早期退職を目標とするこの人生設計は、若者から支持されるだけではなく、広い世代に新しいライフスタイルとして認識されつつあります。

しかし、実際にFIREできた人の割合は非常に少なく、一般のサラリーマンがFIREを達成するためには非常に高い障壁があります。

何十年も頑張って投資をしても、FIREできるのは60歳を超えるといった現実では、FIREを目指す若者の夢を打ち砕く結果となってしまいます。

そこで今回の記事では、FIREを目指す若者のために、FIREの最速法について解説していきたいと思います。

FIREについて詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

FIREを早めるためには貯蓄率を上げよう

FIREを早めるためには、まずは貯蓄率を上げましょう。

FIREを達成するためには、お金を稼ぐことも大切ですが、稼いだ分使っていては、いつになってもお金は貯まりません。

今の収入のままでも貯蓄率を上げることで、FIREを達成する第1歩を踏み出すことができます。

それでは、FIREを達成するためには、いくら貯めればよいのかを見ていきましょう。

FIREするための資産は生活費の25倍

FIREするための資産は、年間生活費の25倍と言われています。

4%ルールってヤツやな

4%ルールとは

米国のトリニティ大学が発表した論文で、1926年~1995年の69年間の膨大な金融資産データを用いた研究により、毎年投資金額の4%を取り崩し続けても、95%の確率で30年間資産を枯渇させることがなかったといった研究データです。

これは一般的に考えられている数字ですが、実際には税金やインフレ、株式相場の振れ幅を考慮すると、もう少し多い資産が求められます。

具体的には、30倍から35倍くらいは欲しいところですね。

支出を下げる

貯蓄率を上げるためには、おのずと支出を下げる必要があります。

収入が多い人も少ない人も、支出が多ければ貯蓄率は下がり、投資に回せるお金の比率がいつになっても上がりません。

具体的な支出の下げ方は、こちらを参考にしてください。

入金率を上げる

支出を下げて貯蓄率を上げたら、そのお金を効率よく投資に回す『入金率』を上げることに注力しましょう。

目標を達成するためには、先に毎月定額の入金設定をして、残ったお金で生活するようにすることで、達成の目標がグッと近づくことでしょう。

FIREするための具体的な期間は?

前章で解説したように、FIREするために必要な資産は、生活費の25倍(税引き後であれば31.25倍)が必要になります。

ではその25倍の資産を作るためには、どれだけの期間を必要とするのでしょうか?

貯蓄率25%の場合

まずは無理のない程度の貯蓄率25%で投資をした場合、FIREするまでに何年必要かを計算してみましょう。

ここでは、わかりやすくするために、具体的な金額をあてはめて解説してみます。

手取り年収480万円って設定や

年収貯蓄率
25%
生活費
75%
FIREする
ための資産額
FIREする
までの期間
480万円120万円360万円9,000万円75年間

貯蓄率は25%と無理のない設定ですが、FIREするまでに75年間も要していたら、早期退職とは言えませんね。

ちなみにこれでも、1ヶ月に10万円の投資をしていますが、支出が多いままで貯蓄率が25%では、到底FIREなどできないといった結果が出ました。

毎月30万円も使っているようでは、浪費家と呼ばれても仕方ありません。

貯蓄率50%の場合

次に、貯蓄率を50%にした場合の、FIREまでの必要期間を考察します。

年収貯蓄率
50%
生活費
50%
FIREする
ための資産額
FIREする
までの期間
480万円240万円240万円6,000万円25年間

25年という年月が長いと感じるかどうかは、個人の価値観によりますが、40代でFIREできるのであれば、FIRE成功と呼べるのではないでしょうか。

しかし、毎月25万円の投資を25年間継続するのは至難の業ですね。

ライフプランの中に結婚や子育て、マイホームやマイカーの購入などのイベントがあったら、毎月積立投資をするのって難しそうですね。

共働きの子供なし夫婦が
有利なのもうなづけるな

貯蓄率75%の場合

それではもっと上げて、貯蓄率75%とした場合のFIRE達成までの期間を確認してみます。

年収貯蓄率
75%
生活費
25%
FIREする
ための資産額
FIREする
までの期間
480万円360万円120万円3,000万円8.3年間

FIREまでの期間は縮まりましたが、貯蓄率75%というのは生活費25%となるため、手取り年収480万円の人ですと、毎月の生活費は10万円となります。

不可能ではありませんが、実家住みの独身者などでない限り厳しそうですね。

それにFIRE後も同様の生活費でないと成り立ちませんので、現実的でないことがわかります。

年収が倍だったら不可能でもないか

FIREするための貯蓄率に対する考察

FIREするための貯蓄率に対する考察をしてみます。

まず、貯蓄率は最低でも50%以上は必要かと思います。

また、収入が少ないと貯蓄率を上げることは現実的には厳しく、FIRE後も同様の生活費であることを考えると、低収入のままのFIREは限りなく不可能と考えられます。

さらに、投資資金の4%を取り崩す出口戦略をとるであれば、税金を考慮すると生活費の31.25倍の資産を貯める必要があると思います。

するとやはり貯蓄率50%では、FIREまでに必要な期間が30年以上になってしまうため、より高い貯蓄率が求められてしまいます。

FIREするための貯蓄率は60%以上

それでは実際に、FIREするための貯蓄率と実際の金額の例をあげてみましょう。

年収貯蓄率
60%
生活費
40%
FIREする
ための資産額
FIREする
までの期間
600万円360万円240万円7,500万円20.8年間

20年ほどでFIREできるなら、頑張れる現実的な数字です。

ちなみにFIREするための資産は、年間生活費の25倍ではなく、税金を考慮した31.25倍で計算しています。

手取り年収が600万円であれば、転職副業などを実践することで実現可能な金額設定です。

まずは、自分の市場価値を知ることからはじめてみましょう。

転職サイトでは、希望の転職先を探すのは困難ですので、転職エージェントに相談してみることが、最速のFIREにつながります。

貯蓄率を60%に上げることで、FIREへの道も開かれてきますし、月に20万円の生活費があれば一般の水準の生活はできます。

もう少し生活水準を上げたければ、副業で身につけたスキルを活用すれば、FIRE後の生活も潤うのではないでしょうか。

副業でおすすめなプログラミングを学ぶなら、無料で資料請求してみてはいかがでしょうか。

少額からはじめることができ、ほぼノーリスクのブログ運営もおすすめです。

FIRE最速法まとめ

FIRE最速法をまとめます。

まとめ

◎FIREを達成するためには貯蓄率を上げる
・FIREするための資産は生活費の25倍
・支出を下げる
・入金率を上げる
◎貯蓄率を高めるとFIREまでの期間が縮まる
・貯蓄率25%ではFIREは達成できない
・低所得で貯蓄率75%は生活できない
◎最速でFIREするなら貯蓄率は60%以上
・貯蓄率60%なら20年でFIREできる
・転職や副業などで入金力を上げる

すぐに行動できる人が夢を実現できる人です。

固定費などの支出を減らし、転職や副業に取り組み、FIREへの道を歩みはじめましょう。

こちらでもFIREに関する内容を解説していますので、参考にしてみて下さい。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

よかったら『ポチっと』応援してください
ブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

投資に必要な知識は書籍から得よう!

タイトルとURLをコピーしました