当サイトは広告費で運営費をまかなっており、個人サイトが公平なレビューをする収入源の確保のため、ご理解いただけたら幸いです。

『上昇に転じたセクターはどれ?』2023年4月米国株セクター別パフォーマンス

スポンサーリンク
市場分析
この記事でわかること

・米国株を大きく分類する11のセクター
・期間ごとのセクター別パフォーマンス
・おすすめのセクターETF
・2023年4月に上昇に転じたセクター

⇩クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
セクターETFを乗り換えたい
『ここ屋』よ!

2023年も4ヶ月が経過しましたが、4月のS&P500は何とか上昇することができたようです。

とはいえ、年初来高値をなかなか更新できない相場に対して、リセッション懸念による株価低迷も不安視されています。

セクター別のパフォーマンスも変化が起きていますから、われわれ個人投資家もトレンドを把握できていないと、市場の上昇を取り逃がしていまうことになりそうです。

そこで今回の記事では、『上昇に転じたセクターはどれ?』2023年4月米国株セクター別パフォーマンスを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【2023年4月】米国株セクター別パフォーマンス

米国に上場する5,000以上の株を大きく分類すると、11セクターに分かれます。

11種類のセクター

・情報技術(Information Technology)
・ヘルスケア(Healthcare)
・一般消費財(Consumer Cyclical)
・通信(Communication Services)
・金融(Financial)
・資本財(Industrials)
・生活必需品(Consumer Defensive)
・公益事業(Utilities)
・素材(Materials)
・不動産(Real Estate)
・エネルギー(Energy)

それぞれのセクターが、どのようなパフォーマンスを出しているのかを確認していきましょう。

【1ヶ月(4月)】セクター別パフォーマンス

直近1ヶ月(2023年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近1ヶ月は11セクター全てがプラスとなった相場でした。

順位セクター騰落率前月騰落率
1位通信+4.87%+8.35%
2位ヘルスケア+4.87%+1.95%
3位生活必需品+4.19%+2.88%
4位エネルギー+3.84%▲4.68%
5位金融+3.77%▲6.01%
6位不動産+3.25%▲3.17%
7位公益事業+3.01%+4.35%
8位情報技術+1.22%+9.02%
9位資本財+0.76%▲1.45%
10位素材+0.4%▲2.68%
11位一般消費財+0.34%+3.39%
直近1ヶ月のパフォーマンス
リッヒ
リッヒ

S&P500は+1.46%の上昇やったな

直近1ヶ月では全てのセクターが上昇していますが、上昇率の差は4.5%もありました。

中でも先月よりも急激に上昇率の高かったのは、金融、エネルギー、不動産、ヘルスケアといったセクターでした。

通信セクターは先月よりも上昇率は鈍化しており、META(メタ)の高騰に依存しているので今後も高いパフォーマンスが出せるとは考えにくい状況です。

一方で、一般消費財や情報技術は先月よりも上昇率が鈍化しており、メガテックがこれまで買われすぎてきたことが要因だと思われます。

ここ
ここ

次は資本財や素材あたりが
大きく上昇しそうね!

【3ヶ月(2月~4月)】セクター別パフォーマンス

次に直近3ヶ月(2023年2月~2023年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

年初来では11セクターのうち4セクターがプラス7セクターがマイナスとなった相場でした。

順位セクター騰落率前月騰落率
1位情報技術+7.34%+21.51%
2位通信+5.7%+17.23%
3位生活必需品+5.19%+1.30%
4位ヘルスケア+1.38%▲2.33%
5位公益事業▲0.63%▲2.80%
6位資本財▲1.08%+4.41%
7位一般消費財▲4.14%+15.04%
8位金融▲1.69%▲1.69%
9位エネルギー▲5.27%▲4.16%
10位素材▲6.65%+5.06%
11位不動産▲8.18%+0.52%
直近3ヶ月のパフォーマンス
リッヒ
リッヒ

S&P500は+2.28%の上昇やったな

3ヶ月のパフォーマンスには1月の爆上げが含まれないため、どのセクターも上昇率は限定的です。

上位の情報技術と通信は上昇率を縮小していますが、続く生活必需品とヘルスケアは上げ幅を拡大させています。

一方で、一般消費財は大きな上昇から下落に転じており、テスラやアマゾンのパフォーマンスが鈍化したことが大きく影響しています。

【年初来】セクター別パフォーマンス

2023年に入ってからの年初来(2023年1月~2023年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

年初来では11セクターのうち9セクターがプラス2セクターがマイナスとなった相場でした。

順位セクター騰落率前月騰落率
1位通信+20.5%+17.23%
2位情報技術+19.63%+21.51%
3位一般消費財+11.64%+15.04%
4位生活必需品+4.29%+1.30%
5位資本財+3.51%+4.41%
6位素材+3.32%+5.06%
7位金融+1.01%▲1.69%
8位ヘルスケア+0.91%▲2.33%
9位不動産+0.77%+0.52%
10位エネルギー▲1.35%▲4.16%
11位公益事業▲1.47%▲2.80%
年初来のパフォーマンス
リッヒ
リッヒ

S&P500は+8.59%の上昇やったな

年初来で大きくマイナスとなっているセクターはありません。

上位3セクターのみが2桁のリターンを叩き出しているのに対して、その他8セクターはS&P500はに劣後しています。

今年に入って米国市場は情報技術一般消費財通信といった3セクターにけん引されといると言えます。

【6ヶ月】セクター別パフォーマンス

もう少し期間を延ばして、直近6ヶ月(2022年11月~2023年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近6ヶ月は10セクターがプラス1セクターがマイナスとなった相場でした。

順位セクター騰落率前月騰落率
1位情報技術+18.35%+23.74%
2位通信+15.84%+12.9%
3位素材+11.0%+22.05%
4位資本財+8.87%+18.69%
5位生活必需品+8.72%+10.97%
6位ヘルスケア+5.47%+8.38%
7位金融+4.75%+9.54%
8位公益事業+4.68%+2.81%
9位一般消費財+4.16%+6.38%
10位不動産+2.85%+4.97%
11位エネルギー▲2.19%+11.36%
直近6ヶ月のパフォーマンス
ここ
ここ

S&P500は+7.68%の上昇だったわ!

昨年10月からプラ転した銘柄が多い中で、情報技術や通信セクターは上昇率が大きく6ヶ月で15%以上も上げています。

上位5セクターが指数を上回る中で、それまで1強だったエネルギーセクターはついにマイナスリターンにまで下げています。

リッヒ
リッヒ

他セクターに資金が流れたんやな

【1年】セクター別パフォーマンス

さらに遡って、直近1年間(2022年5月~2023年4月)のセクター別パフォーマンスを見ていきます。

直近1年では11セクターのうち4セクターがプラス7セクターがマイナスとなっています。

順位セクター騰落率前月騰落率
1位エネルギー+8.22%+1.04%
2位資本財+2.79%▲4.5%
3位情報技術+2.08%▲11.24%
4位ヘルスケア+0.97%▲7.46%
5位生活必需品▲1.26%▲2.66%
6位通信▲2.92%▲22.26%
7位素材▲3.81%▲11.71%
8位公益事業▲5.13%▲8.99%
9位金融▲5.39%▲14.86%
10位一般消費財▲11.32%▲21.24%
11位不動産▲21.43%▲24.1%
直近1年のパフォーマンス
リッヒ
リッヒ

S&P500は▲0.41%ほど下落しとるな

下落した2022年を象徴するかのように、半数以上のセクターが1年間で下落しています。

とはいえ、2023年はリカバリーしていますので、全てのセクターでパフォーマンスをアップさせています。

それでもまだ2セクターは2桁の下落をしていますね。

スポンサーリンク

おすすめのセクターETF11銘柄とチャート比較

セクター別のパフォーマンス比較するのに、各セクターの代表的なETFで比較したいと思います。

筆者の独断と偏見でおすすめのセクターETFを紹介していきます。

おすすめのセクターETF11銘柄

おすすめのセクターETFは以下の11銘柄ですが、直近1ヶ月と1年のリターンと共に紹介していきます。

ここ
ここ

購入を推奨するものではないから
投資するなら自己責任よ!

リッヒ
リッヒ

セクターによって
こんなにリターンの差があるんやな

セクター名おすすめETF1ヶ月リターン1年リターン
情報技術セクターVGT▲0.29%+2.97%
ヘルスケアセクターVHT+3.05%+2.92%
一般消費財セクターVCR▲0.75%▲8.76%
通信セクターXLC+3.33%▲1.30%
金融セクターVFH+2.17%▲5.60%
資本財セクターXLI▲1.17%+4.89%
生活必需品セクターVDC+3.62%+1.33%
公益事業セクターVPU+1.50%▲2.21%
素材セクターXLB▲0.14%▲4.98%
不動産セクターXLRE+0.99%▲16.83%
エネルギーセクターXLE+2.78%+11.50%
引用:Google

これまで大きく変動していた1年リターンは上昇、下落ともに収束しています。

エネルギーセクターのプラスは11%にまで縮小して、2桁マイナスも不動産セクターのみとなっています。

特に生活必需品セクターやヘルスケアセクターなど、これまで軟調だったディフェンシブセクターの上昇幅が拡大していることが特徴的です。

一方で、年初来で好調だった情報技術セクターと一般消費財セクターは、1ヶ月のリターンはマイナスとなってしまいました。

ここ
ここ

ちなみにVOOの1年リターンは+0.25%よ!

リッヒ
リッヒ

5セクターがS&P500の
リターンを超えとるな

こちらのセクター別おすすめETFは『まとめ記事』がありますので、リンクを貼っておきます。

米国株セクターETFまとめ記事はこちら

セクターETF比較チャート

おすすめのセクターETFの直近1ヶ月の比較チャートを見ていきます。

リッヒ
リッヒ

わかりにくいわ!

ここ
ここ

ちょっと比べるのは無理があったわね!

4月には大きな変動がなかった米国市場ですが、ディフェンシブセクターの上昇が目立ちはじめています。

生活必需品セクターETFのVDC、ヘルスケアセクターETFのVHT、エネルギーセクターETFのXLEといったETFが大きな上昇となっています。

リッヒ
リッヒ

ディフェンシブセクターの
上昇がはじまったな

スポンサーリンク

米国株4月のセクター別パフォーマンス まとめ

米国株4月のセクター別パフォーマンスをまとめます。

まとめ

◎米国株は大きく11セクターに分類される
・切り取る時期によって上昇セクターが異なる
・セクターによってボラティリティの大きさが異なる
・経済状況によって上昇セクターが変わる
◎2023年期待できるセクターは
・景気後退が意識されディフェンシブセクターが上昇
・生活必需品、ヘルスケア、エネルギーセクターに期待

2023年4月にはわずかに上昇した米国市場ですが、5月にも上昇できるとは限りません。

くすぶる金融不安だけではなく、未だ下がりきらないインフレを背景に景気後退懸念は深まっています。

今年の相場をけん引してきたハイテクセクターの上昇が鈍化する今、ディフェンシブセクターの上昇が期待されます。

とはいえ、どのセクターが上昇するのかはプロの投資家にも予想することは難しいことです。

本記事の予想は、過去に見る一般論と筆者の独断によるものですので、投資は自己責任、自己判断でお願いします。

当ブログの『米国ETFまとめ記事』はこちら

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国市場の情報収集はこちらのアプリがおすすめです。
⇩無料でダウンロードはこちら

moomoo
Moomoo Technologies

米株・日本株 デモ取引
無料 posted with アプリーチ

SBI証券の新サービス『クレカ積立』でお得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『+15%の紹介特典』がもらえるURLはこちら

売りから入れるCFD取引をはじめるなら取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

高騰中のコモディティに投資できるチャンスです。

配当株のうち優良な米国株を紹介しています。

他にも投資に役立つニュースレターが届きます。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other crypto...

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

通常の申込みよりもお得な紹介特典がもらえる!
SBI証券でクレカ積立するなら    三井住友カード(NL)