40万円の投資先【2022年4月の購入銘柄を公開】今後の投資方針の発表

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!ジッと我慢してた
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

2022年も4ヶ月が経過しましたが、4月には歴史的な下落相場となってしまった米国市場にヤキモキした人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、いつ反転するかわからない株式市場から資金を引き上げるわけにもいかず、資産が目減りするのを眺めることしかできなかったのは筆者だけではなかったはずです。

これから大きな利上げが始まる米国市場に対して、自分のポートフォリオに不安を覚える投資家も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、筆者自身が4月に購入・売却した銘柄今後の投資方針について解説していきたいと思います。

少しでも、みなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

2022年4月の購入・売却履歴

2022年4月に購入した銘柄について公開していきます。

購入履歴公開

・投資信託・・・20万円
・米国ETF・・・0万円
・米国株・・・ 約20万円
・暗号資産・・・0万円

合計で約40万円ほどの追加投資です。

また、4月には売却は行いませんでした。

売却履歴公開

・米国ETF・・・0円
・米国株・・・0円

ここ
ここ

ここ数年で1番購入金額が少なかったわ!

リッヒ
リッヒ

買い向かうには難しい相場やったな

2022年4月の積立投資(投資信託)

現在、積立投資している銘柄は以下の2銘柄です。

積立投資している銘柄

・eMAXIS Slim全米株式(S&P500)
・eMAXIS NASDAQ100

◎eMAXIS Slim全米株式(S&P500)…10万円
(楽天カード決済)
夫婦2人分の『つみたてNISA』満額分を含む

◎eMAXIS NASDAQ100…10万円
(三井住友ゴールドカード決済)

合計20万円の積立投資をしました。

また、SBI証券でクレカ積立することでVポイントがもらえるため、数ヶ月前から夫婦2人分で5万円ずつクレカ決済の積立投資をすることに切り替えています。

今ならカード決済でお得にポイントゲットできるキャンペーンもやっています。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

2022年4月のスポット購入(投資信託)

2022年4月にスポット購入した投資信託はありませんでした。

スポット購入した投資信託

・なし

本来であれば、コア・サテライト戦略のコア強化のために、日本円資産の投資信託の買い増しを実施したかったのですが、良いタイミングでスポット購入できなかったという現状です。

ここ
ここ

タイミング投資って難しいわ!

下げ止まる様子が見えない相場で買い向かうには勇気がいりますが、こんな時に買った株がお宝ポジションになるんですよね。

また、より経費の安い『米国ETF』のVOOやVTI、QQQに投資しない理由は以下の通り。

米国ETFにしなかった理由

・現在のポートフォリオの米ドルの割合が高すぎるため
(日本円のアセットを増やしたかった)

・長期投資の鉄則である配当金再投資(複利効果)について、投資信託の方が効率が良いから

・現在の為替が円安だから
($1=105円以下ならETFへの投資を検討する)

米国ETFで購入しなくとも日本円で購入できるインデックスファンドについては、買付手数料や為替手数料を考慮すると、投資信託で購入した方がお得とのデータもあります。

米国ETFより投資信託の方がお得な理由はこちら

そのため、投資信託でも購入可能なインデックスファンドについては、日本円の資産形成に一役買ってもらっています。

リッヒ
リッヒ

まだまだアセットが
米ドルに偏っとるな

筆者はNASDAQへの投資は『eMAXIS NASDAQ100』を購入していますが、NASDAQ100への投資は様々な方法があるので、自分にあった方法を探してみて下さい。

投資信託のスポット投資は0円でした。

2022年4月に購入した米国ETF

2022年4月に購入した米国ETFは、ありませんでした。

購入した米国ETF

・なし

現在保有しているETFは、相場にあったポートフォリオではないと考えているため、タイミングを見て銘柄入れ替えを検討しています。

ここ
ここ

長期投資とスイング投資をハッキリさせたいわ!

リッヒ
リッヒ

サテライト運用が難しいな

また、サテライト運用で購入してきたTECLは、テック株ブル3倍レバレッジETFですが、大きく株価を下落させている現在、さらなる買い増しを検討しています。

しかし、なにせ種銭が少なくなってきてしまったため、購入を躊躇している状況です。

TECL(テック株ブル3倍レバレッジETF)について詳しくはこちら

特に円安が進み過ぎてドル転にも抵抗があるといった気持ちがあります。

*4月には購入した米国ETFはありませんでしたが、今後も下落時のレバレッジETFは狙っていこうと考えています。

2022年4月に売却した米国ETF

2022年4月に売却した米国ETFはありませんでした。

売却した米国ETF

・なし

4月に売却した米国ETFはありませんでしたが、長期保有目的で購入したETFに関して、思うようなパフォーマンスを出せていないものに関しては、一旦売却も視野に入れているため、今後は売却のタイミングを計っていきたいと思います。

2022年4月に購入した米国株

2022年4月に購入した米国株は、1銘柄でした。

ここ
ここ

他にも購入を検討してるわ!

購入した米国株

・ABBV(アッヴィ)…約20万円

◎個別株への合計投資額は約20万円

ABBV(アッヴィ)の購入理由は、今後のヘルスケア銘柄のパフォーマンスに期待しているためです。

JNJ(ジョンソン&ジョンソン)やUNH(ユナイテッドヘルス)への投資でも良かったのですが、ABBV(アッヴィ)の将来に期待して今後も積み増ししていきたいと考えています。

リッヒ
リッヒ

ヘルスケアって意外に強いリターンやな

ここ
ここ

ハイテクと遜色ないリターンを出す期間もあるのよ!

4月に購入した米国株は約20万円でしたが、今後も大型株を中心に個別株の保有割合を増やしていく予定です。

2022年4月に売却した米国株

4月に売却した個別株はありませんでした。

売却した米国株

・なし

今月は売却した銘柄はありませんでしたが、決算ミスやトレンド転換で購入当初の期待リターンを出せそうにないと思ったら、早めに損切りしていきたいと考えています。

ここ
ここ

すでに大きな含み損銘柄もあるわ!

米国株に関しては、4月の売却はありませんでした。

2022年4月暗号資産の購入履歴

2022年4月に暗号資産の購入はありませんでした。

昨年11月の高値から続落してきた暗号資産ですが、1月に底を打った後ヒタヒタと価格を切り上げています。

底値を切り上げながら上昇しているビットコイン価格ですが、大きな三角持ち合いを形成しているため、上にブレイクアウトすれば最高値を目指す展開も考えられます。

とはいえ、最近の暗号資産は株式との相関性が高く、株式の相場が崩れてしまうとビットコインも下落してしまうことも考慮しなければなりません。

逆に、一段と価格を下げるような場面があるようでしたら、暗号資産の追加購入も検討したところです。

購入した暗号資産

・なし

暗号資産の未来を信じられないのであれば、参入することはおすすめできませんが、5年、10年先までの保有を考えるのであれば、現在の価格はお買い得かも知れませんね。

今後も下落タイミングで、買い増しを検討しています。

リッヒ
リッヒ

暗号資産は保有していないリスクの方が大きいで

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

購入・売却の理由

2022年4月現在で、筆者の考える『購入・売却の理由』は以下の通りです。

購入理由

投資信託

コア・サテライト戦略のコア強化のためのインデックス投資と、日本円資産の確保

米国ETF

米国市場の今後を信じた中長期目線での投資
相場のうねりをとるためのレバレッジETFへの投資

米国株

サテライト運用のIPO銘柄への投資
大型株への長期投資のため

暗号資産

長期投資のコモディティ枠として

売却理由

米国ETF

サテライト運用の利確、損切り

米国株(個別株)

サテライト運用の利確、損切り
決算ミス

2022年の投資方針『苦しい時こそ買い増しを』

2022年今後の投資方針についてですが、『苦しい時こそ買い増し』をしていきたいと思っています。

今年の米国市場は、インフレに対する利上げやQTをはじめ、長期金利の上昇やリセッションへの懸念など、株式市場にとっては苦しい状況が続きそうです。

とはいえ、追加投資をしないのではなく積極的に買い増しを検討していきたいと考えています。

長期投資を前提に投資を続けるのであれば、購入価格が安いに越したことはありません。

2022年が下落の年であれば、チャンスと捉え遠慮なく買い向かっていこうと考えています。

下落相場で仕込みたい銘柄

今年に入り続落していた米国市場に地政学的リスクが加わり、さらなる下落が待っていました。

また、原油価格の上昇がインフレ圧力を高める要素を含んでいることから、市場はリスクオフへ転じました。

今後も厳しい相場が予想されていますが、こんな時だからこそ本当に良い業績を出している銘柄に投資をしたいものです。

下落相場で仕込みたい銘柄

・MSFT(マイクロソフト)
・GOOGL(アルファベット)
・AMZN(アマゾン)
・NVDA(エヌビディア)
・TSLA(テスラ)

とはいえ、今はドル高が進行している状況ですので、日本円からのドル転には少し抵抗がありますね。

円安が落ち着くまでは、投資信託への投資の方が抵抗がないかも知れませんね。

投資信託がおすすめな理由については、こちらで解説しています。

2022年4月購入銘柄公開まとめ

2022年の米国市場も4ヶ月が経過し、年初からの下落幅も拡大しています。

とはいえ、このまま下落を続けてしまうような米国市場ではありませんから、どこかで反発するものと考えています。

決算シーズンも大詰めを迎えていますが、今月も注目のイベントが目白押しです。

今後注目のイベント

・5/ 2 ISM製造業景気指数(4月)
*5/3,4 FOMC
・5/ 4 ISM非製造業景気指数(4月)
*5/ 6 米雇用統計(4月)
*5/11 消費者物価指数(4月)
・5/12 生産者物価指数(4月)
・5/17 小売売上高(4月)
*5/26 FOMC議事録

どれも重要なイベントや指数発表ですが、やはりもっとも注目はFOMCです。

今回のFFレートの引き上げ率が0.5%かどうかや、今後も利上げペースについての言及、QT(バランスシートの縮小)計画などに注目が集まっています。

景気指数に関しても、強い数字が出るようだと利上げが加速され、弱い数字は景気後退が懸念されます。

どちらにせよ株式市場にとっては、好材料となるようなイベントはなさそうですね。

今は悪材料ばかりに注目されていますが、逆にポジティブサプライズがあれば株価は上昇するかも知れません。

お互い相場から退場しないようにリスクのとり方には十分注意して、この下落相場を乗り切りましょう。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました