【ナスダックは続伸】2023年の世界的リセッションを警告した世界銀行

市場分析
こんなことがわかる記事

・1/10米国市場の値動き
・S&P500指数の展望
・米国経済に関するトピックス

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

昨日の米国市場は上昇しましたが、出来高は上がってきませんね。機関投資家はまだ本格参入していないようです。

近視眼的には株高を予想する投資家もいるようですが、長期目線では世界的リセッション入りが懸念されています。

決算シーズンも控えていますので、大きな資金を入れるタイミングではないようです。

それでは1/10の米国市場を振り返り【ナスダックは続伸】2023年の世界的リセッションを警告した世界銀行について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
今後のS&P500について解説してるで

スポンサーリンク

1/10米国市場の値動き

昨日の米国市場は上昇したことで、ナスダックは3日連続の続伸です。パウエル議長が発言する場もありましたが相場には影響なかったようですね。

ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

上昇した米主要3指数

昨日の米国市場は3指数そろって上昇しました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…+0.70%
・ダウ…+0.56%
・NASDAQ…+1.01%

マーケットがオープンすると方向感が見えない値動きをしたのち、引けにかけては一本調子で上昇していきました。

全体的に上昇していますが、小型グロースが大きく買われています。

ここ
ここ

ハイパーグロース株もなかなかよ!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+6.68%
・COIN(コインベース)…+12.96%
・CRWD(クラウドストライク)…▲0.93%
・DDOG(データドッグ)…+1.26%
・DOCS(ドクシミティー)…+3.03%
・MQ(マルケタ)…+2.86%
・U(ユニティ)…+6.53%

リッヒ
リッヒ

コインベースは2日連続の2桁上昇や

反転した長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日の終値3.527から3.606に上昇しました。

今年に入って続落していた長期金利でしたが、昨日は反転して水準を切り上げました。

それでもまだ低い水準が続いていますので、明日のCPIの発表や金曜日から本格化する決算発表によっては、再び高水準に上げていくかもしれません。。

リッヒ
リッヒ

今シーズンの決算は怖いな

反落したVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日の終値21.97から20.58に低下しました。

前日は少しだけ反転したVIXですが、昨日は再び下落しました。昨年末から低水準の相場が続いていますが、今週末あたりからボラティリティは上昇すると考えています。

これからVIXが上がると考えるのであれば、CFDでVIXへの投資をすることができます。
長期投資とは別に市場のうねりを取りたいのであれば、お手軽に投資ができるCFD投資がおすすめです。今のうちに口座開設だけでもしておくと便利かと思います。(CFD投資の練習ができるデモ取引口座でも遊べます。)

CFD
リッヒ
リッヒ

お小遣い稼ぐチャンスやで

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、上昇している銘柄の方が多いように見えます。

ここ
ここ

今日もディフェンシブは弱かったわ!

生活必需品やヘルスケアには下落している銘柄が目立ちますが、大きく上昇した銘柄もありました。

1/10上昇した銘柄

・AMZN(アマゾン)…+2.87%
・META(メタ)…+2.72%
・NXPI(NXPセミコンダクター)…+3.17%
・NFLX(ネットフリックス)…+3.92%
・WBD(ワーナーブラザーズ)…+8.18%
・GM(ゼネラルモーターズ)…+3.31%
・ETSY(エッツィー)…+4.91%
・TMO(テルモ)…+4.02%
・DHR(ダナハー)…+4.64%

一方で、PFE(ファイザー)▲1.59%、ABBV(アッヴィ)▲1.25%、TSLA(テスラ)▲0.77%、KO(コカ・コーラ)▲0.77%、PEP(ペプシコ)▲0.82%などが下落しています。

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクターのうち10セクターが上昇1セクターのみが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・一般消費財…+1.35%
・素材…+1.25%
・通信…+1.06%
・ヘルスケア…+0.99%
・情報技術…+0.7%
・エネルギー…+0.66%
・金融…+0.6%
・資本財…+0.56%
・不動産…+0.34%
・公益事業…+0.04%
・生活必需品…▲0.07%

一般消費財セクターが大きく上げていますが、eコマース企業が上昇をけん引しました。また、製薬銘柄が弱かった代わりに研究銘柄が買われたヘルスケアセクターは、1%近い上昇をしています。

一方で、生活必需品セクターのみがマイナスとなり、連日でディフェンシブセクターが弱い相場が続いています。

ここ
ここ

全体的には悪くない相場ね!

ボックス圏内を抜けてきたS&P500

昨日のS&P500は上昇したことで、3週間続いたボックス相場を上抜けしました。

S&P500は終値で3,919にまで上昇して、50日移動平均線をブレイクアウトしています。

節目の4,000まであと少しのところまで迫っていますが、まだ出来高は上がってきません。200日移動平均線がもう少しのところまで迫っていますが、突破できれば本格的な上昇トレンドに入れるかもしれません。

まずは明日の12(木)に発表される消費者物価指数(CPI)を、無事に通過することが重要ですね。

リッヒ
リッヒ

CPIはそれほど心配ないやろ

スポンサーリンク

米国市場のトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

世界的リセッションを警告した世界銀行

世界銀行は大半の国や地域が2023年の成長率予想を下方修正し、世界経済がリセッション入りする可能性があると警告しました。

半期に一度の世界経済見通し(GEP)を公表しましたが、昨年6月の見通しから半減の1.7%と予想しました。

インフレ高止まりと金利上昇、戦争が逆風となり、世界経済は過去30年で3番目の低成長となる見通しです。

世界銀行とは

世界銀行は、世界中の途上国にとって欠かせない資金源、技術援助機関です。世銀は普通の銀行とは異なり、貧困削減や開発支援を目的とした他に例のないパートナーシップです。世銀グループは5つの機関で構成されており、その重要意思決定は加盟国が行います。

5つの機関とは以下のの通り

国際復興開発銀行
国際開発協会
国際金融公社
多数国間投資保証機関
投資紛争解決国際センター

ここ
ここ

世界銀行で働く日本人は
300人ほどいるそうよ!

リッヒ
リッヒ

どんなエリート軍団や

世界銀行は2030年までに達成すべき2つの目的として『極度の貧困を撲滅』『繁栄の共有を促進』を掲げています。ぜひ達成して欲しいですね。

金融政策については言及しなかったパウエル議長

ストックホルムで開かれたフォーラムで気候問題に対するコメントを出していますが、金融政策についての言及はありませんでした。

唯一話したことと言えば『われわれは経済を減速させるため政策金利を引き上げている。高インフレの状況で物価の安定を取り戻す上では、短期的に支持されない措置が必要となることもあり得る』とのこと。

リッヒ
リッヒ

やっぱりタカ派を貫いとる

ここ
ここ

昨日の相場には影響なかったわね!

連日で利上げを強調するFRB関係者

FRBのボウマン理事は、さらなる利上げが必要とし、当局者は金利を景気抑制的な水準でしばらく据え置くべきだと言明しました。

『インフレ指標で減速が見られたがインフレ抑制に向けて金融当局にはやるべき仕事がまだある』と、これまでのFRB高官と同様のコメントを残しています。

【ボウマン理事】
・金利を景気抑制的な水準でしばらく据え置くべき
【アトランタ連銀のボスティック総裁】
・インフレは依然として高過ぎる
・今のインフレ率はあまりにも高すぎる
・政策金利を5%超の水準に引き上げる
【リッチモンド連銀のバーキン総裁】
・物価上昇率2%に戻すには『まだやるべきことがある』
【FRBクック理事】
・インフレはFRBが納得できないほどに高すぎる
【ランドール・クロズナー元FRB理事】
・今月末の利上げは確実で3月も継続する
【カンザスシティー連銀のジョージ総裁】
・自分の予想金利を5%超えに引き上げた

やはりFRB当局者は、現在の市場観測との乖離を埋めたいと考えているようです。

CPI発表で株価上昇を予想するJPモルガン

12日に発表される消費者物価指数(CPI)は、予想よりも伸びが鈍化する可能性が高く、株価を押し上げる可能性が高いとJPモルガンは予想しています。

とはいえ、まだまだFRBは高水準の政策金利を維持すると強調していますから、一時的なベアマーケットラリーとなるとも付け加えています。

12月消費者物価指数(CPI)

【総合CPI】
〈前年比〉
・結果…???%(予想…6.5%)
     ・前回…7.1%
〈前月比〉・結果…???%(予想…▲0.2%)
     ・前回…0.1%
【コアCPI】
〈前年比〉
・結果…???%(予想…5.7%)
     ・前回…6.0%
〈前月比〉・結果…???%(予想…0.4%)
     ・前回…0.2%

逆に予想よりも高い数値が出るようなら、再び下落トレンドを継続することも頭に入れていきたいところです。

今月の注目イベントについて

今月も重要な経済指標の発表をはじめ、米国市場に大きな影響を与えそうなイベントが目白押しです。

1月の注目のイベント

*1/12 消費者物価指数(CPI)(12月)
・1/14 ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
・1/17 ニューヨーク連銀製造業景気指数
・1/18 生産者物価指数(PPI)(12月)
・1/18 小売売上高(12月)
・1/27 PCEデフレーター確報値(11月)
・1/31 シカゴ購買部協会景気指数(PMI)(12月)
・1/31~2/1 FRB政策金利(FOMC)

1月も消費者物価指数など重要な経済指標の発表が続きます。今後も注目イベントについてはウォッチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

【ナスダックは続伸】2023年の世界的リセッションを警告した世界銀行をまとめます。

まとめ

【1/10の米国市場の値動き】
・S&P500…+0.70%
・ダウ…+0.56%
・NASDAQ…+1.01%
・長期金利は3.606に上昇
・VIXは20.58に反落
【経済トピックス】
・世界的リセッションを警告した世界銀行
・金融政策については言及しなかったパウエル議長
・連日で利上げを強調するFRB関係者
・CPI発表で株価上昇を予想するJPモルガン

昨日の米国市場は3指数そろって上昇しました。

市場の利上げ観測が弱まる中で、FRB高官たちは強気姿勢のアピールを続けています。『Don’t fight the FED』という格言があるくらいですから、FRBに逆らうべきではないのかも知れません。

12日の消費者物価指数(CPI)に続けて、13日からは本格的に決算シーズに突入しますから、CPIの結果で株価が上昇したからと言って買い向かうのは少し早いのかも知れません。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券の新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもさらにお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。(もちろん通常特典も貰えます)

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました