【CPI発表前に楽観広がる米国市場】9日続伸している銘柄は何?

市場分析
こんなことがわかる記事

・1/11米国市場の値動き
・S&P500指数の展望
・米国経済に関するトピックス

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

昨日の米国市場は上昇したことで、ナスダックは4日連続の上昇となりました。CPIの発表を前に市場には楽観が広がっているようです。

一方で、週末からは銀行株の決算発表が予定されており、本格的な景気後退はこれからと考えた方が良さそうです。

それでは1/11の米国市場を振り返り【CPI発表前に楽観広がる米国市場】9日続伸している銘柄は何?について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
今後のS&P500について解説してるで

スポンサーリンク

1/11米国市場の値動き

昨日の米国市場は上昇したことで、ナスダックは4日連続の続伸です。

大きな経済指標の発表はありませんでしたが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

続伸した米主要3指数

昨日の米国市場は3指数そろって上昇しました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…+1.28%
・ダウ…+0.80%
・NASDAQ…+1.76%

プレマーケットから買われていた相場は、マーケットがオープンしても上昇していきました。特に引けにかけての1時間では急騰しているため、明日の相場にもいい影響がありそうです。

全体的に買われた相場となりましたが、大型グロースの上昇がナスダックをけん引しました。

ここ
ここ

ハイパーグロース株は絶好調ね!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+12.52%
・COIN(コインベース)…+1.30%
・CRWD(クラウドストライク)…+1.39%
・DDOG(データドッグ)…+3.38%
・DOCS(ドクシミティー)…+2.66%
・MQ(マルケタ)…+3.70%
・U(ユニティ)…+4.56%

リッヒ
リッヒ

アファームは爆上げやな

反落した長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日の終値3.606から3.530に下落しました。

今年に入って債券市場の買い圧力が強まっています。長期金利は下落を続けており、ついには3.5にタッチするまでに低下しています。

一部では、CPIの機密事項が市場に漏れているのではないかという疑惑も立ち込めています。

12月のCPI発表日には異常な反応を示した債券市場ですから、今夜発表されるCPIを前に債券市場の出来高が急上昇するかも知れませんね。

リッヒ
リッヒ

株価が上がってくれるならいいけどな

上昇したVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日の終値20.58から21.09に上昇しました。

前日はおよそ1ヶ月ぶりの低水準まで下げたVIXですが、いよいよ上昇がはじまる公算が高まりました。今夜のCPI発表を皮切りに、決算シーズンに突入するとボラティリティは上昇すると考えています。

これからVIXが上がると考えるのであれば、CFDでVIXへの投資をすることができます。
長期投資とは別に市場のうねりを取りたいのであれば、お手軽に投資ができるCFD投資がおすすめです。今のうちに口座開設だけでもしておくと便利かと思います。(CFD投資の練習ができるデモ取引口座でも遊べます。)

CFD
リッヒ
リッヒ

お小遣い稼ぐチャンスやで

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、ほとんどの銘柄が上昇しているように見えます。

ここ
ここ

メガテックが強かったわね!

昨年大きく下落してきたメガテック株の上昇が目立ちました。

1/11上昇したメガテック

・AMZN(アマゾン)…+5.81%
・TSLA(テスラ)…+3.68%
・GOOGL(アルファベット)…+3.51%
・MSFT(マイクロソフト)…+3.02%
・AAPL(アップル)…+2.11%
・NOW(サービスナウ)…+3.40%

一方で、昨日もバリュー株の中には下落した銘柄もあり、PFE(ファイザー)▲0.36%、ABBV(アッヴィ)▲1.55%、VZ(ベライゾン)▲1.84%、KO(コカ・コーラ)▲0.19%、PG(プロクター&ギャンブル)▲0.81%などが下げていました。

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクター全てが上昇した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・不動産…+3.42%
・一般消費財…+2.09%
・通信…+1.82%
・情報技術…+1.76%
・素材…+1.2%
・資本財…+1.03%
・公益事業…+1.02%
・金融…+0.9%
・エネルギー…+0.5%
・ヘルスケア…+0.49%
・生活必需品…+0.3%

不動産セクターが3%以上の高騰を見せている他、一般消費財セクターが大きく上げています。eコマース企業が連日の高騰で、アマゾンは2日間で+8.85%も急騰しています。

他にも昨年大きく下落していた通信セクターや情報技術セクターが、大きなプラスとなっています。

一方で、今週はディフェンシブセクターが弱い相場が続いています。景気後退局面でも上昇の余地があるとして投資した人にとってみれば、肩透かしを食らっている感じですね。

ここ
ここ

それでも上げてくれれば文句はないわよ!

200日移動平均線をトライするS&P500

昨日のS&P500は大きく上昇したことで、200日移動平均線が近付いてきました。

S&P500は終値で3,969にまで上昇して、年末から続いたボックス相場を完全に上に抜けました。

去年何度となくトライして跳ね返されてきた200日移動平均線に、今日明日にでもチャレンジしそうな勢いです。

今週の消費者物価指数(CPI)次第では、一気にブレイクアウトするかも知れません。

リッヒ
リッヒ

4,000まであと少しやな

スポンサーリンク

米国市場のトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

イーロン・マスク2,000億ドルの個人資産を減らす

テスラのCEO以外にも多くの事業を手掛けるイーロン・マスクですが、昨年のテスラ株の急落やツイッター買収によって、2,000億ドルの個人資産を減らしたと言います。

短期間で個人資産をこれだけの金額を減らしたというのは史上初とのことですが、今後も世界一の資産家に返り咲くことはないと考えられています。

ここ
ここ

それでも十分なお金持ちよ!

リッヒ
リッヒ

他にも事業いっぱい持っとるしな

『Mac』タッチスクリーンに取り組むアップル

アップルが手掛けるパソコン『Mac』に、タッチスクリーンを追加する作業を進めているとのことです。

タッチ型のインターフェースについては『iPad』の方が良い選択肢だとしてきたアップルですが、競合各社の間でコンピューターにタッチスクリーンを加える動きが圧力になっているようです。

リッヒ
リッヒ

iPadの売上が落ちる懸念があるな

ここ
ここ

ジョブズは反対していたらしいわ!

ブラックロックが500人の削減計画

世界一の資産運用会社のブラックロックが、社員の約2.5%に相当する500人の人員削減を計画していることを明らかにしました。

ブラックロックの人員整理は2019年以来となり、急激なインフレと金利上昇が資産運用業界や市場に打撃を与えていることが要因。

ビットコイン9日連続の上昇

ビットコインが9日連続の上昇を記録しており、2020年以来最長の上昇期間となっています。

昨年から大きく下落していたことで、話題になることも少なかったビットコインですが、人々の関心がなくなったあたりが買い時なのかも知れませんね。

今月の注目イベントについて

今月も重要な経済指標の発表をはじめ、米国市場に大きな影響を与えそうなイベントが目白押しです。

1月の注目のイベント

*1/12 消費者物価指数(CPI)(12月)
・1/14 ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
・1/17 ニューヨーク連銀製造業景気指数
・1/18 生産者物価指数(PPI)(12月)
・1/18 小売売上高(12月)
・1/27 PCEデフレーター確報値(11月)
・1/31 シカゴ購買部協会景気指数(PMI)(12月)
・1/31~2/1 FRB政策金利(FOMC)

1月も消費者物価指数など重要な経済指標の発表が続きます。今後も注目イベントについてはウォッチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

【CPI発表前に楽観広がる米国市場】9日続伸している銘柄は何?をまとめます。

まとめ

【1/11の米国市場の値動き】
・S&P500…+1.28%
・ダウ…+0.80%
・NASDAQ…+1.76%
・長期金利は3.530に反落
・VIXは21.09に上昇
【経済トピックス】
・イーロン・マスク2,000億ドルの個人資産を減らす
・『Mac』タッチスクリーンに取り組むアップル
・ブラックロックが500人の削減計画
・ビットコイン9日連続の上昇

昨日の米国市場は3指数そろって上昇しました。債券市場にも大きな買いが入っているようですが、CPIの機密事項が漏れている可能性もあるとのことです。

いずれにせよ今夜には消費者物価指数(CPI)の発表がありますので、今後の米国市場を占う意味では重要な1日となります。

CPIの結果次第では大きく株価が上昇するかも知れませんが、決算シーズンにも突入しますのでもう少し様子を見てもいいかも知れませんね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券の新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもさらにお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。(もちろん通常特典も貰えます)

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました