【踊り場となった米国市場】リセッション懸念低下でグロース株は上昇

こんなことがわかる記事

・8/4米国市場の値動き
・米国経済に関するトピックス
・今後の注目決算について

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
今日から夏休みでキャンプに来ている
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

昨日の米国市場は大きく値を変えることなく、終始おとなしい相場となりました。

大型株の上昇によりナスダックはプラスとなりましたが、S&P500はわずかに下落しています。

それでは8/4の米国市場を振り返り、【踊り場となった米国市場】リセッション懸念低下でグロース株は上昇について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースと
来週の注目決算について解説してるで

スポンサーリンク

8/4米国市場の値動き

昨日の米国市場は、終値ではほとんど値が動くことがない1日となりました。

先週の大幅上昇には終止符が打たれましたが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

グロースが大きく上昇した米国市場

昨日の米国市場はグロース株が大きく上昇したため、3指数のパフォーマンスは異なりました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲0.13%
・ダウ…▲0.25%
・NASDAQ…+0.41%

マーケットオープンより下落と上昇をくり返して、最終的にはグロース株の上昇によりナスダックだけがプラスで引けた1日となりました。

これでナスダックは7営業日連続の陽線となり、6月中旬の安値からは+20%近い上昇となりました。

リッヒ
リッヒ

ホンマにナスダックは調子ええな

全体的には下落相場ですが、大型グロースのみ上昇しました。

ここ
ここ

好調なハイパーグロース株もあるわよ!

爆上げしたハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+2.07%
・COIN(コインベース)…+10.01%
・CRWD(クラウドストライク)…▲3.11%
・DDOG(データドッグ)…▲1.71%
・DOCS(ドキシミティ)…▲4.00%
・MQ(マルケタ)…▲2.23%
・U(ユニティ)…+0.62%

リッヒ
リッヒ

コインベースは連日の2桁上昇や

ここ
ここ

一時は44%も上昇したの!

更に水準を下げた長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、さらに低下して4ヶ月前の水準にまで落ちていきました。

連日の低下により現在は2.690にまで低下しています。

これで2年債利回りとは0.35%ほどになり逆イールドカーブは広がる一方です。

リッヒ
リッヒ

金融株には厳しいな

前日に続き低下したVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日に続き低下しました。

VIXが21.44にまで低下したのにS&P500指数が上昇しなかったのが少し気になりますが、株式が上昇するには良い環境が整っています。

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、緑と赤が入り交じり売り買いが交錯していることがわかります。

ここ
ここ

大きく下落している銘柄もあるわね!

大型株は比較的堅調でアマゾンは+2.19%も上昇していますね。

一方で金融、ヘルスケア、生活必需品、エネルギーあたりは下落しており、素材、資本財あたりが上昇したようです。

特にエネルギー株の下落が目立ちXOM(エクソンモービル)は▲4.21%、CVX(シェブロン)は▲2.72%と急落しています。

最近大きく落としているエネルギーの1週間の騰落率を見てみましょう。

エネルギー株の1週間の下落率

・XOM(エクソンモービル)…▲5.88%
・CVX(シェブロン)…+0.50%
・OXY(オキシデンタルペトロリウム)…▲8.27%
・PXD(パイオニアナチュラルリソーシズ)…▲6.91%
・DVN(デボンエナジー)…▲9.74%

シェブロンだけは決算発表で跳ねているのでプラスをキープできていますが、その他の銘柄は売り込まれています。

ここ
ここ

もう原油価格の上昇はないのかしら?

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクターのうち7セクターが上昇、4セクターが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・素材…+0.77%
・資本財…+0.5%
・一般消費財…+0.39%
・通信…+0.25%
・公益事業…+0.23%
・ヘルスケア…+0.11%
・不動産…+0.1%
・金融…▲0.07%
・情報技術…▲0.08%
・生活必需品…▲0.71%
・エネルギー…▲2.88%

ほとんどのセクターが大きな変動を見せませんでしたが、エネルギーセクターだけが大きく下げています。

ここ
ここ

昨日は休憩相場ね!

米国市場に影響がありそうなトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

フィンランドとスウェーデンがNATO加盟に1歩前進

米上院でフィンランドとスウェーデンをNATO加盟国とすることが可決されました。

可決条件の3分の2をはるかに超える賛成95、反対1で圧倒的多数で承認されたことで、両国がNATO加盟に1歩前進しました。

実際にフィンランドとスウェーデンがNATOに加盟するためには、加盟国全ての承認が必要になりますが、これが承認されるようですとロシアはさらに孤立することになります。

きっとロシアもこれに対抗してエネルギーや穀物の輸出などを理不尽に制限してくるんでしょうね。

英中銀は27年ぶりの大幅利上げに踏み切る

ECBの利上げに続き、英国でも0.5%の大幅利上げが決定されました。

英国の政策金利は1.25%から1.75%に引き上げられたことで、2008年以来の高水準となりました。

これで先進国の多くは大幅な政策金利の上昇に踏み切ったことになり、『ゼロ金利政策』を続ける日本とは大きく金利が開くこととなります。

一旦落ち着いたかに見えた円安も、これから更に加速していく公算が高まりました。

ソラナがハッキングされ仮想通貨は連れ安に

仮想通貨ソラナのウォレットにハッキング攻撃があり、大きな被害があったようです。

500万ドル以上の暗号資産が盗まれたことで、仮想通貨は売り込まれ市場は連れ安となっています。

リッヒ
リッヒ

他の暗号資産は関係ない気もするな

今週の注目決算

先週でおおむね大型株の決算発表が終わりピークを過ぎた米企業の決算シーズンですが、昨日も注目の決算発表がありましたので共有していきます。

昨日発表された注目の決算

昨日も市場に影響を与えそうな企業決算が発表されましたので確認していきましょう。

8/4に決算発表した銘柄

8/4
LLY(イーライリリー)
BABA(アリババ)
AMGN(アムジェン)
SQ(スクエア)
WBD(ワーナーブラザーズ)

特にイーライリリーの決算は、今後のヘルスケア企業の株価にも影響を与えそうなので、結果を簡単に見ていきましょう。

LLY(イーライリリー)のQ2決算

イーライリリーのQ2決算結果は、売上高もEPSもコンセンサス予想を大幅に下回りました。

LLYのQ2決算

✖売上高…$6.488B(予想$6.849B)
✖EPS…$1.25(予想$1.70)

プレで発表のあったイーライリリーの株価は、場中で▲2.56%下落しています。

ここ
ここ

ヘルスケア銘柄は連れ安ね!

景気後退局面に強いとされるディフェンシブセクターのヘルスケアですが、このところ株価は揮いませんね。

その他の注目銘柄の決算結果は

その他、昨日注目された決算としてBABA(アリババ)、AMGN(アムジェン)、SQ(スクエア)、WBD(ワーナーブラザーズ)、DDOG(データドッグ)があげられますが、結果と株価の変動を見ていきましょう。

プレで発表のあったBABA(アリババ)の決算は、売上高もEPS共にコンセンサス予想をビートして、株価は+1.90%上昇しました。

アフターで発表のあったAMGN(アムジェン)の決算は売上高もEPS共にコンセンサス予想をビートしましたが、株価はアフターで▲0.21%下落しました。

リセッション懸念が高まる中では、今後もバイオテクノロジー株には注目が集まります。

アフターで発表のあったSQ(スクエア)の決算は売上高、EPSはクリアしました。

しかし、ガイダンスが弱かったためアフターマーケットで▲7.42%と急落しています。

アフターで発表のあったWBD(ワーナーブラザーズ)の決算は売上高、EPSともにコンセンサス予想を下回りました。

場中では+4.61%と上昇しましたが、アフターマーケットでは▲11.56%と急落しました。

プレで発表のあったDDOG(データドッグ)の決算は、売上高もEPSもコンセンサス予想を上回りました。

しかし、ガイダンスが期待以上のものではなかったことが嫌気され、プレマーケットでは▲9%以上下落していました。

マーケットがオープンすると買戻しが入りましたが、前日比では▲1.72の下落で終えています。

来週の決算スケジュール

週末にはバークシャーハサウェイの決算発表が予定されていますが、来週も米国市場では注目の決算発表が続きます。

重要と思われる決算についてピックアップしましたのでスケジュールの確認をしておきましょう。

リッヒ
リッヒ

来週も注目決算がいっぱいや

来週の注目決算

8/8
・BNTX(バイオンテック)
・PLTR(パランティア)
・UPST(アップスタート)
8/9
・RBLX(ロブロックス)
・COIN(コインベース)
・PLUG(プラグパワー)
・U(ユニティ)
8/10
・DIS(ディズニー)
・DOCS(ドキシミティ)
・MQ(マルケタ)
8/11
・RIVN(リビアン)
・LAW(CSディスコ)

市場に大きな影響を与える企業の決算も残っているので、引き続きウォッチしていきたいと思います。

【踊り場となった米国市場】リセッション懸念低下でグロース株は上昇 まとめ

【踊り場となった米国市場】リセッション懸念低下でグロース株は上昇をまとめます。

まとめ

【8/4の米国市場の値動き】
・S&P500…▲0.13%
・ダウ…▲0.25%
・NASDAQ…+0.41%
・長期金利は続落して2.690
・VIXは21.44に続落
・エネルギー株は大幅下落
【経済トピックス】
・フィンランドとスウェーデンがNATO加盟に1歩前進
・英中銀は27年ぶりの大幅利上げに踏み切る
・ソラナがハッキングされ仮想通貨は連れ安に

昨日の米国市場は大きく変動することはなく、先週までの大きな上昇相場は一旦休憩と言ったところでしょうか。

今夜のプレマーケットでは雇用統計が発表される予定ですから、リセッション懸念が広まる市場からは失業率が注目を集めています。

『強い雇用では利上げ観測が高まり、弱い雇用ではリセッション懸念が高まる』といった、どちらにしても株式市場には厳しい状況ですが、引き続き市場をウォッチしていきたいと思います。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

高騰中のコモディティに投資できるチャンスです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました