【今夜はアマゾンショックに注意!】米国市場の足を引っ張るGAFAM

市場分析
スポンサーリンク
こんなことがわかる記事

・10/27米国市場の値動き
・米国経済に関するトピックス
・昨日の注目決算

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
個別株が焼かれている
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

昨日の米国市場は前日に続けてGAFAMが大きく下落しています。

アフターマーケットで決算発表をしたアマゾンは、決算ミスにより時間外で13%の暴落をしています。

連日株価を急落させているGAFAMですが、このまま米国市場の足を引っ張ってしまうのでしょうか?

それでは10/27の米国市場を振り返り【今夜はアマゾンショックに注意!】米国市場の足を引っ張るGAFAMについて解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
注目の決算発表について解説してるで

スポンサーリンク

10/27米国市場の値動き

昨日の米国市場はGAFAMの決算結果に警戒した投資家による売りが先行したようです。

大きく売られたメガテック株により株価指数は足を引っ張られる結果となりましたが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

ダウ上昇ナス下落となった米主要3指数

昨日の米国市場は引き続きメガテックの決算ミスの影響が残り、ナスダックが大きく下落しました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲0.68%
・ダウ…+0.67%
・NASDAQ…▲1.59%

メガテックの決算ミス連発により下落からはじまると思われたマーケットは、意外にもプレでは上昇していました。

その後マーケットがオープンすると30分ほど急落して、30分ほどリバウンドしていきました。

3指数とも値動きは同様でしたが、ダウは常にプラス、ナスダックは基本的にマイナス圏内を推移していましたが、最終的には引けにかけて売られていく展開となりました。

リッヒ
リッヒ

最近はダウの方が強いな

バリューはプラス、グロースはマイナスとはっきり分かれた1日となりました。

ここ
ここ

ハイパーグロース株はまちまちね!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+0.29%
・COIN(コインベース)…▲1.82%
・CRWD(クラウドストライク)…+1.83%
・DDOG(データドッグ)…+0.81%
・DOCS(ドクシミティー)…▲1.75%
・MQ(マルケタ)…▲1.79%
・U(ユニティ)…▲2.11%

リッヒ
リッヒ

他にも追いかけて欲しい銘柄があれば
お問い合わせフォームで教えてや~

4%を切ってきた長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日終値の4.007から3.921と続落しました。

およそ2週間ほど下落傾向のある長期金利ですが、昨日もマーケットがオープンすると急落していきました。

多くの銘柄は長期金利の低下を受けて株価は上昇できる環境にあるのですが、大型株の決算ミスの影響は大きいですね。

ここ
ここ

このまま下げていけるかに注目ね?

ほとんど変わらなかったVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日の27.28から27.39とほとんど変わりませんでした。

長期金利の低下とビックテックの決算ミスの影響が拮抗しているため、VIXも方向性が定まらない様子でした。

アフターマーケットで決算発表のあったアップルとアマゾンの影響は、今夜のマーケットにどう影響するのでしょうか?

リッヒ
リッヒ

GAFAM全滅やな

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、GAFAM以外はそこまで下げている印象はありません。

ここ
ここ

銘柄数的には緑の方が多いわね!

前日のアフターで決算発表が予定されていたアップルとアマゾンに警戒した投資家が、引き続きGAFAMの売り圧力を高めています。

10年以上にわたり米国市場をけん引してきたGAFAMが、今後は米国市場の足を引っ張ることになってしまうのでしょうか。

10/27続落するGAFAM

・AAPL(アップル)…▲3.05%
・MSFT(マイクロソフト)…▲1.98%
・META(メタ)…▲24.56%
・GOOG(アルファベット)…▲2.34%
・AMZN(アマゾン)…▲4.06%

前日のアフターマーケットで決算発表のあったMETA(メタ・プラットフォームズ)は、▲24.56%の暴落となり1日で時価総額の4分の1を吹き飛ばしています。

リッヒ
リッヒ

今夜もメガテックは下げるやろな

アップルとアマゾンの決算結果については、記事の後半で解説しています。

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクターのうち6セクターが上昇5セクターが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・公益事業…+0.93%
・エネルギー…+0.78%
・資本財…+0.74%
・金融…+0.49%
・生活必需品…+0.14%
・不動産…+0.14%
・ヘルスケア…▲0.71%
・素材…▲0.76%
・一般消費財…▲0.9%
・情報技術…▲1.02%
・通信…▲3.05%

バリュー株中心のセクターが上位を占めていますが、グロース中心のセクターは下落しています。

特に通信セクターはメタの暴落を受けて1日で▲3%の急落をしています。

他にも、アップルやマイクロソフトの影響で情報技術セクターが▲1%下げています。

2022年も残すところ2ヶ月となりましたが、今年はバリューの年となるのでしょうか?

ここ
ここ

明日はアマゾンショックになりそうね!

50日移動平均線に跳ね返されたS&P500

昨日のS&P500は3日連続で50日移動平均線に跳ね返されています。

終値では3,807となり10月の初旬につけた高値で支えられていますが、下に抜けてしまうと年初来安値も視野に入ります。

まずは50日移動平均線をしっかり突破できるのかに注目したいと思います。

リッヒ
リッヒ

一気にブレイクアウトして欲しかったな

米国市場に影響がありそうなトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

予想通りに低下したPCEコアデフレータ

昨日発表されたPCEコアデフレータ(前期比年率)の速報値は、予想通りに低下した結果となりました。

PCEコアデフレータ

9速報(前期比年率)
結果…4.5%(予想…4.5%)
前回…4.7%

PCEコアデフレータは、個人の消費支出の変動分のうち物価変動によるものを除くための指数で、名目個人消費支出をPCEデフレータで割ることで実質個人消費支出が算出されますが、米国のインフレターゲットの対象として利用され物価見通しを計る指標です。

ここ
ここ

難しいことを抜きにすれば
FRBメンバーも重要視するインフレ指標よ!

インフレ圧力の減速を示したGDPデフレータ

昨日はGDPデフレータ(前期比年率)も発表されていますが、予想よりも低下したことでインフレ圧力の減速が示唆されました。

GDPデフレータ

9速報(前期比年率)
結果…4.1%(予想…5.3%)
前回…9%

GDPデフレーターは物価動向を把握するための指数のひとつで、GDP算出時に物価変動の影響を取り除くために用いられています。名目GDPを実質GDPで割ることによって算出されます。
GDPデフレーターが上昇すればインフレ圧力が高く、逆に下落すればデフレ圧力が強いことを示す。

ここ
ここ

前月より急低下したってことは
インフレ圧力が減速したってことね!

米GDPは予想を上回りプラスに回復

米国の第3四半期(7-9月)GDPが発表されましたが、前期までの2期連続のマイナスからプラスに回復しました。

2022年の米GDPは第1・2四半期とマイナスを記録したことで、テクニカルリセッションに突入していましたが、第3四半期は予想を上回りプラスに転じています。

  • 市場予想2.4%に対して結果は2.6%
  • 個人消費は1.4%増(前期の2%増からは鈍化)
  • マイナスの前2期に対して今年初めての増加
  • 第2四半期は0.6%減だった
  • 住宅投資はマイナス
  • ドル高の影響で純輸出が大きくプラスに寄与
ここ
ここ

足元の経済はまだ強いわよ!

ECB中銀預金金利は1.5%

欧州中央銀行(ECB)は0.75%の利上げを発表して、中銀預金金利は1.5%となりました。

0.75%利上げは市場の予想通りでしたが、リセッションの可能性が高まってもインフレを抑え込むことを優先した結果となりました。

エネルギー価格の高騰がユーロ経済に打撃を与える中で、EDBは大幅利上げによってインフレを抑え込む決意を示しました。

昨日発表された注目決算

昨日も注目の企業決算が発表されましたが、市場に大きな影響を与えそうな決算についてピックアップしていきます。

昨日の注目決算

10/27(木)
・AAPL(アップル)
・AMZN(アマゾン・ドットコム)
・MCD(マクドナルド)
・CAT(キャタピラー)
・MA(マスターカード)
・INTC(インテル)
・CMCSA(コムキャスト)
・MO(アルトリア・グループ)
・MRK(メルク)

中でも重要と思われる企業決算を解説していきます。

AAPL(アップル)のQ4決算

米株1の時価総額のAAPL(アップル)の決算は、売上高、EPSともにコンセンサス予想をビートしました。

AAPLのQ4決算

Q4結果
売上高…$90.1B(予想$88.76B)
EPS…$1.29(予想$1.26)

アフターで決算発表のあったアップルの株価は、時間外で+0.63%とわずかに上昇しています。

ここ
ここ

2日間の下落は大きかったわね!

AMZN(アマゾン)のQ3決算

AMZN(アマゾン・ドットコム)の決算は、EPSはクリアしましたが売上高をミスしました。

AMZNのQ3決算

Q3結果
売上高…$127.1B(予想$127.76B)
EPS…$0.28(予想$0.22)

リッヒ
リッヒ

ここ1年は決算クリアしてへんけどな

アフターで決算発表のあったアマゾンの株価は▲13%近く急落しています。

リッヒ
リッヒ

今夜はアマゾンショックが起こりそうやな

ここ
ここ

事前に大きく下落してきたから
意外と反発も期待できるわ!

MCD(マクドナルド)のQ3決算

プレマーケットで発表のあったMCD(マクドナルド)の決算は、売上高、EPSともにコンセンサス予想をビートしました。

MCDのQ3決算

Q3結果
売上高…$5.87B(予想$5.72B)
EPS…$2.68(予想$2.59)
ガイダンス(通年)
売上高…$46.0B(予想$45.97B)
EPS…$7.44ー7.74(予想$7.52)

増配の発表が好感されたマクドナルドの株価は+3.31%と上昇しました。

インフレやドル高が逆風になる中でも売上高を伸ばしたマクドナルドは、今後も安定した配当と堅調な株価推移を見せてくれそうです。

その他銘柄の決算結果

昨日発表されたその他注目銘柄の決算結果と株価推移は以下の通りです。

CATのQ3決算

キャタピラーQ3結果
売上高…$15B(予想$14.15B)
EPS…$3.95(予想$3.17)
*株価は+7.71%急騰
*200日移動平均線を一気にブレイクアウト

MAのQ3決算

マスターカードQ3結果
売上高…$5.8B(予想$5.65B)
EPS…$2.68(予想$2.57)
*クロスボーダー取引が好調
*株価は▲0.04%下落

CMCSAのQ3決算

コムキャストQ3結果
売上高…$29.85B(予想$29.75B)
EPS…$0.96(予想$0.9)
*売上成長率9.5%YoY
*株価は+1.49%上昇(AHも+1.66%)

MOのQ3決算

アルトリアQ3結果
売上高…$6.55B(予想$5.6B)
EPS…$1.28(予想$1.3)
ガイダンス(通年)
EPS…$4.81ー4.89(予想$4.85)
*株価は▲1.92%

MRKのQ3決算

メルクQ3結果
売上高…$15B(予想$14.07B)
EPS…$1.85(予想$1.75)
ガイダンス(通年)
売上高…$58.5B-59.0B(予想$58.51B)
EPS…$7.32ー7.37(予想$7.34)
*ガイダンス上方修正
*株価は+1.35%上昇

INTCのQ3決算

インテルQ3結果
✖売上高…$15.3B(予想$15.43B)
〇EPS…$0.59(予想$0.34)
*アフターマーケットで決算発表
*場中で▲3.45%下落、AHで+5.56%上昇

今週の注目決算

今週も米国市場では注目の決算発表が目白押しです。

重要と思われる決算についてピックアップしましたのでスケジュールの確認をしておきましょう。

来週の注目決算

10/28(金)
・CVX(シェブロン)
・XOM(エクソンモービル)
・ABBV(アッヴィ)
・NEE(ネクステラ・エナジー)

今夜にはエネルギー大手2社CVX(シェブロン)とXOM(エクソンモービル)の決算発表があります。

このところ堅調な株価推移を見せているエネ大手2社ですが、決算ミスとなればダウ指数にも大きな影響がありそうです。

今後も引き続き企業決算はウォッチしていきたいと思っています。

スポンサーリンク

【今夜はアマゾンショックに注意!】米国市場の足を引っ張るGAFAM まとめ

【今夜はアマゾンショックに注意!】米国市場の足を引っ張るGAFAMをまとめます。

まとめ

【10/27の米国市場の値動き】
・S&P500…▲0.68%
・ダウ…+0.67%
・NASDAQ…▲1.59%
・長期金利は4%を切って3.921
・VIXは27.39と変わらず
【経済トピックス】
・予想通りに低下したPCEコアデフレータ
・インフレ圧力の減速を示したGDPデフレータ
・米GDPは予想を上回りプラスに回復
・ECB中銀預金金利は1.5%

昨日の米国市場はGAFAMを中心に下落したことで、ナスダックは2日連続の下落となりました。

一方で、ダウは5日連続の上昇となり10月に入り11%以上も急騰しています。

利上げ見通しが明るくなり長期金利が下げる中で、しっかりと利益を出せている企業の株価は安定して成長していけるようです。

これまでの10年間はグロースの年と言われてきましたが、今後10年間はバリューが優位の年になるのかも知れませんね。

われわれ個人投資家はインデックス投資を継続すると共に、相場の大きな流れは掴んでいきたいですね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました