【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021】が決定!『まさかのあのファンドがランクイン』

こんなことがわかる記事

・投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021
・当ブログが選んだFund of the Year 2021
・2020年のFund of the Year TOP10銘柄
・過去の歴代『Fund of the Year』

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(あなたの大切な5秒間、いただけませんか?ポチって戻るだけで大感謝)

ここ
ここ

こんにちは!
当ブログが選んだファンドも
ランクインした『ここ屋』よ!

1/22に『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021』が発表されました。

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year』とは、前年度のFund of the Yearを発表するといったイベントです。

2021年を象徴するあのファンドもランクインしていますので、さっそく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2021』

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2021』が発表されました。

ファンド名と投票者数/獲得ポイントは以下の通りです。

1位は3年連続のトップに輝く『オルカン』

1位は3年連続となる『オルカン』でした。

順位ファンド名投票者/ポイント
1位eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)63名/206P
2位〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド30名/101P
3位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)15名/53P
4位eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)20名/51P
5位iFreeレバレッジNASDAQ10010名/37P
6位eMAXIS Slim 先進国株式インデックス14名/32P
7位セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド12名/29P
8位楽天・全米株式インデックス・ファンド10名/28P
9位たわらノーロード先進国株式8名/23P
10位SBI・V・全米株式インデックス・ファンド10名/22P

1位はぶっちぎりで『eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』で、3年連続のトップとなりました。

投票者数も獲得ポイントも2位とは2倍以上の大差がついています。

やはり、投信ブロガーさんは発信している身ですので、『万人におすすめ』なファンドが選ばれるのでしょうか。

2位3位は昨年と変わらず

2位3位は昨年と変わらず『ニッセイ外国株式インデックスファンド』と『VTI(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)』が選ばれました。

広く国際分散が効いたインデックスファンドがトップ3を占めるといった、教科書通りの結果となりましたね。

レバナスが初のランクイン

そして、サプライズでiFreeレバレッジNASDAQ100、通称『レバナス』が5位にランクインしました。

レバナスは2018年10月に設定されたばかりの若いファンドですが、今回は初のランクインとなりましたね。

好調な米国市場の中でも、得に急成長しているNASDAQ100にレバレッジをかけたファンドは、2021年には大注目された人気銘柄でしたね。

しかし、レバナスは投資初心者に大人気であると共に、そのリスクの高さに警鐘を鳴らす配信者さんも多いですね。

4位には当ブログでもイチオシのS&P500

4位には、当ブログでもイチオシのeMAXIS Slim全米株式(S&P500)がランクインしました。

eMAXIS Slim全米株式(S&P500)は、前年度にあたる2020の8位から4ランクアップしましたね。

実は、当ブログも『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2021』に参加しており、 eMAXIS Slim全米株式(S&P500) を『ここ屋イチオシ』として投票していました。

トップ10にはインデックス・ファンドがならぶ

6位から10位に関しても、全世界株式、先進国株式、全米株式といったインデックス・ファンドが名を連ねています。
5位のレバナスだけが特別目を引くような『ハイリスク ファンド』でしたね。

ここ
ここ

これには少し驚いたわ!

11位以下も常連が名を連ねる

11位以下のFand of the Yearを眺めても、常連が名を連ねる結果となりました。

順位ファンド名投票者/ポイント
11位MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信7名/20P
12位結い21019名/16P
13位ひふみ投信10名/15P
14位eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)7名/15P
15位農林中金〈パートナーズ〉長期厳選投資 おおぶね6名/15P
16位eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)6名/14P
17位楽天・全世界株式インデックス・ファンド4名/12P
18位SBI・全世界株式インデックス・ファンド7名/11P
19位SBI・V・S&P500インデックス・ファンド6名/11P
20位eMAXIS Slim 先進国株式インデックス5名/11P

新ファンドのSBI・V・シリーズがランクイン

少し注目したいのが、20位以内にSBI・V・シリーズが2銘柄ランクインしていました。

SBI・V・S&P500に関しては2019年9月より販売が開始された商品ですが、それまで人気を独占していた『eMAXIS Slim全米株式(S&P500)』より安い信託報酬であることから、投資家から注目をされてきました。

また、SBI・V・全米株式については、2021年6月より販売開始されたばかりです。

それまで全米株式に投資できる投信としては『楽天VTI』が1番人気だったのですが、SBI・V・全米株式は楽天VTIに比べて大幅に信託報酬が安いことから、その後の売れ行きは絶好調のようです。

さらにSBI・Vシリーズからは、『SBI・V・全世界株式』が1/31より販売開始されます。

楽天経済圏の改悪が続く中、SBI証券が本格的に楽天証券からの顧客獲得に動きはじめましたね。

今後のことを考えたら、このあたりでSBI証券に乗り換えた方が良さそうな良さそうですね。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

2020年のTOP10銘柄

ここからは、過去の『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year』に注目し、投資の歴史を覗いてみましょう。

まずは、昨年2020年のFund of the Year トップ10銘柄を見ていきましょう。

順位銘柄名投資先
1位eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)世界株式
2位〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式(日本除く)
3位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)世界株式
4位セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界株式・債権
5位ひふみ投信国内株式
6位eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)国内株式、先進国株式、
新興国株式、国内債券、
先進国債券、新興国債券、
国内リート、先進国リート
7位eMAXIS Slim 先進国株式インデックス先進国株式
8位eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)世界株式(日本除く)
9位eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)S&P500
10位農林中金〈パートナーズ〉長期厳選投資 おおぶね主に米国株式

トップ10銘柄の内、4銘柄が全世界株式に投資する商品となっており、その他も先進国株式全米株式などの広く分散された株式を中心とした投資商品が多いようです。

過去15年の1位は?

過去15年の歴代Fund of the Yearの1位の銘柄をさかのぼってみます。

受賞年1位銘柄
2020年eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
2019年eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
2018年eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2017年楽天・全世界株式インデックス・ファンド
2016年〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
2015年〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
2014年〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
2013年バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2012年バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2011年CMAMグローバル外国株式インデックスe
2010年STM(旧STAM)グローバル株式インデックス・オープン
2009年バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2008年STM(旧STAM)グローバル株式インデックス・オープン
2007年セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

時代と共に、ファンドも変化していますが、共通して言えるのが外国株式ということですね。

リッヒ
リッヒ

日本株はアカンってことや

VT(全世界株式ETF)が選ばれた年もありますが、『配当金自動再投資』のできる投資信託がラインナップに並んでいます。

ここ
ここ

今も昔もトレンドは『オルカン』ね!

【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021】が決定!まとめ

【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021】が決定!をまとめます。

まとめ

【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021】
・1位は3年連続となるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・トップ10は地域分散の効いたインデックス・ファンドが占める
・5位には『レバナス』がランクインするサプライズ
・過去の『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year』も人気はオルカン

投資信託は、日本円で投資することができて分散投資ができる優秀な投資商品です。

しかし、投資信託の中には信託報酬の高いものや、目先の流行りに乗ったアクティブファンドなどもあります。

投資の目的に合った商品の選択のためにも、ブロガーさんおすすめの銘柄を知っておくのもいいかも知れませんね。

2022年の『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year』は何が選ばれるのか、早くも来年が楽しみです。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました