【朗報】続伸するハイパーグロース株『ハイテク株は買い出動』

こんなことがわかる記事

・上昇したマーケットで買われた銘柄
・爆上げしているハイパーグロース株

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
やっと息を吹き返した『ここ屋』よ!

今週に入り米国株は大きな反発を見せています。3日連続の上昇なんて今年に入って珍しい相場環境です。

筆者も含めて年初より資産を大きく減少させてしまった投資家にとっては、ホッと胸をなでおろす嬉しい1週間となりそうです。

とはいえ今の心理状況はといえば、このままずっと上昇してくれるのか、ここで逃げ売りした方が良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、【朗報】続伸するハイパーグロース株『ハイテク株は買い出動』について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

続伸するハイパーグロース株

FOMCも無事に通過し、安心材料から株価を切り上げる米国市場ですが、特にハイパーグロース株が大きな続伸を見せています。

1分でわかるFOMCについて詳しくはこちら

長期金利が上昇する中でも、リスク資産であるグロース株が上昇している理由には、どのようなものが含まれているのでしょうか?

小型グロース株が躍進をはじめたようです

今週に入りエネルギー株を除いた米国株はほぼ『全部高』といって良い状況です。

特にその中でも小型グロース株が躍進をはじめたようです。

昨日のマーケットを振り返ると、バリュー株よりもグロース株、大型株よりも小型株が買われました。

3指数にはともに強い買いが入る

FOMCの翌日の3/17のマーケットでは、リスクオンが継続し3指数ともに強い買いが入りました。

NASDAQ100…1.16%
S&P500…1.23%
Dow…1.23%

この数字だけを見るとハイテク株よりもバリュー株のほうが買われた1日に見えますが、実はハイパーグロース株の中には爆上げしている銘柄が多いことに驚きます。

記事後半で爆上げハイパーグロース株については触れていきますが、まずはS&P500銘柄のパフォーマンスを確認していきましょう。

大型テックが一休みするも小型株が躍進

一昨日は大型テックがS&P500をけん引した市場でしたが、昨日は大型株が一休みする相場でした。

特に+4%以上の大きな上昇銘柄について、簡単に抜粋してみます。

特に上昇した銘柄

・PAYC…+4.86%
・ZBRA…+4.41%
・TWTR…+5.46%
・ETSY…+5.88%
・CRL…+4.04%
・ABMD…+4.46%
・DG…+4.45%
・CAH…+6.36%
・DE…+4.62%
・MOS…+6.13%
・その他エネルギー関連銘柄には多々あり

TWTR(ツイッター)やETSY(エッツィー)など、日本人にも馴染みのある銘柄も含まれてはいるものの、ほとんどが聞いたことがない小型株です。(小型と言ってもS&P500に選ばれている時点でそこそこ大きな時価総額ですが)

続落してきたエネルギー株が反発

セクター別のパフォーマンスでは、原油価格の下落を受けて売りもまれてきたエネルギーセクターが反発を見せた1日でした。

XOM(エクソンモービル)が+2.67%の上昇でDowをけん引するも、小型株の中には5%以上の上昇を見せた銘柄がゴロゴロしていました。

しかし、ハイテクセクターは+1.12%の上昇しかしていない状況で、これを見てもハイパーグロース株が上昇しているようには見えてきませんよね?

今週はハイテク有利の相場が続く

今週に入りウクライナ情勢の鎮静化への期待、無事に通過したFOMC、中国当局の株式市場への積極姿勢などを加味して、米国市場は反転上昇してきました。

その中でもグロース株がバリュー株をアウトパフォームしています。

Dow(バリュー株)ですら4営業日で+4.66%上昇してきたのに対して、NASDAQ100(グロース株)は+8.22%の爆上げをしています。

NASDAQ100は下落トレンドを抜けた可能性がある

NASDAQ100に連動するQQQの日足チャートを眺めると、NASDAQ100は下落トレンドを抜けた可能性があるように見えます。

昨日は+1.21%とそこまで大きな上昇ではありませんでしたが、それ以上に今後の上昇を予感させるだけのチャートになってきました。

昨年11月の高値から▲20%以上の下落を見せたQQQでしたが、下落トレンドのレジスタンスをブレイクアウトしたことがわかります。

まだまだ予断を許さない状況ですが、MACDは上を向き50日移動平均線を試す展開に向かいそうです。

ハイパーグロース株は底打ちのシグナル

ハイパーグロース株が底打ちのしたかどうかを判断するには少し早い気がしますが、シグナルを見逃すわけにはいきません。

ウォッチしてきたARKK(アーク社のハイパーグロースETF)は、直近の4ヶ月で▲60%近いドローダウンに見舞われてきました。

FOMCを無事に通過した今、反転上昇するチャートは今にも上にブレイクアウトしそうな勢いがあります。

MACDも上を向いていますが、ここからの数日でレジスタンスのブレイクアウトを確認できればハイパーグロース株の復活が始まる前兆と言えそうです。

業績の良いハイパーグロース株がねらい目

ハイパーグロース株の反転上昇に期待が持てる中で、すべての銘柄が上昇することは難しいと言えます。

金融引き締めがはじまった米国市場にとって、ハイパーグロース株が上昇するのは難しい地合いであることには変わりありません。

その状況下でも高騰をしているハイパーグロース株には共通点があります。

それは業績が良いことです。

金融相場ではどんなハイパーグロース株でも上昇をしてきた米国市場でしたが、現在は決算ミス一発で大暴落するような相場です。

今後の上昇を期待するのであれば、業績の良いハイパーグロース株がねらい目といって良いでしょう。

今週の爆上げハイパーグロース株

今週に入って爆上げしているハイパーグロース株をいくつか紹介していきます。

爆上げしたハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+41.24%
・CRWD(クラウドストライク)…+30.21%
・DDOG(データドック)…+15.98%
・DOCS(ドクシミティー)…+22.08%
・MQ(マルケタ)…+28.45%
・U(ユニティ)…+24.75%
・ZM(ズーム)…+17.8%
・UPST(アップスタート)…+30.48%
・COUR(コーセラ)…+18.48%
・DOCU(ドキュサイン)…+19.26%
・LZ(リーガルズーム)…+30.25%
・SQ(ブロック)…+34.91%
・DLO(ディーローカル)…+46.87%
・PING(ピンタレスト)…+19.15%

ここ1週間以内に、これだけのハイパーグロース株が爆上げしています。

他にも爆上げハイパーグロース株がたくさんあると思いますが、ここで紹介している銘柄は当ブログで取り上げた実際に筆者が保有している(保有していた)銘柄です。

昨年からテンバガー候補として注目してきた銘柄たちですが、詳しくはこちらで解説していますので、興味のある人はのぞいてみてください。

【朗報】続伸するハイパーグロース株『ハイテク株は買い出動』まとめ

【朗報】続伸するハイパーグロース株『ハイテク株は買い出動』をまとめます。

まとめ

ハイパーグロース株が反転上昇
・FOMCを無事通過することで相場はリスクオン
・長期金利が上昇するもハイテク株有利
・ハイテク株が底をついた可能性がある
・ここからリターンを狙うならハイパーグロース株がねらい目

まだまだ相場が上昇を続けるかは引き続きウォッチが必要ですが、あまり慎重になりすぎるとチャンスを逃すことにもなりかねません。

フルインベストするにはリスクが大きすぎるかも知れませんが、売り逃げるには早いかと思える相場が期待できそうです。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

高騰中のコモディティに投資できるチャンスです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました