【高値更新4000P超えのS&P500】米国市場はいつ下落する?株価下落サインを見逃すな!

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・米国市場の今後の動向を知りたい
・米国市場がいつ下落するか知りたい
・株価下落のサインを知りたい

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ここ
ここ

こんにちは!株価上昇で浮かれ気味の
米国株フルインベスト『ここ屋』よ!

4/1米国市場でS&P500が史上最高値4,000Pを更新しました。

4/2の雇用統計では、失業率が先月の6.2%を下回る6.0%と順調に低下していることが発表されました。

また、バイデン大統領が2兆5000億ドルの景気対策法案を通過させるなど、米国の景気が上向くような状況が続いています。

コロナワクチンの接種率に関しても、米国民の18.2%が必要回数の接種を完了させており、31.7%の国民が1回目の接種を完了させています。

こんなお祭り状態の米国市場ですが、果たしてこの先も株価上昇トレンドは継続するのでしょうか?

S&P500とは、世界一と言っていいほど有名な米国の株価指数です。
お金持ちになりたいと思っている人は絶対に知っておくべき指数です。

S&P500について詳しくはこちら

米国市場はいつ下落する?

過去数十年の米国株の騰落トレンドを見る限り、4月は上昇トレンドであることが見て取れます。

リッヒ
リッヒ

2,6,8,9月は悪いんだったね

FRBは3/17の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2023年末まではゼロ金利政策の継続を発表しています。

FOMCとは?

・米国の中央銀行にあたるFRB(Federal Rererve Banks)連邦準備制度理事会が定期的に開催する連邦公開市場委員会のことです(Federal Open Market Committeeの略です)。

これは金融政策の最高意思決定会合のことで、年間8回も開催されています。

このまま当面は米国株の好調は続きそうな傾向がみられますが、果たして長期の上昇トレンドは築けるのでしょうか?

割高感のぬぐえない米国株式市場がこのまま高騰を続けるであれば、いつか必ずバブル崩壊のような下落局面を迎えることでしょう。

では、その下落はいつくるのでしょうか?

さすがにこればかりは誰にも予測できませんが、このバブル相場が何年も続くことはないであろうことは、大半のアナリストに予想されています。

コロナワクチンの接種が進み、米経済の回復が進めば、FRBは金利の上昇を促すことでしょう。

現在は、ゼロ金利政策と共に、量的緩和措置を継続しているため、米国では金余りからのインフレが懸念されています。

インフレを抑制するためにも、いつかは量的緩和措置も終了します。

では、ゼロ金利政策が続く2023年末まで、米国株式市場は好調が続くでしょうか?

株価というものは、実体経済よりも前倒しで反映される傾向にありますので、バブル相場は2021年末には終了するのではないかともささやかれています。

株価の下落のサインはあるの?

現在の米国市場の高騰の要因は、FRBによる金利政策に尽きると考えられています。

2020年3月のコロナショック時に、FRBによる早期対処のおかげで暴落から1ヶ月というスピード回復を見せ、さらにコロナ前の水準を超えるまでのバブル相場となっています。

この高騰の要因はFRBによる『ゼロ金利政策』と『量的緩和』の2軸による金融政策によるものでしょう。

金利上昇を抑制しながら、証券を買い支えることで株価の上昇を促すことに成功しているのです。

2021年1月までは好調だった米国市場も、2月や3月にはハイテク株を中心とした下落を見せる場面があったことは記憶に新しいところです。

この下落の要因は『長期金利の上昇』によるものでした。

FRBによるゼロ金利政策が発動しているにもかかわらず、長期金利が上昇したのは何故でしょうか?

これは米国民による経済回復への期待によるものです。

下のチャートは米10年国債利回りですが、昨年の3月に金利を下げてから株価は上昇を始めました。
しかし、2021年に入ってから急激な上昇を見せたため、ハイテク株は下落する局面を迎えました。

長期金利がコロナショック前の水準に到達するのは時間の問題でしょうが、急激な上昇は株式市場に大きな影響を与えます。

現在はFRBによるゼロ金利政策は2023年末まで継続することが発表されていますが、この発言が撤回されることがあるようであれば、間違いなく株価の急落が予想されます。

ちなみに、この比較チャートは『Yahooファイナンス』を使用していますが、無料で色々な機能があり非常に便利です。
使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。

米国市場はいつ下落する?まとめ

米国株式市場は、まだまだ上昇トレンドが続く見込みです。

上昇予想の要因

・S&P500の高値更新
・米失業率の低下
・バイデン大統領による景気対策法案
・順調なコロナワクチンの接種
・FRBによるゼロ金利政策の継続発表

長期で見ると1~2年の上昇が続く見込みの米国経済ですが、いつ暴落するかは誰にもわかりません。

暴落が来るのであれば、FRBによるゼロ金利政策の終了宣言や、テーパリング(量的緩和措置の削減)が引き金になるでしょう。

年に8回開催されるFOMCに注目することで、素早く下落局面に対応できるのではないかと考えられます。

個人投資家は、いつ暴落してもいいように対策はしておくことをおすすめします。

暴落に対する心構えと対策についてはこちら

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
他にもお得情報がいっぱいですので
別の記事も読んでみてね!

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました