【S&P500年末までに30%の下落?】好決算で爆上げしたのはあの高配当株

市場分析
スポンサーリンク
こんなことがわかる記事

・10/20米国市場の値動き
・S&P500年末までの株価予想
・米国経済に関するトピックス
・注目の決算発表

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
昨日は上昇するもんだと思っていた
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

昨日の米国市場は下落したことで2日続落となりました。

10月はアノマリー的にも強い期間といわれますが、今年はそうもいかないみたいですね。

もしもクリスマスラリーがないということになれば、S&P500は3,400ポイントまで低下して年初来では▲30%の下落となる可能性もあります。

一方で、厳しい相場が続く中でも好決算を出した銘柄に関しては大きく上昇をしているようです。

それでは10/20の米国市場を振り返り【S&P500年末までに30%の下落?】好決算で爆上げしたのはあの高配当株について解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
注目の決算発表について解説してるで

スポンサーリンク

10/20米国市場の値動き

昨日の米国市場は下落したことでS&P500は2日続落となりました。

長期金利の上昇とドル高、株安トレンドはセットで訪れてきているようですが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

結局下落してしまった米主要3指数

昨日の米国市場は最終的には3指数そろって下落することとなりました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲0.77%
・ダウ…▲0.33%
・NASDAQ…▲0.62%

マーケットがオープンすると急激に上昇をはじめた相場でしたが、午前中をピークになだらかに下落していきました。

リッヒ
リッヒ

さすがに昨日は上昇すると思ったのにな

下落をはじめた理由についてはトピックスで触れていきます。

バリュー、グロース共に売られていますが、比較的大型株の下落がマイルドでした。

ここ
ここ

ハイパーグロース株は強い銘柄もあったわ!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…+0.67%
・COIN(コインベース)…+0.63%
・CRWD(クラウドストライク)…+0.88%
・DDOG(データドッグ)…+4.23%
・DOCS(ドクシミティー)…▲2.36%
・MQ(マルケタ)…+6.45%
・U(ユニティ)…+3.49%

上昇が止まらない長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日終値の4.114から4.233にまで急騰しました。

このところ急激に水準を切り上げてきている長期金利ですが、昨日も上昇が止まりませんでした。

14年ぶりの高水準に突入しただけでなく、その上昇率が急激なのが株式市場にとっては良くないことで株価の押し下げ要因となっています。

ここ
ここ

そろそろ落ち着いて欲しいわね!

なぜか水準を下げているVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日の30.76から29.98にまで低下しました。

株価が下落する場面では恐怖指数であるVIXは上昇するのが通常の値動きなのですが、最近は株価が下落する場面でもVIXが下がるといった現象が起きます。

投資家の恐怖心理は深まっていないということでしょうか?

リッヒ
リッヒ

株式の下落は投機筋によるものか

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、全体的に下落を示す赤が多かったように見えます。

ここ
ここ

マップの左上はそこまで赤くないわ!

比較的テクノロジーは下げていない印象ですが、日本時間の24時過ぎまでは緑のマップが広がっていたのに残念なことになりました。

前日に決算をミスしていたテスラは▲6.65%と急落しており、他にも▲5%近い下落をしている銘柄も散見されました。

好決算によって株価が押し上げられていた金融銘柄にも、すでに利確売りが相次いでいるようです。

そんな状況下でも株価を大きく上昇させている銘柄をピックアップしてみました。

10/20大きく上昇した銘柄

・ORCL(オラクル)…+4.45%
・IBM(アイビーエム)…+4.73%
・CRM(セールスフォース)…+2.49%
・LRCX(ラムリサーチ)…+7.81%
・T(AT&T)…+7.72%
・ETSY(エッツィー)…+3.30%
・LVS(ラスベガスサンズ)…+5.59%
・CCL(カーニバルクルーズ)…+4.17%

リッヒ
リッヒ

好決算銘柄は上昇しとるな

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、11セクターのうち3セクターが上昇8セクターが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・エネルギー…+0.3%
・情報技術…+0.21%
・通信…+0.2%
・素材…▲0.17%
・不動産…▲0.4%
・ヘルスケア…▲0.72%
・生活必需品…▲1.2%
・金融…▲1.31%
・一般消費財…▲1.33%
・資本財…▲1.76%
・公益事業…▲2.07%

エネルギーセクター連日の上昇となりましたが、上げたセクターも上昇幅は限定的でした。

特に下げたのが公益事業セクターでしたが、1ヶ月で▲12%も下落しています。

一般消費財セクターの下落はテスラの急落が影響していますね。

ここ
ここ

最近ハイテクが頑張ってるわね!

ベアマーケットラリーが続きそうなS&P500

昨日のS&P500は下落しましたが、まだ先週の上昇幅は維持しています。

MACDが上を向いたので今後株価は上昇していくと考えていますが、少し気になる点を上記チャートで丸印をしました。

今年に入り下落トレンドが続く米国市場において、何度かベアマーケットラリー(下落相場中に起きるダマし上げ)が起きているのですが、最近のチャートパターンが7月のベアマーケットラリーに酷似していることです。

下値を付けたのちに一度は反転するのですが、次の下落は前回の下値を割ってしまうといった現象です。

この後相場が上昇したとしても、4,000ポイントあたりのレジスタンスに押し返されたのちに、年末には3,400あたりまで下げてしまう可能性があります。

その場合は現在価格よりまだ▲7%も下げることになり、年間パフォーマンスは▲30%の下落となってしまいます。

リッヒ
リッヒ

何とか踏みとどまってくれんかな

米国市場に影響がありそうなトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

フィラデルフィア連銀景気指数

10月のフィラデルフィア連銀景気指数が発表されましたが、前月よりも小幅に改善されましたが予想を大きく下回りました。

フィラデルフィア連銀景気指数

〈10月〉
・結果…▲8.7(予想…▲4.5)
・前回…▲9.9

今月は活動が低下したと報告した企業は全体の約24%にのぼり、逆に活発化したと答えた企業は15%に留まりました。

景気の低迷は経済にとってはマイナスとなりますが、現在の株式市場にとっては『バッドニュース イズ グッドニュース』となりました。

ここ
ここ

景気の過熱感は冷めてきたわね!

新規失業保険申請件数

9月の新規失業保険申請件数は、前回よりも低下した上に予想を下回りました。

新規失業保険申請件数

〈9月〉
・結果…214千件(予想…229千件)
・前回…228千件(修正値…226千件)

失業保険申請件数が減ったということは雇用はまだ強いことが示され、FRBの利上げにとっては追い風となる指標です。

こちらは『グッドニュース イズ バッドニュース』となり、連銀景気指数とは逆の効果がありそうです。

ここ
ここ

2つのニュースが打ち消し合ったわね!

英トラス首相辞任を発表

英国のトラス首相が辞任を表明しましたが、在籍期間はこれまででもっとも短い44日でした。

7年間で5人も首相が入れ替わるといった経済不振が続いている英国ですが、与党保守党は次期首相項の選別に余念がありません。

リッヒ
リッヒ

せわしない政権やな

昨日の米国市場が下落に向かったのが、このニュースが発表された後でしたので少なからず世界経済にも影響を与えたようです。

ここ
ここ

早く英経済も安定して欲しいわね!

昨日発表された注目決算

昨日も注目の企業決算が発表されましたが、市場に大きな影響を与えそうな決算についてピックアップしていきます。

昨日の注目決算

10/20(木)
・AAL(アメリカン航空)
・PM(フィリップモリス)
・T(AT&T)

AAL(アメリカン航空)のQ3決算

米大手航空のAAL(アメリカン航空)の決算は、売上高、EPSともにコンセンサス予想をビートしました。

AALのQ3決算

Q3結果
〇売上高…$13.5B(予想$13.31B)
〇EPS…$0.69(予想$0.47)
ガイダンス
〇Q4売上高…$50.8B-51.7B(予想$47.97B)
〇EPS…$0.50ー0.70(予想$0.27)YoY

プレマーケットで好決算を発表したアメリカン航空の株価は、プレで上昇していましたが場中で▲3.79%と下落しました。

フォワードガイダンスもよく、コロナ収束により増益となったアメリカン航空でしたが、昨日は相場の地合いが悪かったようです。

ここ
ここ

業績の見通しは良さそうよ!

PM(フィリップモリス)のQ3決算

世界最大のたばこメーカーであるPM(フィリップモリス)の決算は、売上高、EPSともにコンセンサス予想をビートしました。

PMのQ3決算

Q3結果
〇売上高…$8.03B(予想$7.43B)
〇EPS…$1.53(予想$1.37)
ガイダンス(通年)
〇EPS…$5.81ー5.96(予想$5.57)

プレマーケットで決算発表のあったフィリップモリスの株価は、プレでわずかに上昇するも場中では▲1.67%と下落しました。

来期のガイダンスもよく安定した決算発表の続くフィリップモリスですから、高配当目的で保有している人はホールド問題なしといったところでしょうか。

リッヒ
リッヒ

今なら配当金は5%以上あるな

T(AT&T)のQ3決算

高配当銘柄で有名な通信大手のT(AT&T)の決算は、売上高、EPSともにコンセンサス予想を上回りました。

TのQ3決算

〇売上高…$30.0B(予想$29.87B)
〇EPS…$0.68(予想$0.61)

プレマーケットで好決算を発表したAT&Tの株価は、場中で+7.72%と高騰しました。

来期のEPS通年ガイダンスをこれまでの2.42-2.46から『2.50ないしはそれ以上』に上方修正したのが好感されたようです。

ここ
ここ

配当金は6.6%もあるわ!

今週の注目決算

今週も米国市場では注目の決算発表が続きますが、重要と思われる決算についてピックアップしましたのでスケジュールの確認をしておきましょう。

来週の注目決算

10/21(金)
・VZ(ベライゾン)
・AXP(アメリカン・エキスプレス)

今夜には高配当銘柄のベライゾンとクレジットカード大手のアメリカン・エキスプレスなどの決算発表が予定されていますので、今後も引き続き企業決算はウォッチしていきたいと思っています。

スポンサーリンク

【S&P500年末までに30%の下落?】好決算で爆上げしたのはあの高配当株 まとめ

【S&P500年末までに30%の下落?】好決算で爆上げしたのはあの高配当株をまとめます。

まとめ

【10/20の米国市場の値動き】
・S&P500…▲0.77%
・ダウ…▲0.33%
・NASDAQ…▲0.62%
・長期金利は4.233に高騰
・VIXは29.98に低下
【経済トピックス】
・10月フィラデルフィア連銀景気指数は予想を下回る
・9月の新規失業保険申請件数は低下
・英トラス首相辞任を発表

昨日の米国市場は下落したことで10月の月間上昇率もわずかとなってしまいました。

方向性がつかめない不透明な相場が続きますが、長いトンネルの出口はまだ先のようにも感じます。

インフレ、利上げ、長期金利、ドル高といったキーワードが解消に向かうまでは安心した投資はできそうにありませんね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました