【ギャンブルをしている(いた)人ほど投資に向いている?】あなたの『分析力』『解析力』は投資に活かせる?

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

・投資に興味がある
・投資をしてみたい
・ギャンブルをしている
・ギャンブルが辞められない
・投資に向いているかわからない

ここ
ここ

こんにちは!ここ屋です!

今日は『投資』と『ギャンブル』

少し不謹慎に思えるかも知れないけど

最後まで読んでみてね!

ギャンブルといえば

ギャンブルと言えば『パチンコ』『パチスロ』『競馬』『競輪』『競艇』などが思い浮かぶでしょう。

日本の公営ギャンブル以外にも、海外旅行に行けば『カジノ』に飛びつく人も少なくはないでしょう。
何を隠そう私もその中の1人でした。

そんな私も、今は全てのギャンブルから足を洗い、投資1本にハマっています。

それもそのはず、投資とギャンブルには似ている部分も多いのです。

投資とギャンブルの類似点

ハラハラ、ドキドキから、『儲かった〜!』と歓喜を上げる瞬間のためにギャンブルをやっている人は少なくはないと思います。

ギャンブルは『切った張った』の『一か八か』と思われがちですが、実際にやっている当の本人にとってみたら、全てにおいて『戦略』があり、自分なりの『調査』の上、『分析』『解析』をして、答えを導き出し『結果』を求める。

それが間違っていようが、トンチンカンな方法だろうが、本人は至って真面目です。
その結果が『勝ち』につながれば歓喜し、『負け』てしまえば消沈する。
一喜一憂するからこそ『心が踊る』のでしょうね。

しかし、ギャンブルは時として、人を破滅に導きます。借金をしてまでギャンブルに明け暮れるのはおすすめできません。

リスク許容度

何事にも『リスク許容度』があり、自分が受け入れられる範囲でなければなりません。
全てが自己責任であり、自分が導いた結果なのです。

さて、ギャンブルと投資には類似点があると言いましたが、その『リスク』と『リターン』、『勝率』に関してはどうでしょうか。(投資に勝ち負けと言うのは少し違うと思いますが、今回はご了承ください)

各々の『勝率』と『要因』

パチンコや競馬などでは、たったの数時間で何万円も『スった』とよく耳にします。

投資においても『FX』や『暗号資産』では同様に、一瞬で資産を暴落させるものもあります。
そもそも『FX』や『暗号資産』は投資と呼べるかにも疑問がありますが。(実際に日本の税制では、それらの利益は『雑所得』とされ、『累進課税』が適応されています。)

しかし、同様に『デイトレード』などは、超短期で結果が出ることから、ギャンブル要素が高いと呼べるでしょう。(投資ではリスクと呼びますが)

しかし、投資では知識を身に付け、じっくり戦略を練ることで、リスクを最小限に抑え勝ちパターンを見出すことも可能です。

・パチンコの『釘』
・パチスロの『設定』
・競輪・競馬の『時の運』

このような理不尽な要因に踊らされることなく、投資の騰落には必ずと言って良いほど、その要因となる『情報』というものが存在します。

累計支出

ギャンブルをしている人の中に、その支出を正確に記録にしている人はいるのでしょうか?
ほとんどの人が、その収支を『何となく』で記憶していて、『勝った時の記憶』だけを鮮明に持ち、再びギャンブルへと足を運んでしまいます。

いく度となく後悔しても、繰り返してしまうんですね。わかります(笑)

反面、投資においては、その投資額利益率などは、ネット証券のアプリなどで、一目瞭然
失敗した時の結果も、後からちゃんと見ることができ、『失敗』を次の『勝利』に繋げることもできるのです。

そして何より『勝った時の喜び』が、ギャンブルのそれに勝るとも劣らないものが得られるのです。

投資に向いている人:まとめ

『投資』と『ギャンブル』を同じ土俵で比較することは、不謹慎なことと酷評させるかも知れません。

しかし、ギャンブルをしている(いた)人が『投資に向いている気質』である。これもまた事実です。

敢えて記事にすることで、ギャンブルをしている(いた)人が、その『分析力』『解析力』『思考力』を『投資』に向けてもらえることで、これを機に1人でも多くの人が『ギャンブル』から足を洗えることを願います。

きっと、あなたも『投資』に向いていると思いますので、おすすめします。

投資の知識は書籍から得よう!

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!

他にもお得な情報がいっぱいあるので

別の記事も読んでいってね!

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

よかったら『ポチっと』応援してください
ブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

投資に必要な知識は書籍から得よう!

タイトルとURLをコピーしました