米国株【テンバガー候補DLO】DLocal(ディーローカル)『決算結果と買い時』

米国株
スポンサーリンク
こんなことがわかる記事

・米国株のテンバガー候補
・DLO(DLocal ディーローカル)の概要
・DLOの人気の理由
・DLOの決算結果
・DLOの買い時

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(みなさんの力でランキング押し上げて下さい!)

ここ
ここ

こんにちは!最近DLOを
購入したばかりの『ここ屋』よ!

DLocal(ディーローカル)は、2021年6月にIPOしたばかりのフィンテック企業です。

上場価格より3ヶ月で2倍の株価に上昇した人気のテンバガー候補です。

最近何かと話題のDLO(ディーローカル)ですが、人気の理由は何なんでしょうか?

どんな会社なのか気になりますよね?

そこで今回の記事では、テンバガー候補DLO(DLocal ディーローカル)の概要と決算結果・買い時について解説していきたいと思います。

その後の暴落の理由は、こちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

テンバガー候補【DLO】DLocal(ディーローカル)概要解説

テンバガー候補のDLO(DLocal ディーローカル)は、IPOして間もない期間で株価急騰中の人気銘柄です。

DLO(DLocal ディーローカル)とは、どんな企業なんでしょうか?

テンバガー候補【DLO】DLocal(ディーローカル)はこんな企業

DLO(DLocal ディーローカル)は、新興国向けのクラウドベースの決済サービスプラットフォームを開発・提供する企業です。

わかりやすく解説すると、各国で独自の決済サービスがある中、『ブラジル独自の決済サービスはアメリカのネット販売の決済では使えないから、ディーローカルが間を取り持って支払えるようにしてあげるよ』といったサービスを提供する会社です。

ディーローカルはケイマン諸島籍のフィンテック企業。新興市場向けに、統合されたクラウドベースの決済サービスプラットフォームを開発・提供する。同社独自のオンラインプラットフォームは、高い拡張性と柔軟性を備え、国境を越えた取引や地域間での取引に対応し、グローバルな加盟企業およびユーザーに安全で効率的な決済サービスを提供する。本社所在地はウルグアイ・モンテビデオ。

会社概要はこんな感じです。

会社名DLocal Limited
ディーローカル・リミテッド
ティッカーDLO
本社所在地ウルグアイ
設立2016年12月
上場日2021年6月3日
市場NASDAQ
時価総額178.59億ドル
次回決算日2021年12月1日
リッヒ
リッヒ

NASDAQにウルグアイって珍しいな

ここ
ここ

今では世界各国に拠点があるの!

テンバガー候補【DLO】DLocal(ディーローカル)のビジネスモデル

DLO(DLocal ディーローカル)の主な収益は、オンライン決済の手数料です。

世界29か国600を超える決済サービスに対応してユーザーは20億人と言われており、提携先はアマゾン、マイクロソフト、スポティファイ、ウーバーなど300を超える企業と連携しています。

リッヒ
リッヒ

提携先が豪華やな

支払方法は、現金、デジタルウォレット、銀行振り込み、モバイル決済など多様なペイスタイルを可能にしています。

今後、ますますインターネットを活用していくであろう新興国のeコマースをマーケットにすることができるディーローカルは、今後も増収・増益が見込めそうですね。

ここ
ここ

完全に将来の有望株なの!

スポンサーリンク

【DLO】DLocal(ディーローカル)の決算結果

6月にIPOしたばかりのDLocal(ディーローカル)ですが、8/18に上場後はじめての決算を発表しています。

IPO後はじめての決算というのは非常に重要で、機関投資家のほとんどがここで『ふるい』にかけます。

【DLO】DLocal(ディーローカル)のQ2決算

8/18に発表されたDLO(ディーローカル)の決算は、非常に良いものでした。

DLO決算内容

◎2021年Q2決算
売上高 $58.96M (予想$41.65M)
YoY+186%(前年同期比)
EPS 0.057 (予想0.0475)
◎ガイダンス
・なし

コンセンサス予想を大幅にビートしています。

【DLO】DLocal(ディーローカル)の次回決算はいつ

【DLO】DLocal(ディーローカル)の次回決算は、12月1日です。

次回の決算後も株価は跳ねるのでしょうか?

スポンサーリンク

【DLO】DLocal(ディーローカル)の買い時

DLO(ディーローカル)の買い時を判断するのに、テクニカル指標やチャートを参考にして、今後の成長についても検証していきます。

【DLO】DLocal(ディーローカル)のテクニカル指標

DLO(ディーローカル)のテクニカル指標としては、今は『割高』と判断しているようです。

引用:Investing.com

テクニカル指標的にも移動平均的にも、ほとんどが売り指標です。

【DLO】DLocal(ディーローカル)の買い時はいつ?

DLO(ディーローカル)の買い時はいつなんでしょうか?

先ほどの指標では『売り』シグナルで埋め尽くされていましたが、本当に買い時ではないのでしょうか?

確かに現在は過熱感が高いのかも知れませんが、IPO後の株価は非常に順調に伸びています。

GAFAMのような大型グロース株は、常に割高と言われてきましたが、今やあれほどの時価総額にまで成長しています。

成長企業の買い時は、常に『今』なのかも知れません。

【DLO】DLocal(ディーローカル)のチャート

DLO(ディーローカル)は、IPOしてから継続的に非常に美しいチャートを見せています。

8/18の決算後に窓を開けて25%以上の上昇を見せてから、現在はヨコヨコと調整期間に入っていますが、$60をサポートラインとして反発できるかに注目したいところです。

【DLO】DLocal(ディーローカル)の今後の強みは?

DLO(ディーローカル)の今後の強みは、何と言っても新興国マーケットです。

人口増加が進む新興国の平均年齢は非常に若く、若者世代にはインターネット環境が整い始めています。

今後のDLO(ディーローカル)は、eコマースの需要が高まるであろう新興国をカバーしているため、長期目線でも成長が期待できる銘柄かと思います。

スポンサーリンク

テンバガー候補DLO(DLocal ディーローカル)まとめ

テンバガー候補DLO(DLocal ディーローカル)をまとめます。

まとめ

◎テンバガー候補DLO(DLocal ディーローカル)とは
・ウルグアイのフィンテック企業
・新興国を中心としたオンライン決済サービスを提供する
・IPOして3ヶ月の若い銘柄
◎DLO(ディーローカル)の決算は
・コンセンサス予想ビートする好決算
・次回決算は12/1
◎DLO(ディーローカル)の買い時は?
・テクニカル指標は『売り』(割高)
・IPO後のチャートは非常に美しい
・長期的に見ても成長が期待できる
・グロース株の買い時は常に『今』

直近の米国市場は続落傾向にあり、テーパリングを控えた相場はボラティリティが出はじめています。

長期金利の上昇などは、IPO直後の若い銘柄には少し風当たりが強いかも知れません。

しかし、DLO(ディーローカル)のマーケットは新興国を中心とした発展途中の国が多いため、長期的に見ても今後の成長が期待できるように思います。

かくいう筆者も、少量ですが最近DLO(ディーローカル)の株を購入をしています。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

米国株おすすめテンバガー候補まとめ記事はこちら

2021年6月30日よりSBI証券が新サービス『クレカ積立』を開始しました。

積立投資をクレカ決済にすることで、お得にポイントがもらえるサービスです。

SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら

通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

インフレに備えてコモディティに投資できる準備をしておきましょう。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました