4/19【決算シーズン到来】米国市場は反発するも決算ミスは命取り

こんなことがわかる記事

・4/19の米国市場の値動き
・主要3指数と大型株の値動き
・決算ミスで暴落した銘柄
・上昇するビットコイン価格

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
保有資産が増えて喜んでいる
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

4/19の米国マーケットが閉まったので、主要株価の値動きと共に相場の状況を確認していきたいと思います。

特に大きな指数などの発表はなかったものの、全体的に株価は上昇した1日となりました。

決算シーズンがはじまり、続々と決算発表がされる中で大きく売られた銘柄などもありました。

引き続き注目すべきは長期金利やインフレ率であることに変わりありませんが、足元の決算を確認しながらマーケットを見守る必要がありそうです。

それでは早速、昨日の相場を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

4/19米国市場はリスクオン

昨日1日の米国市場は、寄りから上昇し終日高値で推移しました。

引けにかけても買い注文があつまり、リスクオン相場が展開されました。

米国の確定申告が終了し、再び資金がマーケットに戻ってきたようです。

主要3指数の値動き

3指数ともそろって大きく上昇した1日でした。

・Dow…+1.40%
・S&P500…+1.62%
・NASDAQ…+2.15%

比較的グロース株が堅調で、大型株よりも最近売り込まれてきた中小型株を中心に上昇しました。

長期金利は上昇を続けるもフラットニングは解消へ

米債券利回りの差額を比較するイールドカーブは、10年債利回りが上昇することで逆イールドは何とか避けられていますが、長期金利の高騰は今後も継続しそうな状況です。

それにしても10年債利回りが2.956と、明日にでも3%を超える勢いがあります。

通常は長期金利が上昇すると、ハイテク株やグロース株が売られる展開になるのですが、昨夜のマーケットではグロースを中心に株価を上昇させていました。

ドル高止まらず金利差が大きくはたらく

ドル円は引き続きドルが強く、一時は$1=129円台を付けるなど、3月から12%もの高騰を見せています。

このまま今月中に130円をブレイクアウトする公算が高そうです。

指値オペを実施中の日本と、急速に利上げを進める米国では、誰が見てもドルのほうが強いって話ですよね。

リッヒ
リッヒ

日銀が何を言ってもダメそうやな

ここ
ここ

外貨建ての評価額はうなぎのぼりだけど
新規のドル転するのは厳しいわね!

GAFAM全部高で指数をけん引

昨日はGAFAMを含んだ大型株も上昇し、指数をけん引する結果となりました。

・AAPL(アップル)…+1.41%
・AMZN(アマゾン)…+3.49%
・MSFT(マイクロソフト)…+1.70%
・GOOGL(グーグル)…+2.01%
・FB(メタプラットフォームズ)…+3.09%

特に大きく上昇したAMZN(アマゾン)は、1週間のリターンもGAFAMで唯一のプラスリターンです。

エネルギー以外は上昇したS&P500

原油価格の下落に伴いエネルギー関連株は下落をしたものの、S&P500全体としては大きく上昇した日となりました。

出店元:Finviz

特に半導体やレジャー、消費財などが大きく上昇しました。

特に大きく上昇した銘柄

・AMD(アドバンスド・マイクロ・デバイセス)…+3.24%
・CCL(カーニバルクルーズ)…+4.57%
・HLT(ヒルトン)…+4.20%
・LVS(ラスベガスサンズ)…+4.34%
・NKE(ナイキ)…+4.12%
・UAA(アンダーアーマー)…+4.24%

逆に下落したのがPFE(ファイザー)が▲3.20%の下落、TWTR(ツイッター)が▲4.73%と大きく下落しています。

リッヒ
リッヒ

JNJは決算ミスでも株価上昇しとる

ここ
ここ

信頼のあるバリュー株は決算ミスでも
大きく売られることってないの!

シクリカル銘柄を中心に10セクター上昇

11セクター中10セクターが上昇する相場の中で、シクリカル(一般消費財)を中心に買い注文が集まりました。

昨日下落したエネルギーセクターに関しては、原油価格と相関性が高く1ヶ月で10%近い上昇をしています。

その他注目銘柄には大きな値動きも

ほとんどの銘柄が上昇する1日でしたが、昨日は決算により大きく値動きのあった銘柄もありました。

リッヒ
リッヒ

別に大きな下落なんてないやんか

ここ
ここ

NFLX(ネットフリックス)が決算ミスで
アフターマーケットで暴落したのよ!

ネットフリックスがアフターマーケットで大暴落

NFLX(ネットフリックス)が決算発表をしましたが、売上高をミスした上に会員の減少によりアフターマーケットで▲25%以上の暴落をしています。

1-3月期は10年ぶり会員純減、4-6月期にさらに200万人減少へ

売上高のミス以上に会員数の減少は、サブスク事業に対しては影響が大きいようです。

ここ
ここ

ロシアの70万人減も影響してるわね!

とはいえ、全世界で2億人以上の会員がいるんですから十分な気がするんですけどね。

決算が注目されるテスラは上海工場が復活

TSLA(テスラ)の上海工場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で操業が約3週間停止していましたが、従業員8000人が復帰したことで生産を徐々に増やるとの報道がありました。

本日のアフターで決算発表がありますが、カンファレンスコール次第は大きく下落する可能性もありますので、決算前のエントリーは避けた方が賢明かも知れません。

でもまあキャシー・ウッドは4年後までに4.5倍になるって言ってますけどね。(笑)

株式以上に上昇しているビットコイン

最近のビットコイン価格の推移を見ていると株式市場との相関性が高く、もはやコモディティの役割は果たしていないようです。

現在の価格は50日移動平均線をサポートラインに上昇基調にありますが、MACDも上を向いていますので、もう一段階上を目指す展開です。

一時の過熱感はすでになく、落ち着きを取り戻したビットコインですから、ここから長期目線で参入するのも良いタイミングかも知れません。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

4/19【決算シーズン到来】米国市場は反発するも決算ミスは命取りまとめ

4/19【決算シーズン到来】米国市場は反発するも決算ミスは命取りをまとめます。

まとめ

4/19の米国市場は3指数とも上昇
・Dow…+1.40%
・S&P500…+1.62%
・NASDAQ…+2.15%
エネルギー以外はそろって上昇
・特に半導体やレジャーが反発
・シクリカル銘柄が指数をけん引
【決算シーズン到来】決算ミスは命取り
・NFLX(ネットフリックス)が決算ミスでAHで▲25%下落

昨夜の米国市場は大きなニュースもなく、株価は大きく上昇しました。

確定申告を終えたアメリカでは、再び株式市場への資金流入がはじまったようです。

ここまで大きく下落してきた米国市場ですが、4月から強い相場が返ってくるかもしれません。

とはいえ、決算ミス1発で暴落してしまうグロース株には引き続き注意が必要で、5月のFOMCでは0.5%の利上げが見込まれますから、今後もボラティリティの高い相場が続きそうです。

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券が新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

高騰中のコモディティに投資できるチャンスです。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

タイトルとURLをコピーしました