ZitA(ジータ)は最高の時短家電【自動開閉ゴミ箱】『上手なお金の使い方』

スポンサーリンク

クリックでブログランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ここ
ここ

こんにちは!
今日は商品の紹介をする『ここ屋』よ!

いつも『米国株・ETF投資 ここ屋マネースクール』の記事を読んでいただき、ありがとうございます。

投資に興味を持って、資産形成に勤しんでいるみなさんにとって、有意義な記事になるかどうかわかりませんが、今回は筆者が最近購入して『いいな』と思った商品に関する記事になります

資産形成は、私も含めた現代の日本国民にとって、老後資金をつくる上で大切なことだと思います。

それと共に、お金は『貯める』だけではなく上手に『使う』ことにも意味を持たせなければ、お金本来の価値として利用できません。

お金の使い方は、人それぞれの価値観で異なりますが、筆者は旅行や食事などの有意義な時間や大切な思い出のために使いたいと思っています。

浪費することを抑制する記事も目にすることが多いと思いますが、適度な浪費は人生を豊かにしてくれることもありますので、たまには贅沢もしたいですよね。

そして、もうひとつのお金の使い方として『モノ』の購入があります。

人間には『物欲』があり、これを満たすことで生きている実感が沸くというのもうなづけます。

とはいえ、際限なく浪費していてはいくらお金があっても不足してしまうことから、せっかく使うお金なら『良いもの』を購入したいところです。

最近と言っても、すでに1年近く前に購入したものですが、筆者が自宅に友人を招いた際に、皆が口をそろえて『それいいね!』『わたしも欲しい!』と言って、実際に購入する人が多かったものを紹介しようと思います。

ZitA(ジータ)自動ゴミ箱はフタが自動で開くゴミ箱

商品の紹介がいきなり『ゴミ箱』って思いますよね(笑)。

私もそう思いますが、これ本当にいいんですよ。

まずは、ZitA(ジータ)がどんなゴミ箱なのか簡単に解説しますね。

ZitA(ジータ)の特徴とメリット

ZitA(ジータ)の特徴とメリットはこんな感じです。

ZitA(ジータ)のいいところ

・フタが触れることなく自動で開閉する
・フタの開閉が上下ではなく左右
・フタが大口で使いやすい
・サイズが2種類あって用途に合わせられる
・中にゴミ袋をセットできるので捨てるに簡単
・見た目がスタイリッシュ

ZitA(ジータ)は触れることなくフタが左右に開閉する

まず、ZitA(ジータ)の特徴は、触れることなくフタが自動に左右に開閉することです。

普通のゴミ箱は、フタがないものが大半だったり、フタがあっても足で踏んで開閉するものが主流です。

リッヒ
リッヒ

足で踏むやつ面倒やわ

しかし、ZitA(ジータ)は触れることなく、センサー(電池式)によってフタが自動開閉するんです。

これだけでも感動なんですが、左右に開閉することで大きな利点もあります。

上下に開閉するゴミ箱の場合、通常の人の身長からすると上からゴミを捨てる際に、フタが完全に空ききるまでフタが邪魔になったりします。

また、ゴミ箱を置く場所についても、フタが上に開いた寸法まで加味してスペースを見つけなければなりません。

ここ
ここ

机やテーブルの下には置けないわね!

その点、ZitA(ジータ)は、フタが左右に開くことで置き場や捨て方にストレスを感じません

ZitA(ジータ)のフタは左右に開いてもスペースを必要としない設計

『フタが左右に開いたら、ゴミ箱を壁際に置くことができないな』と、考えたりしませんか?

私もはじめはそう思ったのですが、ZitA(ジータ)のフタは左右2枚ずつの『羽根』のような設計になっていて、完全に開いた状態でも箱よりもフタがほとんど飛び出しません

部屋の隅っこの棚やテーブルの下に置いても使えるってなかなか便利です。

リッヒ
リッヒ

ゴミ箱の置き場って悩むもんな

フタが大口で使いやすい

やはり、ゴミ箱は機能で選びたいという人のためにも、ZitA(ジータ)は便利だと思います。

ゴミ箱の容量もさることながら、開いたフタが大口で使い勝手が非常にいいです。

サイズが2種類あって用途に合わせられる

ZitA(ジータ)のサイズは2種類あり、直径は33.5cmと1種類なのに対して高さが2種類あります

46.2cmは小部屋や一人暮らしに最適

高さが46.2cmのものは、容量が40LでZitA miniと言います。

ミニと言えども40Lの容量はそこそこの大きさで、筆者は実際に利用してますが何度もゴミ袋を交換する必要がないくらいです。

小部屋への設置や一人暮らしに向いているのかと思いますが、我が家ではリビングに使用しています。

実際には30Lのゴミ袋をセットして使用しています。

また、高さ46.2cmですとデスク下にも置けるので、オフィスにもいいかも知れません。

66.2cmはリビングやキッチン向き

高さが66.2cmのものは容量が58Lあり、ゴミがたくさん出るようなキッチンリビングに向いているのかと思います。

特に、机やハイテーブルの高さが70cmであることが多いため、ZitA(ジータ)はその下に収納できることを考えて設計されています。

この高さだと、小さなお子さんではちょっと捨てるに大変かもしれませんね。

我が家は3歳の娘(当時2歳児)がいるため、高さ46.2cmのものを選びました。

中にゴミ袋をセットできるので捨てるに簡単

ZitA(ジータ)は、中にゴミ袋をセットできるので、捨てるのに手間がかからず簡単です

付属のリングがついていますので、セットも簡単ですしビニール袋が外に見えてしまうことが無いので、景観も損ねません。

また、別売りリングを使用すれば分別も可能になります。

リビングで利用している我が家では別売りリングは使用していませんが、キッチンで利用する場合にはいいかも知れませんね。

スタイリッシュな見た目でオシャレ

ゴミ箱にスタイリッシュさを求めるわけではないんですが、部屋の一部の景観にかっこ悪いゴミ箱があるのって嫌じゃないですか?

色も3色から選べて、インテリアに合わせた選択をすることができます。

材質もステンレス製で、耐久性に優れ倒れたりしても傷つきにくい設計がされています。

もちろん錆びたりもしませんし、耐水性にも優れています。

到着から30日までなら返品が効く

ZitA(ジータ)は、どのような理由だろうが商品到着から30日間は返品が可能だそうです。

ただし、破損や不良がないことが条件なことと、送料は自己負担ですね。

ZitA(ジータ)のデメリットは

ZitA(ジータ)のデメリットは、ひとつしか思い浮かびません。

それは、意外と大きいところです。

ZitA(ジータ)を購入する前に寸法はチェックしていたのですが、実際に商品が届いて目にした第一印象は『デカい』でした(笑)。

デカいと言っても所詮30cm程度のため、それほど置き場に困ったりはしないんですけどね。

逆に安定感が増して、子どもがゴミ箱を倒してしまうことはなくなりましたね。

詳しくは公式サイトに載っていますのでご自分の目で確認してみて下さい。

ZitA(ジータ)を実際に使ってみた感想

ZitA(ジータ)を実際に使ってみた感想ですが、我が家では小さな子供が2人います。

ZitA(ジータ)の購入当時、上の娘は2歳でした。

娘が0歳の時には、ハイハイをはじめてリビングのゴミ箱を倒しては、中のゴミを口にして困ったものです。

また、蓋つき(足でペダルを踏んで開閉するタイプ)のゴミ箱にすると、自分で蓋を開けることができずに泣いていることもありました。

しかし、ZitA(ジータ)にしてからは、すすんでごみを捨てるお手伝いもしてくれて、3歳になった今では、何も言わなくてもゴミはZitA(ジータ)に捨ててくれるまでになりました。

また、心配していた『乾電池』も1年ほど経過しましたが、まだ切れることが無いようですので非常にコスパも良いと感じています。

人気商品でお届けには時間がかかるようですので、気に入った方は早めに予約した方がいいと思いますよ。

リッヒ
リッヒ

ウチも2ヶ月は待ったな

さいごに

今回は、『ゴミ箱の紹介』という謎の記事を書いてしまいましたが、今後も引き続き投資に関する記事を投稿したいと考えております。

たまには今回のような商品紹介や、旅行記事なんかも交えていければと考えています。

投資でお金を増やすこともいいですが、お金を有意義に使う力もつけたいですね。

ほら、どこかのライオン学長も『使う力』を推奨してますよね(笑)。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ!

ひらけ、ゴミ箱!!自動ゴミ箱のZitA【ジータ】

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました