なぜ今『投資』をすべきなのか?【明確な3つの理由と銀行預金がダメなワケ】

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事

銀行に預金している
老後が心配
投資を考えている
・今の仕事が合わない
・将来が不安

ここ
ここ

以前はお金を眠らせていたことを

全力後悔している『ここ屋』よ!

子供の学資のためや、マイホーム購入、老後への蓄えのために、銀行への預金をしている人は多くいると思います。

しかし、これは本当に賢明な判断なのでしょうか?

答えは『半分正解』で『半分間違い』です。

将来のために計画的な蓄えをしていることについては、非常に立派なことだと思います。

ただし、その方法が『銀行への預金』を選んでしまったことが間違いなのです。

それでは、何故『銀行預金が間違い』なのか解説していきます。

『金利』が低い

みなさんが預けている銀行の金利は何%か言える方はいますか?現在のメガバンクでは0.001%で、100万円預けても金利で得ることができる資産は年間10円です。これでは振り込みや引き落としの際の手数料を取られることでマイナスになってしまいます。お金を預けている相手にお金を払わなければならないなんておかしいと思いませんか?

昭和の良き時代は、銀行への預金の金利が7%や定期預金ともなると10%を超えるものもありました。みなさんの親が『ちゃんと貯金をしなさい!』と言う理由はこれです。銀行にお金を預けていたら増える時代を生きてきたからです。

令和を生きるみなさんにとって『銀行』はマネーマシーンではないのです。

では何故、銀行に預金しているだけではダメなのか解説していきましょう。

インフレリスク

インフレとは、みなさんが普段買っている日用品やサービスの値段が上がることを言います。これを逆の視点から見ると『円の価値が下がる』と同義なのです。

近年の日本に過ごしているみなさんにはあまりピンとこないリスクかも知れませんが、インフレは確実に、また突然に起こるものです。

日本は先進国の中でもインフレ率の低い国のひとつで、米国などはインフレ率を年間2%程度を目標としています。近年の日本では実質は1%に満たない年もありましたが、日本銀行も2%を目標とすることを発表しています。

果たして今現在の2,000万円は、20年後も2,000万円の価値はあるのでしょうか?

仮に年間2%のインフレが継続したとすると、2%x20年間=40%のインフレが起きます。これにより、現在10,000円で購入できていたものは20年後には14,000円が必要になってくるのです。

今現在の10,000円がそのまま『保管』されてしまう銀行に預金していては悲しい思いをするのはあなた自身なのです。

お金には『消費期限』があることを理解しましょう。

終身雇用形態の崩壊

終身雇用は、勤続年数が長くなるにつれて賃金が上昇していく制度「年功序列」と、大学を卒業した学生を企業が年に1回一括して採用する制度「新卒一括採用」とともに、日本社会の特徴と言われています。

現在のような終身雇用制度が生まれたのは、第2次世界大戦後の高度経済成長期で、企業は競って優秀な人材の囲い込むようになりました。その囲い込みを進める仕組みとして「新卒一括採用」や「年功序列」が一般的になったのです。

2019年4月に経団連の中西会長は『企業が終身雇用を続けていくのは難しい』とコメントし、その後5月には、トヨタ自動車の豊田社長も『終身雇用の維持は難しい』と発言したことは記憶に新しいことでしょう。日本経済界のトップによる発言のように、日本の『終身雇用形態の崩壊』はすぐそこにある問題なのです。

日本は未だ先進国なのか?

日本のGDPの推移は、バブル崩壊を境に『主要国のGDPの推移』に完全に遅れをとっています。米国や中国はもとより、インドやメキシコなどの新興国にも及ぼない成長率であることが見て取れます。

経済成長の見通しが立たず、行先不安定状態が続く中で、企業は終身雇用を継続することはできますか?ITの進化によって、生産性の向上を図る働き方改革を実施する企業において、給与の高く生産性の低い人間を雇い続けることは難しい時代になっているのです。

残念なことに、あなたが定年までその企業に雇用され続ける保障はないのです。

老後2,000万円問題

金融庁は2019年に『老後には2,000万円が不足する』と国民に警鐘を鳴らしました。これには賛否両論がありましたが、実際に高齢化が進行を続ける日本において果たして年金だけで生活ができるのでしょうか?

2017年総務省の家計調査によると、高齢夫婦無収益世帯の平均支出は、おおよそ26.5万円。これに対する年金等の収入は同調査にて平均21万円との結果が集計されました。結果、毎月5.5万円の不足になるとの調査結果が出ています。

今、現在のあなたの収入で老後に『2,000万円』貯蓄することはできますか?

また、本当に『2,000万円』で充分ですか?

老後2,000万円問題について詳しくはこちら

2,000万円でも足りないんだね!

ここ
ここ

暮らし方にもよるけど

2,000万円で充分な人は少ないはずよ!

投資をするべき理由まとめ

・金利の低い銀行に預金していても
 お金は増えない

・インフレが起きればお金の価値が下がる

・いつリストラになってもおかしくない

・老後は2,000万円でも不足する

以上の理由から、『今』投資による資産運用が必要に迫られていると判断します。

投資は『怖い』というイメージをしている日本人が多くいることは事実です。

しかし、『知識』と『ルール』を身につけることで『預金』よりも安全にあなたの資産を運用してくれることかと思います。

これを機にあなたの大切な資産を自らの手で守っていただけることを願っています。

投資初心者がまずやるべきことや

『どんな方法』で『どこに』

投資すればいいか

こちらの記事で紹介しています!

ここ
ここ

最後まで読んでくれて

ありがとうございました!

他にもお得な情報がたくさんあるので

別の記事も読んでいってね!

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

よかったら『ポチっと』応援してください
ブログを頑張る励みになります!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

投資の知識は書籍から得よう!

タイトルとURLをコピーしました