【景気後退続く】3日続落の米国市場にクリスマスラリーは来ない

市場分析
こんなことがわかる記事

・12/16米国市場の値動き
・S&P500指数の展望
・米国経済に関するトピックス

⇩クリックでランキングの応援をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

(応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます。)

ここ
ここ

こんにちは!
含み益が吹き飛びそうな
『ここ屋(@Ram Tky)』よ!

昨日の米国市場は下落となりました。これで3日続落です。やはりFOMCの影響は大きいですね。

12月は例年相場が強いとされていますが、S&P500は▲5.58%下落している状況です。今年はクリスマスラリーは来るのでしょうか?

それでは12/16の米国市場を振り返り【景気後退続く】3日続落の米国市場にクリスマスラリーは来ないについて解説していきます。

リッヒ
リッヒ

記事の後半では重要な経済ニュースや
今後のS&P500について解説してるで

スポンサーリンク

12/16米国市場の値動き

昨日の米国市場は3日連続の下落となり、週間ベースでも2週続落です。

特に大きなニュースはありませんでしたが、ひとまず昨日のマーケットの値動きを振り返っていきましょう。

下落した米主要3指数

昨日の米国市場は、3指数そろって下落しました。

昨日の米主要3指数

・S&P500…▲1.11%
・ダウ…▲0.85%
・NASDAQ…▲0.97%

プレマーケットから売られていた相場は、マーケットがオープンしてもズルズルと下がっていきました。引けにかけて少し戻しましたが、▲1%ほど下落した1日となりました。

全体的に下落していますが、比較的大型株に売り圧力が集まりました。

ここ
ここ

ハイパーグロース株も弱かったわ!

昨日のハイパーグロース株

・AFRM(アファーム)…▲2.41%
・COIN(コインベース)…▲3.63%
・CRWD(クラウドストライク)…▲3.04%
・DDOG(データドッグ)…▲0.61%
・DOCS(ドクシミティー)…+0.86%
・MQ(マルケタ)…▲0.31%
・U(ユニティ)…▲1.70%

わずかに上昇した長期金利

昨日の長期金利(米10年債利回り)は、前日の3.459から3.488に上昇しました。

マーケットオープン後に債券利回りは急騰して、一時は3.55を超える場面もありました。

週間ベースでは下げた長期金利ですが、長短金利差を示すイールドカーブは広がる一方です。

1ヶ月前よりもさらに金利差は広がり、6ヶ月債と10年債の差は0.8%にまで広がっています。

もはや1年前のイールドカーブは見えないくらいに差がついてしまいました。

リッヒ
リッヒ

リセッション確定案件やな

わずかに低下したVIX

昨日のVIX(S&P500恐怖指数)は、前日の22.83から22.62に低下しました。

先日に急騰した後は落ち着いた様子です。来週からはホリデーシーズンに入る米国市場ですから、今年はもうボラティリティが高まることはないと考えています。

リッヒ
リッヒ

クリスマスラリーもお預けか

S&P500ヒートマップ

昨日のS&P500のヒートマップを眺めると、ほとんどの銘柄が続落したことがわかります。

ここ
ここ

メタが輝いてるわね!

META(メタ)+2.82%、ADBE(アドビ)+2.99%と上昇しているのが目立ちますが、ほとんどの銘柄が続落しています。

TSLA(テスラ)は▲4.72%と大きく下げたことで週間ベースでは▲16.1%の下落です。3ヶ月では▲50%以上も株価を下げているテスラですから、もはや投資不適格レベルの暴落っぷりです。

一方で、工業株のなかには上昇した銘柄もありました。

12/16上昇した工業株

・BA(ボーイング)…+0.53%
・CAT(キャタピラー)…+0.89%
・LMT(ロッキードマーティン)…+0.63%
・GD(ゼネラルダイナミックス)…+0.41%
・DE(ディア)…+0.30%

上昇した銘柄を探す方が難しい相場となりましたが、来週には多少のリバウンドが待っていると考えています。

セクター別パフォーマンス

昨日のセクター別パフォーマンスは、2日連続で11セクター全てが下落した1日となりました。

セクター別パフォーマンス

・通信…▲0.4%
・素材…▲0.49%
・金融…▲0.56%
・生活必需品…▲0.57%
・資本財…▲0.68%
・ヘルスケア…▲1.18%
・情報技術…▲1.29%
・エネルギー…▲1.42%
・一般消費財…▲1.45%
・公益事業…▲1.56%
・不動産…▲2.5%

不動産セクターが2%を超える急落でしたが、その他はそこまでの下落ではありませんでした。

メタの上昇にけん引された通信セクターの下落がもっとも限定的でしたが、週間ベースで見るとエネルギーセクター以外はマイナスとなってしまいました。

ここ
ここ

直近1ヶ月ではヘルスケアセクター
のパフォーマンスがいいわよ!

年初来安値を目指すS&P500

昨日のS&P500は下落したことで、完全に下落トレンドに戻ってしまいました。

終値では3,852まで下がってしまったS&P500ですが、もはや上昇のタイミングを見失ってしまいました。

クリスマスラリーがないままにホリデーシーズンに突入してしまった米国市場は、下落していくしかないのでしょうか。

このまま下落が続くようなら、2023年1月末には今年の年初来安値を掘り下げる展開となりそうです。

ここ
ここ

ブレイクできるネタが欲しいわね!

スポンサーリンク

米国市場のトピックス

昨日のトピックスのうち米国市場に影響を与えそうなニュースをピックアップしていきます。

米PMI6ヶ月連続で減少へ

米企業活動が6ヶ月連続で縮小圏内に沈んでいることが米総合PMIの発表によって明らかになりました。

PMIは1.8ポイント低下の44.6となり、2020年半ばの低水準にまで下がっています。PMIは50を起点に上なら景気上昇、下なら景気後退を示す指標です。

ゴールドマンサックスが4000人を削減へ

ゴールドマン・サックス・グループは最大で4,000人の従業員を削減することを明らかにしました。

先月から大手テック企業などが立て続けにレイオフを発表してきましたが、利上げによって景気熱が冷めてきた影響が目に見え始めています。

マスク氏がツイッターの投資家を募る

イーロン・マスク氏は10月に買収したばかりのツイッターを、1株54.20ドルという価格で投資家を募っています。

ツイッターの将来性を信じる人を求めているようですが、明らかに資金繰りに困っていると考えられます。

トランプ氏がトレーディングカード販売

トランプ前大統領が自身の姿を描いたNFT(非代替性トークン)のトレーディングカードを販売することを発表しました。

1枚99ドルで販売する予定のようですが、いったい誰が買うのでしょうか?日本で岸田首相がトレーディングカードを販売したら買う人はゼロでしょうね。

今月の注目イベントについて

今月も重要な経済指標の発表をはじめ、米国市場に大きな影響を与えそうなイベントが目白押しです。

今月の注目イベント

・12/22 コンファレンスボード消費者信頼感指数
・12/23 PCEデフレータ

ビックイベントを終えた米国市場ですが、今後も注目イベントについてはウォッチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

【景気後退続く】3日続落の米国市場にクリスマスラリーは来ないをまとめます。

まとめ

【12/16の米国市場の値動き】
・S&P500…▲1.11%
・ダウ…▲0.85%
・NASDAQ…▲0.97%
・長期金利は3.488に上昇
・VIXは22.62に低下
【経済トピックス】
・米PMI6ヶ月連続で減少へ
・ゴールドマンサックスが4000人を削減へ
・マスク氏がツイッターの投資家を募る
・トランプ氏がトレーディングカード販売

昨日の米国市場は下落したことで3日続落となりました。CPIの発表ではインフレ圧力の低下が見られましたが、やはりFOMCの影響が大きいようですね。

クリスマスラリーのないままホリデーシーズンに突入する米国市場は、このまま下落が続いてしまう公算が高いです。

来年は上昇すると考えるのであれば、少しずつ買い向かってもいい時期に差し掛かっているのかも知れませんね。

投資は自分のリスク許容度を理解して、自己責任、自己判断でお願いします。

ここ
ここ

最後まで読んでくれてありがとう!
レッツ エンジョイ ライフ!

これからも市場の動向や投資に役立つ情報を発信していきますので、良かったらブログランキングのフォローなどもしていただけると嬉しいです。

記事が良かったと思ったら⇩クリックしてもらえると励みになります

ブログランキングに登録しています。よかったら1日1回『ポチっと』応援していただくとブログを頑張る励みになります!他のブロガーさんの投稿も見れます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SBI証券の新サービス『クレカ積立』で、お得にポイントがもらえるサービスです。
SBI証券『クレカ積立』について詳しくはこちら
通常の申し込みページよりもさらにお得な『紹介特典2,000ポイント』がもらえるURLを貼っておきます。(もちろん通常特典も貰えます)

売りから入れるCFD取引をはじめるなら、取扱銘柄数がダントツに多いIG証券がおすすめです。

ビットコインと言えば500円から仮想通貨が買えるコインチェック

Create Account
Coincheck is a Bitcoin exchange. We support Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), NEM (XEM) and many other cryptocurrencies.

このリンクから会員登録すると、もれなく1,000円プレゼントされます!
*紹介URLをクリックして表示されたページから、別のページに移動してしまうと、報酬対象外になります。

米国投資をはじめるなら、手数料が安くて取扱銘柄も多いSBI証券がおすすめです。

投資初心者におすすめの本ランキングTOP10

コメント

タイトルとURLをコピーしました